あらためて、家は、人生の長い時間を過ごす場所だった

“持たざる暮らし” がカッコいいと思っていた。

シェアハウス、アドレスホッパー、タイニーハウス……。テクノロジーの力を借りて、気の向くままに移動しながら、暮らす。これこそが新しいライフスタイルなんだと。そう、コロナの前までは。

長い長い自粛生活は、僕たちの価値観をガラッと変えたように思う。「仕事部屋を快適にしたい」「家族との時間を大切にしたい」「子どもが笑顔の時間を増やしたい」

もちろんすぐに解決できることも、できないこともある。

そして、なによりも家に居ながらにして “自然と触れ合いたい”。誰もが本能的に求める、太陽の光や、風の音、緑のきらめき、木のぬくもり。あとはもっと身近に自然さえあれば……ふと、そんなことを考えることが増えてきた。

自分も家族も
「優しく過ごせる家」がいい。

家は、家族や自分の分身のようなものだ。

賑やかな家族ならきっと家のなかも賑やかだろうし、落ち着いた家族なら、きっと家のなかだって落ち着いた雰囲気なのだろう。

でも、そもそもの空間のつくりで解決できることは、おそらくすごく多い。

たとえば、自然の素材である「木」が身近にある暮らし。

木をつかった優しい質感のなかで生活していると “自然とともに生きている感覚” が味わえるし、何より心が安らぐ。経年によって色味や風合いも変わるし、まるで自分たちと一緒に成長しているようにだって感じるかもしれない。

樹種による木目や、手足に触れる感触の違い。そんなこだわりに応えてもらえるのも素敵だ。

せっかく住むなら、自分も家族も自然を感じながら「優しい気持ち」になれる家がいい。

家に守られ、
家でリフレッシュする。

家にいることを余儀なくされるなら、むしろ家での時間を前向きに捉えたい。守られながらもリフレッシュできて、出掛けていないことにも気づかないぐらい……。

「木のある空間での暮らし」。なにより自然を身近に感じられるのがいい。

素足で歩いたり、ゴロゴロっと寝そべったり。夏は涼しいし、冬でもヒヤッとしないどころか、じんわり “ぬくもり” すら感じるのは「木」ならではの特徴だ。

肌触りや香りにも癒される、生活しているだけで「五感」が刺激されるような空間。

今回のことで、家族がずっと同じ空間に居続ける大変さも、感じたように思う。仕事をする傍ら、いつも以上に家事もするし、子どもの世話も、遊び相手も。

そんな在宅ワーク時こそ、切り替えが肝心だ。たとえばリビングでも、独立した「ワークスペース」があれば——。

家族の気配を感じながらも、自分のペースで仕事ができる。そんなライフスタイルを実現させてくれる。木をつかった空間は、ナチュラルな質感のせいか、集中したテレワークでも疲れにくいようにすら感じる。

そんなふうに、家で過ごす時間すべてが癒しに。これから求められるのは、きっとそんな家なんだと思う。

家と外の境界線は
曖昧なほうが気持ちいい。

「シャーウッド」は、そんな「木のある暮らし」を十分に実現できる、木の住まいだ。

木の質感を生かして、自然が身近に感じられるようなライフスタイルを提案してくれるのだ。

たとえば、「外」と「家のなか」をシームレスにつないでいる空間づくりにも注目したい。

目線も空間も、とにかくのびやかになる。深い軒に覆われた広々としたテラスは、室内と一体化した使いやすさも魅力的。時間によって、リフレッシュしたり、家族でBBQを楽しんだり、夕刻にグラスを傾けたり……。

戸外の自然の中でもあるこんなテラスなら、家時間をさまざまに楽しむことができそう。

「シャーウッド」なら、自然のぬくもりを感じながら、家族とのつながりも大切にできる。

こういう家なら、きっとみんなの笑顔も増えるんじゃないかな。

 


 

木造戸建て注文住宅シャーウッドの会員制webマガジン「シャーウッドclub」では、本記事では伝えきれない、さらなる魅力もご紹介。

あなたもじっくり「家づくり」について考えてみては?

 

→もっと知りたい

撮影協力:シャーウッドつくば展示場(TEL:029-854-8871)

関連する記事

3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
「無印良品」が開発したという注目の住戸「陽の家」が今月中旬から、宿泊施設として栃木県の「那須高原TOWAピュアコテージ」にオープン。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
ファッション&カルチャー誌『POPEYE』が規格住宅ブランド「LIFE LABEL(ライフレーベル)」と共同で住まいを“創る”と発表。
紀寺の家は、およそ100年前に建てられた5棟の町家群を改修した、新しい町宿。観光産業として生まれた宿泊サービスではなく、文化財である古い町家の構造や機能性...
マレーシア・クアラルンプールの住宅街に一際目立つ家があります。コンクリートのファサードは鉢の役割も担っていて、40種類以上もの植物が植えられています。住人...
オランダ・アムステルダムを拠点とするデザインスタジオ「VOUW」が考案した「Bloomlight」は、通行人に反応する不思議な街灯だ。通行人に向かって曲が...
カナダ・バンクーバーアイランドから10分ほど船に揺られると、「Freedom Cove」と名付けられた、おもちゃのようにカラフルな家を見つけることが出来ま...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
現在、一人でも多くの人が安住できる場所を提供することが都市の最優先課題の一つに。近年の住宅不足を解決する手段として、「車輪付きの小さな家」を合法化する地域...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
4月17日から「Apple TV+」にて配信されているドキュメンタリー「HOME」は、タイトルからもわかる通り、「家」という居住空間に焦点を当てた作品だ。...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナイブル...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
まあ、ぶっちゃけちゃえば、伸縮するテーブルって珍しくない。でも、伸ばすと不格好になるっていうのがお決まりのパターン。でも、『Friction Table』...
日当たりが悪いなら、家ごと回転させてしまえばいいという発想の建築物が登場した。この「Devon Haus」の構造は、ボタンを一押しするだけで、家全体が36...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。