待ち時間が240分も短縮。夢の国の「マジックバンド」がスゴい!

2019年8月29日に『スター・ウォーズ』の世界を体験できるエリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」がオープンしてから、ますます盛り上がっているアメリカ・フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下、WDW)。

ここに行く予定があるなら、必ずチェックしておくべきアイテムがあります。それはマジックバンド

手首につけるウェアラブル端末で、実際に使ってみると分かるのですが……とにかく便利。ひとつ例を挙げるなら、持っていただけでWDW内のアトラクションに並ぶ時間を1日で約240分も短縮することができちゃったんです。

そんな夢のような機能を持つデバイスを使いこなすには、ちょっとしたコツがあります。

ワクワクが最高潮の旅行前に準備をすること

©2019 NEW STANDARD

本題に入る前にざっくりとした説明をしておくと、マジックバンドには大きく分けて5つの機能があります。

1、ディズニー直営ホテルのルームキーになる
2、キャッシュレス決済ができるようになる
3、入園する際のパークチケットになる
4、ファストパスやレストラン予約などの管理ツールになる
5、キャストに撮影してもらった写真を記録するフォトパスになる

そんなマジックバンドの使い方とWDWへ出発する前までにやっておくべきことを紹介します。

→さっそくチェック!

チェックインの10日前までに
マジックバンドの色を選ぼう!

©2019 NEW STANDARD

もしもディズニーの直営ホテルに宿泊するのであれば、すごくラッキー。マジックバンドをタダでもらうことができるんです。

ポイントとなるのは、チェックイン前までに「My Disney Experience」というサービスに登録しておくこと。そうしたら、計8色のマジックバンドの中からお気に入りの色を選べて、自分の名前を印字するかどうかも指定できます。追加料金を払えば、デザインの変更も可能!

で、この準備はチェックインの10日前までにしておきましょう。期限を過ぎてしまうと、自動的に“名前の印字がないグレーのマジックバンド”となってしまうのです……。

とはいえ、時間は30分ほどあれば十分。簡単に自分だけのマジックバンドを作れちゃいます。

チェックイン時にキャストが手渡ししてくれるのですが、その瞬間は“いよいよディズニーでの旅が始まるんだ!”という気持ちでいっぱいになりますよ。

©2019 NEW STANDARD

チェックイン後はホテルのルームキーとして使えます。

同じタイミングで、マジックバンドでキャッシュレス決済をするためのクレジットカード登録が可能。

財布を持ち歩く必要もなくなるし(1日中遊びまわるWDWだからこそ重要!)、お土産を買う時にも決済がスムーズになるので、登録しておいた方がベターです。

WDWに着く前までに
ファストパスを予約しよう!

©2019 NEW STANDARD

WDWでは、ファストパスを30日前(ディズニー直営ホテル宿泊者は60日前)から予約できるんです。

先ほども紹介した「My Disney Experience」で、自分のアカウント情報として購入したパークチケットのシリアルナンバーを入力すると、ファストパスの予約(ファストパス・プラス)が可能に。マジックバンドにも自動で同期されます。

©2019 NEW STANDARD

パークチケットを同期しておくと、
指紋登録(2回目からは指紋チェック)の上、
マジックバンドをタッチすれば入園できます。

やり方は簡単で、10分もかかりません。

WDWに行く日にちと自分が乗りたいアトラクションを選ぶだけ。あとは、ファストパスを取得できる時間帯が表示されるので、他のスケジュールと照らし合わせながらプランを立てましょう。

ファストパスは1日3つまで予約可能です。

©2019 NEW STANDARD

「パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター」

©2019 NEW STANDARD

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」

今だと『アバター』の世界を体験できるアトラクション「アバター・フライト・オブ・パッセージ(ディズニー・アニマルキングダム)」や、日本では体験できないアトラクション「7人のこびとのマイントレイン(マジックキングダム・パーク)」のファストパスを取るといいかもしれません。

どちらも取材日当日は120分待ちで、たくさんの人たちが列を作っていたので……。でも、事前にファストパスを3つ取得していたおかげで、1日に約240分も時間を短縮できました。

節約した時間では、オープンしたばかりの『スター・ウォーズ』をテーマにしたアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン(ディズニー・ハリウッド・スタジオ)」に行ってみてください! まだファストパスに対応していませんが、並んでいるだけでもいろんな方法で楽しませてくれるんです。

ランチやディナーも
事前にオーダーしておこう!

©2019 NEW STANDARD

WDWはたくさんの人で溢れかえっていて、アトラクションだけでなくレストランでも、長〜い列に並ばなければいけない可能性があります。そんな時には「モバイル・オーダー」に対応しているレストランに足を運ぶのがオススメ。

このサービスでは、「My Disney Experience」のアプリで食事を選んでおくと、待ち時間がほぼゼロでランチやディナーを楽しめちゃうんです。オーダーは英語を理解できなくても分かるほどシンプルで、5分ほどの時間でOK

©2019 NEW STANDARD

決済はマジックバンドでタッチ。

レストラン内の「モバイル・オーダー・ピック・アップ」のサインがある場所に行くと、食事を受け取ることができます。

お腹が減っている時に列に並ばなくてもいいというのは、本当に嬉しい!

→詳しくはコチラ

マジックバンドのおかげで
時間に余裕ができたら……

©2019 NEW STANDARD

しっかりと準備することで、待ち時間を短くしてくれるマジックバンド。ひとつ持っておくだけで、WDWでの旅がグッと快適になります。

時間に余裕ができたら、世界にひとつだけのマジックバンドが作れるマジックキングダム・パークの「トゥモローランド・ライト&パワーカンパニー」に行ってみてください。チェックイン前のカスタマイズと比べて、より豊富な色とデザインが用意されているんです。

とっても広いウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、いかに効率的に回るのかが極めて重要。だからこそ、マジックバンド(と「My Disney Experience」)を使いこなさない理由はありません!

※ディズニー直営ホテル宿泊者以外は、自分でマジックバンドを購入して、チケット情報など紐づける必要があります。

→マジックバンドを使いこなす!
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
「Fantasy Strollers」は子どもが乗れる馬車や宇宙船を貸し出すサービスを行っている。レッドカーペットやテーマソングも用意してくれて、パークの...
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
BOØWYは日本で一番かっこいいロックバンドだ。氷室京介、布袋寅泰、松井恒松、高橋まこと。バンドメンバー全員が、ここまでかっこいいバンドって奇跡だろう。
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
世界に数多いるディズニーランドファンの中でも抜きん出ているのがJeff Reitzさん。彼は、2011年の大晦日からカリフォルニア州アナハイムのディズニー...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
メンバーが1,000人いるバンドって!?
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
忘年会に合コン、何かとイベントが多くなるこれからの季節。なにか簡単に習得できて、且つ他とは一味違う「持ちネタ」はないかと、一生懸命情報収集に奔走しているあ...
家具や車など何もかもを売り払って旅に出た家族「The Bucket List Family」。45ヶ国を旅した彼らのもとに、ディズニーから30日間、30の...
ここで紹介するのは、海外で話題のカーディストリーを披露する動画。カーディストリーとは、手とトランプだけを使った曲芸。マジックとは異なるのは、いわゆる“タネ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
チームがひとつの目標へ向かい、スタッフそれぞれが、やるべきことを懸命に取り組むことは、ほんとうに大切なことです。ディズニーが夢の国であり続けられるのは、そ...
「ハードロックカフェ」の所有・運営で知られるハードロック・インターナショナルがオープンを予定している「Guitar Hotel」。2017年から建設が開始...
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
Pulseは新しいミュージックインタビュー動画シリーズ。初回のゲストは8人組多国籍ポップバンド「スーパーオーガニズム」。名曲“Something for ...