ウォリアーズの「月額1万円」チケット!ただし、生観戦NG

ステフィン・カリーを皮切りに、ケビン・デュラントやクレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンなどの有名選手がプレイしているNBAチーム「ゴールデンステイト・ウォリアーズ」。2017-18シーズンも優勝し、その人気はとどまることを知りません。そんなウォリアーズが、ちょっと変わった“観戦チケット”を販売するようです。

アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約1万1000円)で販売すると発表したようです。ただし試合を生で観れるワケではありません。あくまでもスタジアムに入る権利がもらえるチケットです。

スタジアム内に生中継をしているバーやレストランがあるとはいえ、いったいどれくらいの人が購入するんでしょうか……。

サンフランシスコは物価が高い地域として有名だから、そこに暮らしている人は「100ドルなら安いんじゃない?」と考えるのかもしれませんけどね。

Top image: © Mike Stobe/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
ディズニーが11月から提供する「Disney +」では、割引いたパッケージ価格で「ESPN +」「Hulu(広告付き)」の計3つのストリーミングサービスが...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
絆創膏ブランドのBAND-AID®キズパワーパッド™は、就活生の靴ずれをなくすための「#スニ活」を開始。同時にスニーカーの販売も始め、新しいリクルートファ...
いま話題となっている『ホーム・アローン』✕「Googleアシスタント」の動画。大人になったケビンが、Googleアシスタントで泥棒を追い返す様子が描かれて...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
わずか月額約1,800円で20万冊以上が閲覧できるだけでなく、ハイライトもつけられるとのこと。
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
オーストラリアで活躍するアーティストのAndrew Archerが、3年間アジアを旅して気がついたことがある。それは、国も宗教も言葉も関係なく、バスケット...
人糞に悩まされるサンフランシスコ。なんと、ひたすら人糞を探して清掃するための人を雇うのだとか。しかもこの仕事、驚くほど高給なんです!
バッキンガム宮殿近くに位置するホテル「The Rubens at The Palace(ルーベンス アット ザ パレス)」。ここではなんと、1ポット500...
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
アメリカの旅行保険会社「Squaremouth」は隠れて、「Pays to Read」というキャンペーンを実施。最後までちゃんと利用規約を読んだ人に1万ド...