レッドブルだけを通貨として「物々交換するレース」が、チームを募集中!

昨年度、大きな反響を呼んだ『Red Bull Can You Make It?2018』が、来年も開催決定。いよいよエントリーが始まりました。

このレースは、18歳以上の学生(院生でも専門学生でもOK!)3人一組のチームで、5つのスタート地点(マドリード、ブダペスト、マンチェスター、ストックホルム、ローマ)のうちのひとつから、1週間以内にゴールであるアムステルダムへ向かうというもの。

途中のチェックポイントでは、用意されたアクティビティをこなしつつ、ゴールを目指します。

ちなみに、アクティビティの内容は「ドイツでリバーサーフィン」「ナポリでピザを平らげる」といったレッドブルらしいエンタメ感たっぷりの内容になっています。

現金も電話もナシ!
使えるのはレッドブル24本のみ。

©Lukas Wagneter / Red Bull Content Pool

これだけなら簡単に思えますが、単なるレースではなく「アドベンチャーレース」と銘打っているのは伊達じゃありません。

というのも、旅の装備は自由ですが、スタートポイントで現金・クレジットカード・スマホはすべて預けることになります。その代わりに各チームに配布されるのが、レッドブル24本とイベント用のスマホ。

つまり、スタートポイントから次のチェックポイントまで支給されたレッドブル24本を通貨として、現地の人たちと交渉しながら、食事や移動、寝る場所の確保をしていくわけです。

ズバリ、めちゃくちゃ楽しそうです。

さて、百聞は一見にしかず。昨年度のレースの様子を写真で見ていきましょー!

©Armin Walcher / Red Bull Content Pool
©Armin Walcher / Red Bull Content Pool
©Armin Walcher / Red Bull Content Pool
©Teddy Morellec/Red Bull Content Pool
©Luis Vidales/Red Bull Content Pool
©Armin Walcher / Red Bull Content Pool
©Armin Walcher / Red Bull Content Pool
©Luis Vidales/Red Bull Content Pool

順位よりも、体験を!!

最後に、昨年度日本から参加したチーム『TOKYO WINGS』メンバーである、青木大和さんと篠原祐太さんのコメントを。

©TOKYO WINGS

「想像以上におもしろかった、というのが感想です。出発前は“野宿になるんだろうな〜”なんて考えていたんですが、実際には現地の人に宿泊させてもらったり、食事をご馳走になったりで(笑)。いい出会いに恵まれました」(青木)

「3人一組っていうのがポイントだと思います。ヒッチハイクひとつとっても、地道に交渉するヤツ、とにかく目立って派手にアピールするヤツとか、やり方が違う。その結果、予想不可能な出会いなんかもあって」(篠原)

「あとは、国際情勢を肌で感じられたのも経験としては大きい。例えば、移民の方々と間違われたこともあったし、日本人ということで優しく接してもらえる場面もありました。他のチームですが、イスラム系の学生なんかは相当苦労したって聞いてます。良い悪いじゃなくて、それがヨーロッパの今なんですよね」(青木)

最後に、今年エントリーする人たちへのアドバイスは?

「順位にこだわるのもいいけど、なによりも体験を楽しむこと。早くチェックポイントに行く方法よりも、“おもしろそう”と思える選択をしてみてください」(青木)

「冒険中は、自分のキャラクターを出し切ってください。僕はフンドシ一丁のスタイルで挑んだんですが、その格好に対する反応が、行く土地ごとに違ったりして、とても興味深かった。見た目だけでなく、マインドとしても自分の殻をやぶって楽しむチャンスだと思います」(篠原)

フムフム。コメントからも伺えるように、単なるレースっていう枠を越えた体験ができそう。

あらためて、18歳以上の学生であれば誰でもエントリーは可能。こんな冒険のチャンス、そうそうない!

 

まだ「応募してみようかな……」と迷っている人は、下の動画を見てみて! 

 

©Can You Make It? Red Bull
Top Photo by ©Luis Vidales/Red Bull Content Pool
世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、...
「ロック・スター、ホテルで暴れがち〜」とは、かのレイザーラモンRGの名言(?)だが、そんなイメージを植え付けたのは、あるいはレッド・ツェッペリンの功罪とい...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ニューヨーク在住のレベッカさんは6年前、アリゾナ州フェニックスの動物保護シェルターから生後3ヶ月のピットブル犬・Bubbaを引き取りました。一般的に攻撃的...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
11月19日〜25日、60ヶ国450ヵ所のB&Bで実施されるサービスの紹介です。「Barter Week」と呼ばれていて、旅人たちは物々交換をすることで部...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...
世界にはワクワクするような、それでいてちょっぴり危険な冒険レースが多数存在する。彼らはなぜ挑戦するのだろうか? きっとその先には、参加したものだけが味わう...
オレオにプリングルス、キットカット、レッドブル──。そんな誰もが知っているお菓子や飲み物のパッケージが、もっと“正直なデザイン”だったら?……と言われたと...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
賞金は300ドルと、年間パスポート2枚、パーク内で利用できるチケット、そして使用した棺桶です。
ベッドの上で心地よさそうに眠るピット・ブルのLola。こちらまで癒やされるような、穏やかな表情を浮かべています。彼女があたたかいベッドを愛する理由には、過...
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで食べるべきグルメです。
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
もし自分が病気か事故で一度死にかけて、その後「第二の人生」を送れるチャンスを得たとしたら、何をするだろうか。アメリカのカリフォルニア州に、病気で命を落とし...