「あなたのレコメンドは、どれも最高!」――髙城晶平(cero)とブルーノ・ペルナーダスの往復書簡#3

東京発のポップバンド、ceroの髙城晶平さんと、ポルトガルの現代ジャズミュージシャン、ブルーノ・ペルナーダスさん。

11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!

セレクトがディープでおもしろすぎるので、せっかくだから文面そのまま公開しちゃいます。全4回。

<3通目>

©cero

こんにちは、ブルーノ。手紙ありがとう! 送ってくれた音楽、どれも最高!!

いいものを教えてもらえてとても嬉しいよ。なかでも、アレッサンドロ・アレッサンドローニは、全く知らない音楽だったので興奮した。このレコード、日本で探してみるね。

ぼくもレス・バクスターは大好き。日本のミュージシャンだと、細野晴臣にはやっぱりとても大きな影響を受けてる。彼は『はらいそ』やエキゾ3部作と言われている作品からYMOでの活動、さらにその先のアンビエント作品から現在の活動に至るまで、一見様々なジャンルを転々としているようでいて、実は音楽の芯は変わっていないと思う。

そういうスタンスに憧れているから、ぼくも恐れることなくいろいろなスタイルに飛び込んでいくつもりで音楽をやってるよ。

冨田勲もまさにスペース・エイジだね。ぼくが現在の日本でスペース・エイジ・ポップを感じる日本のアーティストを紹介するね。

© NEWHERE MUSIC

王舟 & BIOMAN『Senigallia』。王舟(Oh Shu)は、中国生まれのシンガーソングライター。2018年5月にBIOMAN(neco眠る)と共作でインストアルバム『Villa Tereze』をリリース。

© TUCKER

TUCKER『live-electone』。タッカーは、日本のエレクトーン奏者。70年代のエレクトーン、ターンテーブル、ギター、ベース等を一人で駆使するマルチパフォーマー。

© YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER『SWEET NIGHT DEW』。ヨッシー・リトル・ノイズ・ウィーヴァーは、日本のミュージシャンYOSSYとicchieによる日本の音楽ユニット。

11月3日のイベントが近づいてきたね。つま恋リゾートで会えるのが楽しみ!

――髙城晶平(cero)

取材協力 髙城晶平(cero), Bruno Pernadas, FRUE
翻訳 Shiori Yamaguchi

<出演情報>

■開催日時
11月3日(土)開場/開演 10:00 終演 27:00
11月4日(日)開場/開演 9:00 終演 20:00

■開催場所
静岡県掛川市 つま恋 リゾート彩の郷
【住所】静岡県掛川市満水(たまり)2000(
Google Map

■出演者:
Acid Pauli
Billy Martin
Bruno Pernadas
Campbell Irvine
Donna Leake
Lee Lang
NELS CLINE’S TRIO HADARRO feat. Chris Lightcap & Tom Rainey
Powder
Sam Gendel
speedy lee genesis
Sugai Ken
Theo Parrish
U-zhaan
Yamandu Costa
YEK by Mohammad Reza Mortazavi & Burnt Friedman
Yoshinori Hayashi
YOUFORGOT
悪魔の沼
髙城晶平(cero)
南蛮渡来
7FO

11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが...
11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが...
11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
2度目の開催なるか!? 大ピンチのクラウドファンディング中、FRUEは5月20日のAM2時に“呼びたいアーティスト”を集めて夢のプレイリストをつくった。資...
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
追加アーティストも発表! 7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
このアプリがあれば、地球上どこでも3m四方指定で待ち合わせができる。花見会場で電話しながら友だちを探し回ることも、シンデレラ城の前で迷子になることもない。...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
フィンランドでは、シナモンロールのことを「往復ビンタ」と呼ぶ
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...