深呼吸と一緒に春の香りを味わえる

リフレッシュ感覚で気軽に“フレーバーミスト”を「吸う」アイテム「VITAFUL(ビタフル)」。ニコチンやタールがゼロで健康的にも心配無用だし、国内工場で開発・製造されている日本製というのも安心して使うことができる魅力のひとつ。販売累計本数50万本(※)を突破とすでにそのリフレッシュ感覚を体験している方も多い様子。
※2017年7月~2018年1月時点株式会社I-ne調べ

その日本が生んだアイテムだからか、春の季節の移り変わりを敏感に感じられる限定フレーバーが登場したのです。

春の気分が手元からはじまる

4628477747658752

春限定の新フレーバーは、ウメミント、ピーチミントの全2種類。
1本で約500回吸引できる。定価980円(税抜)

カラーリングは濃淡でそれぞれ違う春を思わせる艶やかなピンクのスティック。暖かい陽射しを浴びながらカフェで一杯。コーヒーを飲みながらホッとひと息つくのもいいし、場所が大丈夫ならお花見のときになんてのもいいかも。白いミストが出るので注意が必要ですが、タバコ臭がすることもなく、受動喫煙の心配もないので公の場でも楽しめます。

そもそもビタフルは、タバコ型の吸入機で“フレーバーミスト”を楽しめるベイパー。水蒸気を吸い込み、フッと吐くと、果実の香りを楽しめるニコチンやタールもゼロの嗜好品です。

6117513918152704

ひと休みしたら、スッキリした感覚に

4750426498924544

ウメやピーチの味は、どちらもミントを合わせたフレーバーなのでスーッと感覚的にもスッキリ。休憩などリセットしたいひと休みにはぴったりです。

メンテナンス不要の使い捨てタイプで、本体は1本で約500回吸引でき、サイズも12cm(長さ)×1cm(縦幅)×1cm(横幅)とポケットやポーチからサッと取り出して手軽に吸い続けられます。

4754961984389120

パブリックな空間でもOKな、リフレッシュ新習慣

5976353241300992

ちゃんと確認が必要ですが、最近はベイパーならOKのカフェも多く、フレーバーを楽しめる場も広がっています。

春とともに迎える新シーズン。せっかくですからリフレッシュの時間だって、何か新しい気分にしてくれるやつがいい。休憩などで、ひと呼吸置いてスッキリしたいって場合、気兼ねなく吸えるこの春限定の「ビタフル」っていいのかも。

Cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395

未成年者への販売はしていません。
妊娠中、授乳中の人、喘息等の持病のある人は使用できません。
公共機関や喫煙禁止区域内、他人に迷惑をかける場所での吸引はしないでください。

〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
「本当の春」までは、あともうすこし。
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れ...
すべての「眠たい」人へ。
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。言わんやタバコの箱に書かれている警告表示である。この文章の意味をじっくり考えたことがある...
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
タバコもお酒もやらないのに、最近結構ハマっている人がい多い「シーシャ」。密かな楽しみのように街なかのカフェやレストランでも提供するお店も続々と。よく旅先で...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。