「大谷翔平」のシグネチャーモデルが「OAKLEY」から登場!

「OAKLEY(オークリー)」は、6月25日、大リーグ・エンゼルス所属の大谷翔平とのパートナーシップ締結と「大谷翔平シグネチャーコレクション」の発売を発表した。

シグネチャーモデルのベースとなるアイウェアは、カリフォルニアのオークリー本社にて複数回にわたってフィッティングをおこなった大谷本人がセレクトした「Radar EV(レーダーEV)」「Frogskins Lite(フロッグスキン ライト)」「Mercenary(マーセナリー)」の3モデル。

フレームの内側に「OHTANI」のロゴが刻印され、大谷の母国である日本をイメージした「和柄」のデザインプリント(2種類に適用)が施された特別仕様は、野球ファンのみならずコレクターズアイテムとしても一級品。

また、レンズにはメーカーが独自で開発した革新的なテクノロジー「Prizm」を採用。色調やコントラストが強調されることで、クリアで鮮明な視界を実現する。

実力、人気ともに大リーグ界でもトップレベルの大谷とアイウェアのトップブランドであるオークリーの共演──。今後の展開にも期待大だ。

OAKLEY 大谷翔平
©OAKLEY
OAKLEY 大谷翔平 シグネチャーコレクション
©OAKLEY
OAKLEY 大谷翔平 シグネチャーコレクション
©OAKLEY

『OAKLEY 大谷翔平シグネチャーコレクション』
【ラインナップ】Radar EV(レーダーEV)、 Frogskins Lite(フロッグスキン ライト)、Mercenary(マーセナリー)
【予約受付開始】6月25日(木)
※予約は「オークリーストア 渋谷」(https://japan.oakley.com/store_customer/shibuya.php)のみで展示および先行予約受付
【発売予定】7月下旬以降
【公式ホームページ】https://www.oakley.com/ja-jp

Top image: © OAKLEY
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事