「ぼくのヒーローはレス・バクスターと冨田勲」――髙城晶平(cero)とブルーノ・ペルナーダスの往復書簡#2

東京発のポップバンド、ceroの髙城晶平さんと、ポルトガルの現代ジャズミュージシャン、ブルーノ・ペルナーダスさん。

11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!

セレクトがディープでおもしろすぎるので、せっかくだから文面そのまま公開しちゃいます。全4回。

<2通目>

©Shiori Yamaguchi

まず最初に、手紙と、ぼくの音楽に興味を持ってくれて、どうもありがとう。きみのバンドをYouTubeで聴いてみたよ。とてもナイスでグルーヴィーだ。Congratulation!

質問について答えるよ。

 

“最近ピンときた音楽はありますか? ありましたら、それはどんな作品でしょう? ぜひ教えてください。――髙城晶平(cero)”

 

ぼくは、自分の音楽や作品に直接的な影響を与えた作曲家は特にいないと思ってる(少なくとも自分の知る限りでは)。ぼくはただ、流れの赴くままに活動しているから。

でも、大好きな音楽はたくさんあって、どんなジャンルだって聴くし、いつだって新しい作品を探す旅の途中にいる。古い、新しい、は関係なくね。

そういう意味では、自分のレコードの制作過程で聴いていた音楽は、消化されて、もしかしたら自分の曲作りにも重要な影響を及ぼしているかもしれない。

紹介してくれた仙波清彦さんの『水』を聞いたときは、ワオって感じだった。本当に気に入ったよ、すごく刺激的だ! ありがとう。とくに歌のメロディが好きだね。

お礼に、ここ10年くらいの間たくさん聴いてきた、ぼくのお気に入りのレコードと曲を4つ紹介するよ。

© Capitol Records

Les Baxter『Jewels of the Sea』。レス・バクスターは、1922年生まれ、アメリカの音楽家。エキゾチカを代表する人物。

© Edizioni Leonardi Srl

Alessandro Alessandroni『Ritmo dell industria』。アレッサンドロ・アレッサンドローニは、1925年生まれ、イタリアの音楽家。多くの映画音楽や数えきれないほどのBGMを作曲。

© 1987 WATT Works, Inc. / ECM Records GmbH

Carla Bley『Lawns』。カーラ・ブレイは、1936年生まれ、アメリカのジャズピアニスト・作曲家。教会のオルガニストだった父親から手ほどきを受けた以外は、アカデミックな教育を一切受けていなかった。

© Luaka Bop

Alice Coltrane『Om Shanti』。アリス・コルトレーンは、1936年生まれ、アメリカのジャズミュージシャン。ジョン・コルトレーンの妻。

もう一つの質問についても答えるね。

 

“あなたは、自身の音楽を「スペースエイジ・ポップス」と称している、とネットで読みました。

そう聞くと、ぼくはモンドミュージックや、エキゾチカ、バチェラー・パッド・ミュージックという言葉が思い浮かんでくるのですが、ブルーノさんは、そういった音楽はお好きですか? ――髙城晶平(cero)”

 

エキゾチカとスペース・エイジ・ポップについては、イエス! その手の音楽は本当に大好きだ。

ぼくにとって一番のヒーローはレス・バクスターなんだけど、細野晴臣、YMOとヤン富田も偉大な音楽家だ。ヤン富田はサン・ラのファンで、ぼくもそう。

ここポルトガルで、ぼくはサン・ラの音楽をぼくのアレンジで演奏するビッグ・アンサンブルをやってるし、自分が初めてYMOに出会ったきっかけは、細野晴臣&イエロー・マジック・バンドの『はらいそ』だった。それ以来、ファンになったよ。

あとは冨田勲も好きだね。彼は唯一無二の存在だと思う。こういう感じの音楽を作ってる新しい作曲家やアーティストって、今の日本にいるのかな?

最後にもう一度、手紙をどうもありがとう。

――ブルーノ・ペルナーダス

取材協力 髙城晶平(cero), Bruno Pernadas, FRUE
翻訳 Shiori Yamaguchi

<出演情報>

■開催日時
11月3日(土)開場/開演 10:00 終演 27:00
11月4日(日)開場/開演 9:00 終演 20:00

■開催場所
静岡県掛川市 つま恋 リゾート彩の郷
【住所】静岡県掛川市満水(たまり)2000(
Google Map

■出演者:
Acid Pauli
Billy Martin
Bruno Pernadas
Campbell Irvine
Donna Leake
Lee Lang
NELS CLINE’S TRIO HADARRO feat. Chris Lightcap & Tom Rainey
Powder
Sam Gendel
speedy lee genesis
Sugai Ken
Theo Parrish
U-zhaan
Yamandu Costa
YEK by Mohammad Reza Mortazavi & Burnt Friedman
Yoshinori Hayashi
YOUFORGOT
悪魔の沼
髙城晶平(cero)
南蛮渡来
7FO

他の記事を見る
11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが...
11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが...
11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
2度目の開催なるか!? 大ピンチのクラウドファンディング中、FRUEは5月20日のAM2時に“呼びたいアーティスト”を集めて夢のプレイリストをつくった。資...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
ポルトガル・イダーニャノヴァで開催されている「Boom Festival」は、何にも縛られない独立性を確立した野外フェスです。だから、スポンサーに頼りません。
フィンランドでは、シナモンロールのことを「往復ビンタ」と呼ぶ
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...