同棲してから後悔しない「ベストな部屋探し」

同棲って「いざ始めるぞ」と決めてからが、なかなか大変です。

たとえば、部屋探し。どちらかの家に転がり込むパターンでも荷物の整理とかで十分大変なのに、新しくふたりで住む部屋を探すとなると、すり合わせなきゃいけない条件ばかりで手間と時間がかかる……。面倒が重なって、ついイライラして喧嘩になることも。

絆を深めるために必要な “壁” とは思えど「やっぱり同棲はナシ!」なんてことになったら本末転倒です。

そんな部屋探しのときにありがちな面倒をスッキリ解決してくれるだけではなく、部屋探し自体が楽しくなるアプリが、CHINTAIの「ペやさがし」。これ、けっこうスゴイんです。

→詳しく知りたい!

「条件のすり合わせ→検索」までが
サクッと進む

いくら趣味や価値観が近いカップルでも、「部屋選び」となると、100%条件が同じなんてことはほぼないと思うんです。駅近がいいのか、広い部屋がいいのか、オートロックがいいのか、そもそも予算に収まるのか……などなど。

さっそくCHINTAIの「ペやさがし」で解決してみましょう。

まず、パートナーとつながる「ペアリング機能」。ふたりの希望条件がすぐに比較できます。

お互いに、何を大事にしているかが分かるので、最終的には「どこを妥協するか」も決めやすいんです。

次に、ふたりの条件を合わせた物件をサクッと検索。余計なやりとりが減るので、仕事が忙しいカップルや遠距離恋愛中でもスムーズに部屋探しが進みます。

細かい条件に絞って検索できるのもポイントです。

住所、沿線、駅はもちろん、同棲するときの部屋探しで検索されがちな「システムキッチン有無」や「ペット可否」「バルコニー有無」なども絞れます。「宅配ボックス有無」など、つい見落しがちな条件までカバーしてくれるんです。

反対に、細かい条件にこだわりすぎて理想の物件がなかなか見つけられないカップルのための機能もあります。ふたりの条件にぴったりの物件がないときには「条件を緩和するとこんな物件が出てきますよ!」と、ふたりの条件に近いおすすめ物件が表示されるんです。

「ふたりの条件にぴったりの物件が少ない!」「何を妥協したらいいか分からない!」というカップルにとっては、嬉しい機能ですね。

→アプリをチェックしてみる

部屋を決めるまでの
「やりとり」が楽しめる!

部屋探しのときの便利さばかり伝えてきましたが、ふと「このアプリって、本気で部屋を探してないときでも楽しめるのでは?」って思ったんです。

たとえば、シェア機能。気になった物件はすぐ共有・プッシュ通知でお知らせできるので、ふたりで好みのイメージを固めておくこともできます。「お気に入り度」が設定できたり、コメントもできるので、つい盛り上がってしまうこともあるはず。

今までやっていたような、不動産会社のサイトで検索して、メッセンジャーで送りあって感想を聞く……(ぜんぜん既読にならない……イライラ)なんて面倒なことを繰り返す必要はありません。「あれ? どれが一番良かったんだっけ?」と、過去のメッセージを漁る必要もないんです。

アプリ自体は無料でダウンロードできるので、まずはお試しで使ってみては?

もちろん同棲カップルだけじゃなくて、友だちとルームシェア用の部屋を探している人や、新婚夫婦の方などにもオススメですよ。

→詳しくはコチラから
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
「同棲」するなら、デメリットにも目を向けて。良し悪しを事前に話し合っておけば、争いごとも前もって防ぐことができるでしょう。たとえば、自分が散らかしたものは...
よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。Mansal Dentonさん...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
パキスタン出身で医者のRehan Munirさんは、アメリカで仕事経験を積むためにニューヨークで部屋探し。インターネットに自己紹介と写真を掲載したところ、...
客観的に見ると、もはやこんなことは言わずもがな。でも、盛り上がっている当事者たちは、ポジティブサイドばかりに目を向けがち。だからこそ、いま一度あえて問いた...
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
一緒に住みはじめたときは希望に溢れてキラキラしていた同棲生活も、一旦別れを迎えると、修羅場と化します。とくに住まいを変えなくてはならない場合、引っ越しその...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
新しい仕事を探して、ポートフォリオの準備をしたり、面接のシミュレーションをするのは、胃がキリキリするもの。不安でいっぱいになり、手は汗ばみ、吐き気すら催す...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
東京・浅草にある「REEAST ROOM」は、アメリカ発「壊したい放題」のレンタルルーム。食器や空き瓶、小型プリンターなどの家電を揃え、「部屋のものをバッ...