ウォリアーズの「月額1万円」チケット!ただし、生観戦NG

ステフィン・カリーを皮切りに、ケビン・デュラントやクレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンなどの有名選手がプレイしているNBAチーム「ゴールデンステイト・ウォリアーズ」。2017-18シーズンも優勝し、その人気はとどまることを知りません。そんなウォリアーズが、ちょっと変わった“観戦チケット”を販売するようです。

アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約1万1000円)で販売すると発表したようです。ただし試合を生で観れるワケではありません。あくまでもスタジアムに入る権利がもらえるチケットです。

スタジアム内に生中継をしているバーやレストランがあるとはいえ、いったいどれくらいの人が購入するんでしょうか……。

サンフランシスコは物価が高い地域として有名だから、そこに暮らしている人は「100ドルなら安いんじゃない?」と考えるのかもしれませんけどね。

Top image: © Mike Stobe/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
ディズニーが11月から提供する「Disney +」では、割引いたパッケージ価格で「ESPN +」「Hulu(広告付き)」の計3つのストリーミングサービスが...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
月額定額制でおトクにランチが食べられる「always LUNCH」と、同じく月額定額制でドリンクが飲める「always DRINK」が、今週12月2日から...
9月10日、Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」をローンチすると発表。日本では11月1日から利用可能に。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
渋谷ヒカリエ1Fイベントスクエアに登場したトレーラー「TKTS」は、当日公演のチケットを公式に割引して販売するチケットストア。
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
8月に開催された「スポーツクライミング世界選手権」のレポート記事です。
入場料のある本屋「文喫」は、個人向けの定額制会員サービス「文喫定期券」をスタート。月額1万円(税抜)で平日のみ何度でも利用できる。
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
「クラブツーリズム」が11月5日から受付を開始したのは、日本船籍の客船「にっぽん丸」を貸し切り、来年7月31日に名古屋港を出発してクルーズを2泊楽しみなが...
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
7月30日より再開している「NBA 2019-20シーズン」で、「Microsoft」のリリースした新機能「Together Mode」が採用されている。...
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
「urban(アーバン)」は、月に3日間、1万500円から東京の都心にもうひとつの家を持てるサブスクプラン。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
わずか月額約1,800円で20万冊以上が閲覧できるだけでなく、ハイライトもつけられるとのこと。