待ち時間が240分も短縮。夢の国の「マジックバンド」がスゴい!

2019年8月29日に『スター・ウォーズ』の世界を体験できるエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がオープンしてから、ますます盛り上がっているアメリカ・フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)。

ここに行く予定があるなら、必ずチェックしておくべきアイテムがあります。それはマジックバンド

手首につけるウェアラブル端末で、実際に使ってみると分かるのですが……とにかく便利。ひとつ例を挙げるなら、持っていただけでWDW内のアトラクションに並ぶ時間を1日で約240分も短縮することができちゃったんです。

そんな夢のような機能を持つデバイスを使いこなすには、ちょっとしたコツがあります。

ワクワクが最高潮の旅行前に準備をすること

©2019 NEW STANDARD

本題に入る前にざっくりとした説明をしておくと、マジックバンドには大きく分けて5つの機能があります。

1、ディズニー直営ホテルのルームキーになる
2、キャッシュレス決済ができるようになる
3、入園する際のパークチケットになる
4、ファストパスやレストラン予約などの管理ツールになる
5、キャストに撮影してもらった写真を記録するフォトパスになる

そんなマジックバンドの使い方とWDWへ出発する前までにやっておくべきことを紹介します。

→さっそくチェック!

チェックインの10日前までに
マジックバンドの色を選ぼう!

©2019 NEW STANDARD

もしもディズニーの直営ホテルに宿泊するのであれば、すごくラッキー。マジックバンドをタダでもらうことができるんです。

ポイントとなるのは、チェックイン前までに「My Disney Experience」というサービスに登録しておくこと。そうしたら、計8色のマジックバンドの中からお気に入りの色を選べて、自分の名前を印字するかどうかも指定できます。追加料金を払えば、デザインの変更も可能!

で、この準備はチェックインの10日前までにしておきましょう。期限を過ぎてしまうと、自動的に“名前の印字がないグレーのマジックバンド”となってしまうのです……。

とはいえ、時間は30分ほどあれば十分。簡単に自分だけのマジックバンドを作れちゃいます。

チェックイン時にキャストが手渡ししてくれるのですが、その瞬間は“いよいよディズニーでの旅が始まるんだ!”という気持ちでいっぱいになりますよ。

©2019 NEW STANDARD

チェックイン後はホテルのルームキーとして使えます。

同じタイミングで、マジックバンドでキャッシュレス決済をするためのクレジットカード登録が可能。

財布を持ち歩く必要もなくなるし(1日中遊びまわるWDWだからこそ重要!)、お土産を買う時にも決済がスムーズになるので、登録しておいた方がベターです。

WDWに着く前までに
ファストパスを予約しよう!

©2019 NEW STANDARD

WDWでは、ファストパスを30日前(ディズニー直営ホテル宿泊者は60日前)から予約できるんです。

先ほども紹介した「My Disney Experience」で、自分のアカウント情報として購入したパークチケットのシリアルナンバーを入力すると、ファストパスの予約(ファストパス・プラス)が可能に。マジックバンドにも自動で同期されます。

©2019 NEW STANDARD

パークチケットを同期しておくと、
指紋登録(2回目からは指紋チェック)の上、
マジックバンドをタッチすれば入園できます。

やり方は簡単で、10分もかかりません。

WDWに行く日にちと自分が乗りたいアトラクションを選ぶだけ。あとは、ファストパスを取得できる時間帯が表示されるので、他のスケジュールと照らし合わせながらプランを立てましょう。

ファストパスは1日3つまで予約可能です。

©2019 NEW STANDARD

「パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター」

©2019 NEW STANDARD

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」

今だと『アバター』の世界を体験できるアトラクション「アバター・フライト・オブ・パッセージ(ディズニー・アニマルキングダム)」や、日本では体験できないアトラクション「7人のこびとのマイントレイン(マジックキングダム・パーク)」のファストパスを取るといいかもしれません。

どちらも取材日当日は120分待ちで、たくさんの人たちが列を作っていたので……。でも、事前にファストパスを3つ取得していたおかげで、1日に約240分も時間を短縮できました。

節約した時間では、オープンしたばかりの『スター・ウォーズ』をテーマにしたアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン(ディズニー・ハリウッド・スタジオ)」に行ってみてください! まだファストパスに対応していませんが、並んでいるだけでもいろんな方法で楽しませてくれるんです。

ランチやディナーも
事前にオーダーしておこう!

©2019 NEW STANDARD

WDWはたくさんの人で溢れかえっていて、アトラクションだけでなくレストランでも、長〜い列に並ばなければいけない可能性があります。そんな時には「モバイル・オーダー」に対応しているレストランに足を運ぶのがオススメ。

このサービスでは、「My Disney Experience」のアプリで食事を選んでおくと、待ち時間がほぼゼロでランチやディナーを楽しめちゃうんです。オーダーは英語を理解できなくても分かるほどシンプルで、5分ほどの時間でOK

©2019 NEW STANDARD

決済はマジックバンドでタッチ。

レストラン内の「モバイル・オーダー・ピック・アップ」のサインがある場所に行くと、食事を受け取ることができます。

お腹が減っている時に列に並ばなくてもいいというのは、本当に嬉しい!

→詳しくはコチラ

マジックバンドのおかげで
時間に余裕ができたら……

©2019 NEW STANDARD

しっかりと準備することで、待ち時間を短くしてくれるマジックバンド。ひとつ持っておくだけで、WDWでの旅がグッと快適になります。

時間に余裕ができたら、世界にひとつだけのマジックバンドが作れるマジックキングダム・パークの「トゥモローランド・ライト&パワーカンパニー」に行ってみてください。チェックイン前のカスタマイズと比べて、より豊富な色とデザインが用意されているんです。

とっても広いウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、いかに効率的に回るのかが極めて重要。だからこそ、マジックバンド(と「My Disney Experience」)を使いこなさない理由はありません!

※ディズニー直営ホテル宿泊者以外は、自分でマジックバンドを購入して、チケット情報など紐づける必要があります。

→マジックバンドを使いこなす!
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
「Fantasy Strollers」は子どもが乗れる馬車や宇宙船を貸し出すサービスを行っている。レッドカーペットやテーマソングも用意してくれて、パークの...
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。