失われた「バーミヤン大仏天井壁画」が、 原寸大で完全復元されようとしています

2001年3月、衝撃的なニュース映像が世界中を駆け巡りました。アフガニスタンのバーミヤン大仏像が無残にも破壊されたのです。今なお、シリアやイラクでも古代遺跡が過激派組織「イスラム国(IS)」によって破壊されるなど蛮行が繰り返されています。

こうした戦乱で失われた文化遺産を復元しようと、あるプロジェクトが進行中です。

砲撃や爆破で失われたのは
大仏だけではなかった

66458c10ffd8f17445af93a77e47cacc57755ea7
バーミヤン東大仏が破壊された後の様子


バーミヤン遺跡の砲撃や爆破によって失われたのは、東西2つの大仏だけではありませんでした。それは、古代シルクロードの東西文明の交流の象徴であったバーミヤン壁画「太陽神と飛天」。1400年もの昔、三蔵法師も目にした貴重な文化遺産だったのです。天然の鉱物や動植物を素材とする顔料を用いた制作技法や流麗な線描は、日本の法隆寺金堂壁画の源流ともいえます。

高精細デジタル化によって
壁画を原寸大で完全復元へ

970cb5741398fc4da4bde9667c906560c80067acD2d67af5cb7a9a01589fa812ce799609a2b06b5e

(写真上)ポジフィルムを高精細デジタル化してデータ化。色補正後、原寸大に拡大して分割印刷する
(写真下)バーミヤン壁画の原寸大復元完成予想図

憎む気持ちを増幅させるのではなく、「祈る心を再生」していこうと、東京藝術大学のスタッフが立ち上がりました。バーミヤン大仏壁画を原寸大復元させるプロジェクトです。

奥行き8m、幅7m、高さ3mの天井壁画が完成する予定。ここまで大きな規模の完全復元は世界初となります。

幸運にも、1970年代に撮影された膨大な数の写真を京都大学の研究所で発見。これらを東京藝術大学が開発した特許技術で、高精細デジタル化すれば岩などに描かれた壁画も、壁の質感や顔料の盛り上がりまで再現しながら立体的に復元できます。軽量素材を用いて質感まで復元するため、あたかもバーミヤンの洞窟に立っているような感覚を実感できるといいます。

失われた壁画の素晴らしさを
伝えるため、展示会を開催

2016年4月12日から6月19日まで、東京藝術大学美術館(陳列館)にて、アフガニスタン特別展『「素心 バーミヤン大仏天井壁画」~流出文化財とともに~』を開催。原寸大で完全復元した「バーミヤン東大仏壁画」を、こちらで展示します。

現在も制作が進行中ですが、じつは復元費用が不足。クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで費用を募っています。ぜひ、ご協力をお願いします。

コンテンツ提供元:READYFOR

大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」...
人類の歴史の中でも非常に大きな出来事として刻まれている、1969年7月20日のアポロ11号月面着陸。人類が月に到達してから48年という月日が経ったいま、「...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
世界的な画家マーク・ロスコの代表作が、まさかこんなことになるなんて…。
かつての皇居を飾った天井画が、「季節のぬりえ帖」となりました。明治20年(1887年)に造営され、戦前まで使われた皇居の明治宮殿。その一室「千種之間(ちく...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。ずっと見ていると、目が痛...
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
フランスのラスコー洞窟の絵画のように、人類は太古から、自分たちの願望や精神世界を壁画として描き出してきた。現代でも、自分たちの家の壁にそれを行う集落がある...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
自分も、だれかにとっての「大親友」でありたい。
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのウェブサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
「イランの建築史にようこそ!」と書かれたインスタグラムアカウント「m1rasoulifard」には、数々のモスクを撮影した写真が投稿されています。左右対称...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
フロリダ州に住むMeganさんとBobbyさん夫婦はある日、自宅のリノベーションをしようと天井を壊していました。するとそこから出てきたのは、見知らぬ人の「...