「フルマラソン」を趣味にすると変わる7つのこと

僕はTABI LABOのライターである以前に、フルマラソンでサブスリー(3時間以内で完走すること)を目指しているランナーです。年1回のペースで大会に出場し、これまで2度のフルマラソンを経験しました。そして、今年も(もちろん来年も)僕の年間行事カレンダーには「フルマラソン」の予定が入っています。

今では、年に1回のイベントとして楽しみにしていますが、こんな風に「フルマラソンのある暮らし」を続けている理由は、思っていた以上に生活の質がアップデートされるから。僕が感じた7つのポイントをご紹介します。

01.
「走る時間」を作ったら
自然と生活リズムがととのった

フルマラソンに出るとなると、まずは練習時間を確保しなければなりません。朝でも夜でも、とにかくRUNの時間を作りたいので、自然と規則正しい生活になります。

とはいえ、僕はあくまでも楽しくトレーニングしたい派で、そこまでストイックではありません。平日は早朝RUN、土日は夜RUNがメインです。継続するには体調管理が一番大切なので、夕食はお酒や食べ過ぎを控えたり、夜は早めに帰宅して練習に備えるようになりました。

ひとり暮らしなので本来は生活リズムが乱れがちなんですが「フルマラソンの練習時間」を優先することで、自然といい生活リズムになったんです。

02.
仕事にもメリハリが
つくようになった

仕事とRUNを両立するには、タイムマネジメント能力が必要です。

例えば「明日も早朝RUNするぞ!」となると、就寝時間から逆算して、帰宅や夕飯を終わらせておきたい時間を念頭に置いて仕事をするので、作業にメリハリがつくようになりました。

03.
走れば走るほど
自分と向き合える

©2018 TABI LABO

ランニング中に「自分について考える時間」を確保できるのもポイントです。

仕事が忙しい時は、やるべきことに時間と気持ちを奪われて自分について振り返る時間が少なくなりがちですが、ひとまずRUNしてみると、「今日は何した?」「今後の目標は?」と、自分の気持ちを整理することができるんです。

04.
夜のお誘いを控えたら
貯金が増えた

RUNを生活の中心にすると、細々とした支出が少なくなります。理由は、プライベートで人と会う時間が夜から昼へシフトするから。

飲み会への参加率は低くなるし、それまでお酒の場で会っていた友達とは休日のランチタイムに会うようになります。

全体的にコストが低くなるので、節約したお金は貯金に回すことができます。

05.
RUNの習慣が
デスクワークの疲れを癒してくれる

フルマラソンを目標に置くと、暇さえあればRUNするようになったのですが、身体が整えられて体調を崩すことが少なくなりました。

仕事はPCを使ったデスクワークが多いので、退社時には肩こりや目の疲れがドッと襲ってきます。そんな時こそRUNが効くんです。

もちろん、走り出すまでには「今日は休もうかな……」なんて考えてしまうこともありますが、走ってみるとむしろスッキリします。

06.
もっと速く走りたいから…
「食生活改善」

フルマラソン本番に向けて質の高いトレーニングを追求していくと、食生活の見直しにたどり着きます。

いわゆる「食事制限」なんですが、トップアスリートたちのようにストイックなものではありません。間食やお酒を減らしたり、寝る直前は食事を控えるなど、身近な改善を実践するようになりました。

ムダな脂肪を落としながら減量できたので、RUNの時にも身体の軽さを感じるようになりました。もちろん、体型維持にも効果的です。

07.
RUN仲間が増えた

©2018 TABI LABO

最近は、知り合いや初対面にかかわらず一緒に走るランコミュニティが増えていますね。

僕の場合は、入社したばかり頃にTABI LABOのランクルーに参加して、普段交流する機会が少ない他部署の先輩たちとRUNしていました。一緒に走ると、職場での上下関係とはまた違って、それぞれがいちランナーとしてプライベートなことも話せるので、一緒にご飯に行くよりも距離が縮まったように感じました。


この1年間は「より速く走る方法」を探しながら生活してきました。「フルマラソンのある暮らし」は、結果的に自分でも驚くくらいメリットがあったんです。でも、継続するためには、あくまで「楽しむこと」を大切にしてくださいね。

現在、日本国内では年間約70もの日本陸上競技連盟が公認しているフルマラソン大会が開催されています。人気の大会は、オンライン予約開始から数分でエントリーが終了してしまうほど。

年間カレンダーのなかに、1日でも「フルマラソン」の予定があるだけで、毎日の生活がアップデートされるかもしれませんよ。

アンダーアーマーは「フルマラソンのある暮らし」だけでなく、様々なRUNのスタイルや楽しみ方、おしゃれで実用的なギアなど、あなたの快適なランニングを全面的にサポートしてくれます。

ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
南アフリカ共和国のケープタウンで毎年開催されるマラソン大会「Two Oceans Marathon」は、今年で50周年。開催地は大西洋とインド洋の両方を眺...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
「おきらくごくらく!」というセリフ。知っていますか? 25年以上たった今も影響力がある伝説の番組『ウゴウゴ・ルーガ』の生みの親である当時のチーフディレクタ...
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。