「魔除けのブレスレット」が、アフガニスタンの子どもたちを救う。

人々の命を守るワクチン。しかし、すべての国でその重要性が認識されているわけではない。

アフガニスタンもそのひとつ。乳児死亡率が世界でも特に高いこの国では、その大切さを理解していない親も多いと聞く。

さらに厄介なことに、この国にはワクチンに対する伝統的な偏見も根付いているらしい。

知識不足と偏見が相まって、WHOによると、この国の6人に1人の子どもがワクチン接種を受けていないようだ。

伝統的な「おまじない」が
子どもたちの命を救う

5577150795087872

どうすれば、乳児のワクチン接種率を上げられるのか?その解決策として考案されたのが、乳児用のブレスレット「Immunity Charm」だ。

医師がワクチン接種毎に色のついたビーズを足していくことで、その子どものワクチン接種歴がわかるようになっている。

なぜブレスレットなのか?と不思議に思う人もいるだろう。

実は、Immunity Charmのモデルは、アフガニスタンで親から子に贈られるという伝統的な魔除けのブレスレット。

考案者たちは、長く信じられてきたおまじないを活かして、親たちにワクチン接種に対する新しいインセンティブを与えようと考えたわけだ。

人を動かすための「デザイン」

6638457749241856

地域文化と医療を組み合わせた例はほかにもある。

例えば、カンボジアで貧血改善のために考案された「Lucky Iron Fish」。

調理時に鍋に入れることで鉄分を補えるというこの鉄製の魚は、カンボジアで幸運のシンボルとして親しまれている魚、カントロップがモチーフ。ただの鉄球を鍋に入れようとはなかなか思わないが、幸運のシンボルなら使ってみたくなる。

また、バングラデシュで女性の一酸化中毒予防としてつくられた「Coel」は、南アジアの既婚女性たちがよく身に着けるバングルに着想を得たもの。

「~しましょう」という呼びかけだけでは、人はなかなか動けない。そんなときに必要なのは、自発的に動きたくさせるデザインの一工夫なのかもしれない。

Reference: WHO
Licensed material used with permission by The Immunity Charm
いつでもどこでも、飲みたいときにお酒が飲みたい!というみなさん。その気持ちをファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか。この「Bracelet Fla...
これがあれば、マッチもライターも必要なし!アウトドアでささっと火を起こせる「ブレスレット」が登場しました。使いかたは簡単。燃えやすい木やクズを集めて、あと...
遠く離れた場所で愛を育む「遠距離恋愛」。最近はインターネットやスマホの進化で、メッセージのやりとりや画面越しのコミュニケーションもスムーズにできるようにな...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
2001年3月、衝撃的なニュース映像が世界中を駆け巡りました。アフガニスタンのバーミヤン大仏像が無残にも破壊されたのです。今なお、シリアやイラクでも古代遺...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
アメリカの『Etsy』でテラリウムをアクセサリーにしたものが販売されていて、日本でも似たようなものがないかと探していました。見つけたのが、『Niche.(...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...
遊牧民と聞くと、モンゴルの草原をイメージする人が多いと思いますが、中央・中東アジアに位置するアフガニスタンも大地を移動する民が暮らす土地。移動する彼らにと...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...