東京の中心部に存在するミャンマー人コミュニティ「リトルヤンゴン」の魅力①

外国人街といえば横浜中華街や新大久保の韓国タウンが有名ですが、それ以外にも、日本には小さな外国人コミュニティがひっそりと息づいています。電車に乗ればパスポートいらずでプチトリップできる、そんな「ニッポンのなかのガイコク」をレポートします。

高田馬場の駅前に息づく
ミャンマー文化とコミュニティ

早稲田大学のお膝元であることから日本有数の学生街として知られ、安くておいしい食事処や飲み屋が軒を連ねるこの街のもうひとつの呼び名、それは──リトルヤンゴン。

駅の周辺には、ミャンマー関連の食材店やレストランなどが約20店ほど集まっており、日本で生活するミャンマー人が集まるコミュニティとして機能しています。

そんなリトルヤンゴンを、ミャンマー文化の普及に務めている日本ミャンマー・カルチャーセンターの所長・マヘーマーさんと落合さんに案内してもらいました。

リトルヤンゴンの中心地は
駅前の佇む雑居ビル

まず最初に訪れたのは、高田馬場駅前にある雑居ビル「タックイレブン高田馬場」。

ビルの周辺にはミャンマー料理店や食材店が並び、線路沿いは外国人がとくに多く行き交うことからミャンマー通りとも呼ばれています。

タックイレブン内で1999年から営業している老舗ミャンマー料理専門店「ノング インレイ」に案内してもらいました。

© 2019 TABI LABO

「ここは、東京メトロのポスターにも使われた、高田馬場の多国籍ぶりを代表するお店のひとつです。ミャンマー料理は、タイ料理や中国料理、インド料理と近い調理法のものも多いですが、スパイスの使用は比較的控えめで、油をたくさん使うのが特徴のひとつです。また、ノング インレイさんは、ミャンマー料理のなかでもシャン族固有の料理を食べられるのも特徴です」(落合さん)

© 2019 TABI LABO

こちらはミャンマー料理の定番「ウェターヒン」。豚肉を油で煮込んだような料理ですが、味は見た目よりもあっさりとした印象。

写真左下のフレーク状のものは、魚の干物をほぐしたもので、ふりかけのようにご飯にかけていただきます。

© 2019 TABI LABO

シャン族料理の朝の定番が、この「シャンカウスェ」。米から作った平麺に丸鶏のスープを合わせていただきます。

「現地では朝食として食べられている料理です。ひよこ豆から作ったシャン豆腐もおいしいですよ」(マヘーマーさん)

© 2019 TABI LABO

お酒のつまみにぴったりなのが、お肉とお米の皮なしソーセージ「ウェッタチン」。

豚肉と米を混ぜて発酵させたもので、本場では生のままいただきますが、ノング インレイでは日本人向けに火を通してから提供しているそう。

「発酵食品を多用するのもミャンマー料理の特徴です。お茶の葉を発酵させたラペッという食材や魚醤(魚を発酵させた液状の調味料)のほか、日本と同じく納豆もよく食べるんですよ」(落合さん)

© 2019 TABI LABO

近所のミャンマー食材店で「ラペッ」を発見。茶葉ならではの爽やかな苦味がほのかに感じられ、サラダや副菜にぴったり。

リトルヤンゴンには、ミャンマー料理に必要なすべての食材が揃っているので、自宅でミャンマー料理に挑戦してみたい人にはうってつけです。

「既製品も売っていますが、自家製のラペッを提供しているお店もあるので、ぜひ試してみてください」(マヘーマーさん)

© 2019 TABI LABO
© 2019 TABI LABO

同じミャンマー食材店で見つけたのが、鎌倉の大仏の像と和柄の布。ミャンマー人向けのお土産物として大人気だそうです。

「ミャンマーが敬虔(けいけん)な仏教国だというのも理由のひとつではありますが、日本を訪れたミャンマー人の間では、鎌倉の大仏様は“また日本に戻ってこられる”というご利益があるといわれていて人気が高いんです。和柄の布はロンジーという民族衣装に使用します。もともと日本人のお布団屋さんがミャンマー人へのお土産として布団生地をもっていったことがキッカケといわれていて、ミャンマーでは和風の柄のことを“キモノ”と呼ぶほどに浸透しているんですよ」(マヘーマーさん)

「日本ミャンマー・カルチャーセンター」所長が語る、高田馬場・リトルヤンゴンの誕生の理由と歴史、そして未来。
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
9月13日、東京・新宿に米国のスポーツブランド「アンダーアーマー」の新店舗「ブランドハウス新宿」がオープン。世界初の旗艦店として、グローバル展開の重要な拠...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
カニ、エビ、貝を手づかみでワイワイ食べるシンガポール発のシーフードレストランDancing Crab東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル 2F...
「東京アイスクリームランド」に続く第2弾。今回は「東京ドーナッツランド」です。場所は新宿区歌舞伎町。開催期間は11月1日〜18日です。
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
横浜や神戸、長崎などとは異なり、東京・池袋の雑踏のなかに息づく「中国人コミュニティ=中華街」を歩くレポート企画。
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
NYで大人気のロブスターロールのフードトラック看板メニューは日本限定「わさび醤油×レモンバター」Luke's Lobster東京都新宿区新宿三丁目17-2...
浅草のローカル文化を体感できる人と繋がるコミュニティ・ホテルWIRED HOTEL ASAKUSA 〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2htt...
新宿生まれのクラフトビールが飲める醸造所併設のビアバー&カジュアルダイニングY. Y. G. Brewery & Beer Kitchen〒151-005...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
あの水玉を360°体感できる草間彌生美術館が新宿にオープン草間彌生美術館〒162-0851 東京都新宿区弁天町107https://yayoikusama...
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...