※応募終了【参加家族を募集中】神話と伝説の地「高千穂」で、星空列車が出発!

“日本まるごと家族で遊ぼう“をコンセプトにしたASOBO JAPAN。数々の企業とコラボレーションし、日本中から「こんなのはじめて!」な特別ツアーを提供していく大好評のプロジェクトです。

第八弾の舞台は、宮崎県の高千穂。廃線の上を走るこの日だけの特別列車に乗って、日本神話に触れて、もちろん絶景も楽しめて……。

今回も内容盛りだくさんです!

日本神話の地を楽しみ尽くす。

高千穂といえば景勝地、高千穂峡がまず思い浮かびますが、それだけじゃありません。様々な日本神話にまつわるスポットが数多く存在します。

みなさん、日本神話をちゃんと子どもに説明できますか? 今回のツアーでは、そんな神話と伝説の町「高千穂」を隅々まで大冒険しながら、大人も子どもも一緒になって神話を学べる内容になっています。

ワクワクする旅の中身は、下をチェックしてみてください!

【応募概要】
「ASOBO JAPAN#8 LEGEND TRAIN」
1泊2日の冒険旅行にご招待!
(開催地までの移動交通/宿泊費はすべて無料)

日程:2018年3月24日(土)〜25日(日)
開催地:宮崎県高千穂町
当選者:5組20名程度

応募期間:2018年2月9日(金)14:00〜3月2日(金)17:00

※応募は終了しました。

廃線跡地を活用した「あまてらす鉄道」で、
子どもたちが運転手になれる!

「あまてらす鉄道」を知っていますか? 2005年に廃線となった高千穂鉄道の跡地を再利用した、いま話題の鉄道会社です。

高千穂の大自然が360度楽しめる特別列車に乗って、高千穂鉄橋を渡るというこのアクティビティは、昨年オープンしたばかり。カートは、屋根のないオープン仕様。床は強化ガラスになっているので、105mの高さから高千穂の絶景を楽しめちゃいます。

楽しみはこれだけじゃありません。なんと子どもたちの憧れ「電車の運転手体験」も!

10年以上前に実際に運行していた高千穂鉄道の列車を、当時の運転士指導のもと、特別に子どもたちに運転してもらいます。本物の車両を自らの手で運転できる、貴重なチャンスですよ!

夜は特別な観光列車に!
トンネルプロジェクションで日本神話と出会う。

今回のツアータイトル「LEGEND TRAIN」の元になっているメインプログラムが、夜の列車体験。普段は昼間しか運行していない列車を今回のツアーのために、特別に走らせてもらいます!

真っ暗になったトンネル内で日本神話を投写し、それを高千穂町に住む語り部がわかりやすく解説してくれるガイド付き。

さらに大自然の真ん中で、満点の星空のもと光り輝く線路を走るという、ドキドキワクワクするような乗車体験も。

ぜひご期待ください!!

高千穂峡の美しい景色を家族で大冒険!

名勝・天然記念物にも指定されている高千穂峡! 息を呑むような絶景のこの滝はもちろん、ツアーでは国内屈指の絶景スポットを堪能できるプログラムも用意しています。
 
峡谷をのぞむ遊歩道や滝を間近に感じられるクルージングなどを楽しみながら、「ASOBO JAPAN」オリジナルの体験型パズルにご参加ください。
 
ただの観光とはちょっと違う、家族で大冒険。小さなお子さんでも楽しめる内容になっているのでご安心を。きっと、絶景とともに一生の思い出になるはずです。

日本神話を踊りで伝える「神楽」を
貸し切り、間近で!!

重要無形文化財「高千穂の夜神楽」。
高千穂峡とならぶ、地域の名物となっているこの神楽もツアーでは体験できます。しかも、貸し切りで!
 
古くから伝わる日本文化を間近で体験できる、なんとも贅沢な時間になるはずです。
 
子どもはもちろん、大人もしっかり楽しめる「ASOBO JAPAN」ならではプログラムです。

交通手段や宿泊費はすべて無料!
カメラもご用意しています。

「ASOBO JAPAN」の提供する旅は、移動の交通費・宿泊費はご家族全員無料!

日本全国どこにお住いの方でも、気軽にご応募いただけるのも人気の秘密です。

また、ご参加いただくご家族には、一眼カメラCanon EOS Kissの貸し出しも。ツアーの最初に使い方講習があるので、誰でも簡単に最高の画質で思い出を記録することができますよ。

カタチに残るお土産も用意しました!

1泊2日の旅で、きっとたくさんの家族写真を撮ることになるでしょう。思い出がたっぷり詰まった写真は、ネスレの「チョコラボ」サービスで世界にひとつだけのオリジナルキットカットにしてプレゼント!後日、お家に届くのをお楽しみに!

JTB旅行券5万円分が当たるチャンスも!

行きたいけれど、日程が合わなくて応募できない……という人には、JTB旅行券(5万円分)が5に当たるコースも!
まずは下の応募ボタンから詳細をチェックしてみてください。

Instagramもチェックです!!

「ASOBO JAPAN」プロジェクト協力一覧

大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
南米で初となった豪華寝台列車は、ペルーの世界遺産の街から有名観光地へ、アンデス山脈や谷間などを走り抜けながら大自然を堪能できる。食や内装もペルーに特化して...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
飫肥(おび)は、宮崎県南部の日南市に位置する、かつての城下町。1977年(昭和52年)に伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に選ばれ、昨年で40周年を迎えた...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...