いつ家に帰っても、ANAのラウンジにいるみたい

香りで、一瞬にして記憶が蘇るような体験をしたことありませんか?

今回ご紹介するのは「旅のはじまりを感じるアロマ」。ANAのラウンジや機内で使用されているアロマです。あまり知られていませんが、誰でも購入できるんですよ。

いつの間にか好きになる
ANAの「香りのブランディング」

ANAのラウンジに一歩足を踏み入れると、どこからともなく良い香りが。この香りが気になっていた人もいるのではないでしょうか?
正体は、ANAオリジナルアロマ。ラウンジや機内で使われていて、香りでもおもてなしをしたいと考えたANAが、オリジナルでブレンドして開発したものです。国際線のファーストクラスやビジネスクラスでは、おしぼりの香りとしても使われていて、隠れファンもけっこういるのだそう。

世界遺産から集めた香り

どういうことかというと、世界遺産に指定されている日本各地から香りを集めているのです。和歌山県の高野山からは、高野槙(こうやまき)。奈良県の吉野大峰山からは、吉野檜(よしのひのき)。古来から続くこの2つの香りをブレンドし、さらに世界各地からミントやローズマリーなど、合計12種類もの植物から抽出した香りが、このアロマに詰まっています。
日本文化を感じさせるような、爽やかで個性的な香り。世界遺産って聞くと、急にありがたみが増すから不思議ですよね…。

CAも愛用する、ほっとやすらぐ香り

ANAで働く人の中にも、愛用している人がけっこういます。ほっとやすらぐ香りだから、アロマとして使う以外にもいろんなところに使える多彩さが人気みたい。例えば、自然の成分でできているからお風呂に数滴入れてもいいし、個人的には名刺などにつけて匂い紙にするのがおすすめ。記憶に残る名刺交換ができちゃいます。
他にも、車で使う人も多いそう。車内がANAのラウンジになったみたいで、なんだかリッチな気持ちで運転ができそうですよね。

いつでも旅立つ前の「あの気持ちに」

ANAオリジナルアロマは「ANAショッピング A-style」で販売しています。ラインナップは、アロマオイルとエアミストの2つ。
玄関やリビングで使うと、ほのかに香ってきて、気分はまるで搭乗前。旅立つときのあのワクワクした気持ちを、自宅でいつでも味わえます。さらに、ANAらしいブルーのボトルに、バゲッジタグがモチーフのパッケージは、旅好きなあの人への贈り物にもぴったり。

このアロマで、旅する気分を味わったり、プレゼントしてみてもいいかもしれませんね。

Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
本日10月29日(月)は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、首都イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。
米シアトル、ボーイング社の工場で特別仕様にペインティングされたANAの飛行機「R2-D2 ANA JET」が、2015年10月2日、ついに羽田空港に着陸し...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
信頼される人とされない人、その違いはどこにあるのでしょうか。これはビジネスはもちろん、プライベートでも人間関係を築いていく上で、非常に重要なことです。拙著...
ガンが転移し、化学療法中。もし自分や、親しい人がそんな状況になったら、どんな気持ちになるでしょうか。もしかしたら、どう声をかけて良いのかさえわからなくなっ...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
新潟県の佐渡島は「史跡 佐渡金銀山」で知られていますが、実は産業遺産も充実しています。しかも歩いて行ける範囲内に集中しているので、巡りやすいことも大きな魅...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
とある雨の日、ダニエルさんが家に帰ろうと歩いていると、小さく動いているダンボール箱を見つけたそうです。開けてみると、そこにはまだ手のひらサイズの子猫が2匹...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...