植物がバーチャルペットになる「スマートプランター」

ルクセンブルクの「Mu DESIGN」が開発したスマートプランター「Lüa」。植物の状態によって、モニターに映し出される表情が変化する。

このプランターは、湿度、光、気温、動きなどをセンサーで感知。植物の状態によって15パターンある表情の変化を見せ、水や温度調整など手入れを必要としていることも教えてくれる。アプリと連動させることも可能で、充電はUSB式。2019年12月に出荷予定で、クラウドファンディングサイト「INDIGOGO」で支援を募集中だ。

その時々の“気分”に合わせて表情を変えるので、プランターというよりは「バーチャルペット」。きっと水やりを忘れることはないだろう。

Top image: © 2019 Mu-design
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...
6月20日、19歳のバーチャルモデル「Daisy Paige(デイジー・ペイジ)」が多くのセレブやインフルエンサーが所属するモデルエージェンシーと契約しました。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...