本格ぬりえになった「皇居」の天井画

かつての皇居を飾った天井画が、「季節のぬりえ帖」となりました。

空襲を生き延びた
是真の「下絵」

明治20年(1887年)に造営され、戦前まで使われた皇居の明治宮殿。その一室「千種之間(ちくさのま)」を飾った植物画の下絵から30点が選ばれ、「皇居を飾った柴田是真の植物画 季節のぬりえ帖」がつくられました。

書名にもある通り、この植物画を描いたのは、幕末・明治期に蒔絵師として活躍した柴田是真(ぜしん)。彼は、漆工芸と絵画の両分野で卓越した造形センスと技術を発揮し、おしゃれな江戸の町人に愛好されました。そして、近年の日本美術・明治工芸ブームの中で、最も注目を集める作家のひとりでもあります。

明治宮殿は、第二次世界大戦末期の空襲で、焼失してしまいました。そのため、この天井画を直接見ることは二度とできません。ですが幸いにも、下絵だけは焼失せずに残っていたのです。現在、東京藝術大学が保管しており「藝大コレクション」の中でも、人気の作品となっています。

時を経ても、守られ受け継がれる是真の作品。彼が描き、開花する季節順にぬりえ帖に配置された植物画で、日本の四季を感じながら、大人向けの本格ぬりえを楽しむことができます。

さくら

やまぶき

かきつばた

こちらは、「ぬりえページを右側に統一」「ぬりえページのすぐ向かいに、お手本ページを配置」「大きく開いても背が割れにくい製本」など、ぬりやすさを追求しているのも特長。

自分用だけでなく、贈答用としてもおすすめです。

【書名】
皇居を飾った柴田是真の植物画 季節のぬりえ帖
【発行元】
 株式会社青月社(せいげつしゃ)
【定価】
本体価格1,400円+税
*ご購入はこちら

Licensed material used with permission by 株式会社青月社

関連する記事

おうち時間が増え、塗り絵ブームが加速するなか、北斎、歌麿、写楽などの名作浮世絵塗り絵に、「トンボ鉛筆」の大ヒット水性グラフィックマーカー「ABT(厳選7色...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
インドのEDMフェス「Magnetic Fields Festival」の開催地は、ラジャスタン州にある宮殿。2013年にスタートしたこのフェス。宮殿での...
たまには単色じゃないネイルも楽しみたい。単色だとしてもちょっぴり勇気がいる鮮やかカラーに踏み出したい。
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
ギリシャのリゾートCosta Navarinoにあるレストラン「Barbouni」。ここの天井は、波のようで美しいと話題になるほど特徴的。一度は訪れてみたい!
写真をアップロードするだけで10種類のタッチのオリジナル肖像画が作れるサービス「AI画伯」が海外で話題!
今年6月、EDMフェス「Versailles Electro」が開催予定。しかもベニューはあのヴェルサイユ宮殿!名前の響きだけでなんだか洒落た感じがします...
伝説や歴史の舞台となった王侯や愛妃たちが暮らしたヨーロッパの城・宮殿のヴィジュアルガイドブック『絵本のようにめくる 城と宮殿の物語』が発売中。
10月上旬、認可外保育所の運営などを手がける「株式会社Kleur(クルール)」は、子どものトイレトレーニング専用トイレットペーパー「PooPaint(プー...
「9w.(クオウ)」が制作した「モジュラーグリルプレート(M.G.P.)」の紹介。
バッキンガム宮殿でハウスキーパーを募集しています。その採用が超難関なのは想像に難くありませんが、こんなチャンスはめったにないことも事実。早速、勤務内容や条...
食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる。「ザ・クラフトカレー」。
高級大型ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」で夏から提供されているルームサービス「ザ・ペニンシュラ東京 “マイラーメン” by 一風堂」が好評。その名の通り、有...
バッキンガム宮殿近くに位置するホテル「The Rubens at The Palace(ルーベンス アット ザ パレス)」。ここではなんと、1ポット500...
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
今、人気が再上昇している「大人の塗り絵」から、気になる7冊を紹介。江戸時代の人気浮世絵師・歌川国芳の「国芳ぬりえワンダーランド」は、実は猫好きにおすすめ。...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
「えんとつ町のプぺル」の世界観を再現した宿泊施設が、大阪・ミナミに誕生。
ロシアで活躍する刺繍作家のKrista Decorは、動物や植物をモチーフにした数々の作品を生み出している。モチーフとなるものと天然石やビーズなど一つひと...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
大自然を体感できるバンクーバー。それでも、都心部ではリラックスできる場所が少ないということで、同都市の図書館に空中庭園が設置されました。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...