とても普通に見えるこのパンツ。実は・・・。

パフスリーブ、オフショルダー、ワイドパンツ。2018年も引き続き昨年のトレンドが続く模様。毎年様々なブランドから流行に合わせた新商品が発売される中、誰もが知るあのナノ・ユニバースではトレンド関係なく売れ続けている「究極のパンツ」があるという。その人気のワケとは。

伸長性が叶える「努力なき美脚」

『ジェギニーシリーズ』はナノ・ユニバースが開発したパンツライン。6年間売れ続けている人気商品で、発売当初からこだわっているのはその「ストレッチ感」。これがよく伸びる伸びる。

見ての通りそのストレッチ感は抜群。足を入れた瞬間のやわらかいタッチはジーンズなのに、思わず気持ちいいと思ってしまうほど。軽く手で引っ張るだけでこれだけ伸びるので、腰を下ろしたり、しゃがんだり、走ることだってストレスなく体を動かすことができます。今年はそのストレッチ感をさらに上げることで、さらに体にフィットし美脚効果を生み出してくれます。

魔法シルエットが叶える「努力なき美脚」

動きやすいだけでなく、そのスキニーのようなシルエットは、女性らしいラインを美しく魅せてくれます。またやや股上が深めなので、足長効果も◎。セーター1枚でも、シャツをインしても、おしゃれに決まること間違いなし!

年中、毎日履きたい。

そしてカラーバリエーションも豊富。税込で5,801円と手頃な価格なので色違いで何枚か持てば、1年中着回せます。また今シーズンから吸水速乾性を兼ね備え、ジーンズだとちょっと暑い夏場でも快適に着こなすことができます!

その履き心地と機能性から、トレンドに関係なく売れ続けているジェギニーシリーズ。一度手に取ってその快適な履き心地を体感してみては?

ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。