お店でスルーしがち!?じつはスゴイ「自然派シャンプー」

お店に並ぶシャンプーの数々。パッケージには、香りや洗い上がりについていろいろと書いてありますが、ユーザーとしては、どれがいいのかわかりにくい部分もあります。

そもそも選ぶ基準も人それぞれなんですよね、シャンプーって。香りの良さ、ダメージ補修力、泡立ち、最近はオーガニック成分にこだわってチョイスする人も多そうです。

ここで取り上げる「ダイアンボヌール」は、そのなかでもちょっぴり特別な存在です。記事を読んでもらえれば「えっ、こんなシャンプーがスーパーやドラッグストアで普通に買えるの?」となるはず。

このシャンプー、スルーしちゃうにはもったいないですよ。

6585660219588608

まずは、この数値に注目!
「天然由来成分は98%以上」

49225680835051524830991327690752

「天然由来成分配合」と謳うシャンプーは珍しくありませんが、「ダイアンボヌール」はそんなレベルじゃありません。その割合は98%以上となっています。

そのコンセプトは“シャンプーは、化学から、農業へ”。

言われてみれば、なんとなく近所のお店に並んでるシャンプーはケミカルで、ブランド直営店で売ってるシャンプーのほうがナチュラルってイメージがあります。でも、「ダイアンボヌール」は全国8,000店舗(!)に流通しているのに、オーガニック素材にこだわりまくっているというのがポイントです。

香りは天然香料、オイルは農地を厳選、洗浄成分にいたっては100%植物由来となっています。もちろん、石油系界面活性剤は不使用です。

となると、気になるのは泡立ちや洗浄力。いわゆるオーガニック系のシャンプーの中には、肝心の泡立ちが悪かったり、イマイチ汚れが落ちにくかったり、洗い上がりの髪がきしんじゃったり……というものもありますが、「ダイアンボヌール」は違います!

天然成分98%とギリギリこだわりつつ、泡立ちヨシ、洗浄力ヨシ、ついでにダメージ補修力まで。

個人的な使用感で言わせてもらえば、“潤い&ハリ系”ですね。洗った後のしっとり感は、オーガニック系シャンプーでは珍しいかも。

A7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3

ハマる香り!
メゾンブランドの香水と同じ産地の香料を使ってます

5927265355431936

上の写真は「ダイアンボヌール」のシャンプー&トリートメントのボトル。ちょっと意外じゃないですか?

一般的にオーガニック素材にこだわるシャンプーって、ボトルはシンプルでちょっと素っ気ないぐらいのデザインになっています。でも「ダイアンボヌール」は、どちらかというとゴージャスな印象です。シャンプーっていうよりも香水のボトルみたい。

実際「ダイアンボヌール」は香りがスゴイんです。

採用されている天然香料は、フランス南東部にあるグラース産。この街で生産される香料は、メゾンブランドのフレグランスにも使われているそうです。贅沢!

ちなみに、グラースはローズの香りが有名なんですが、「ダイアンボヌール」ではローズに加えて、オレンジフラワーもグラース産。

どっちかどうっていうのは、もう好みです(笑)。こればっかりは試してもらうしかありません。

5252238230421504

このボトル、店頭でスルーしないで!

4837016093065216

あらためて、このボトルをお店で見かけたら、スルーしないで試してみて!

他のシャンプー&トリートメントとの違いがきっとわかるはずだから。

5377659999617024
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
写真の男性。「なぜ、お風呂でハットをかぶっているの?」と疑問に思いますよね。実は彼、まったく新しい発想の「スカルプケア」の真っ最中なんです!男性の頭皮ケア...
日常は楽しくするのは意外と簡単。たとえば、今回『モノの見分け方事典』から紹介する7つのコトの見分け方を知っているだけでも、今以上に充実した生活が過ごせるの...
いろんなストーリーが浮かんできます。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...