ルルルンの「化粧水」と「フェイスマスク」。どっちも使いが美肌の正解!

『ルルルン』と言えばフェイスマスク。フェイスマスクと言えばルルルン。

“フェイスマスクは毎日する”というスキンケアの新常識を世に知らしめたのもルルルンではないでしょうか。

この蜜月関係を覆すような「新ルルルン」がお目見えです。

じゃーん。ブランド初となる化粧水「ルルルン ローション」。とうとう、化粧水もつくっちゃったようです、わくわく。

さすがはルルルン。たっぷり大容量にお手頃な価格と、やっぱりわたしたちの強い味方です。

洗面所がぱっと華やかになりそうなホログラムのデザインもかわいい〜。

さっそくチェックしてしていきましょう!

→気になる

フェイスマスク
だけじゃないんです。

「本当にいいものこそ、毎日使ってほしい」という思いから生まれた『ルルルン』。

2011年のデビュー以来、さまざまな肌タイプやシーンに合わせたフェイスマスクを展開してきました。その数、全部で43種類!

薬局やネットで買える気張らなさ&お手頃価格はもちろん、“最近ずっと調子いいかも”なお肌を叶えてくれる、かゆいところに手が届いたコンセプトも、わたしたちの心を掴んで離しません。

毎日使えて、毎日ちょっと嬉しい。すべてが等身大で、なんだかいい感じです。

とはいえ、毎日フェイスマスクってなかなか難しいですよね。とくに忙しい朝は、ちゃちゃっと済ませたいのが本音。

だから、「ルルルンローション」が登場したと聞いたときは、胸が高鳴りました。ルルルンは、いつだってユーザーの声に寄り添ってきましたから!

まず目を引くのが、500mlというボトルの大きさ。スペーシーなカラーリングと相まって、売り場でもひときわ存在感放ってます。

フェイスマスクの使用感をより手軽に味わえるなんて。しかも、1200円とお財布にもやさしいお値段。

その懐の深さに頭が上がりません。

→今すぐ欲しい!

「基礎力」の高い肌に!

フェイスマスクでその実力は周知のこととは思いますが、さすがルルルン。「ルルルンローション」だって成分までとことん、こだわってますよ。

潤いのある肌のカギとして、ルルルンが目をつけたのが「タイトジャンクション」と「ビタミンD」。

肌細胞の密着構造「タイトジャンクション」は、肌内部の層のひとつ。外部からの肌ストレスの侵入や内からの水分の蒸発なども防ぎます。

一方、骨や歯を丈夫にしたり免疫力を高める働きがあり、 からだに不可欠な成分「ビタミンD」。ビタミンDがタイトジャンクションに働きかけ、バリア機能を高めるわけです。

しかしこのビタミンD、厄介なことに日光に含まれる紫外線を浴びることでつくられるんだそう。だから、日焼け対策を念入りにしている人ほどビタミンDは不足しがちわけです。うーむ。

そこで「ルルルンローション」は、ビタミンD様作用をもたらす「シャクヤク花エキス」をオン。細胞レベルでアプローチし、基礎力の高い肌をつくり出してくれるんですって!

ちょっと、素晴らしすぎやしません?

→もっと知りたい

植物パワーで
さよなら肌トラブル

「ルルルンローション」には、白キャップのさっぱりクリアタイプと、黒キャップのモイストタイプの2タイプが揃います。どちらも魅力的ですね。

まず、皮脂やテカリを抑えたい人におすすめなのがクリアタイプ。レモンマートルエキスが、肌バランスをととのえてなめらかな透明美肌へ導きます。さっぱりした使用感なので、ベタつきが苦手という男性もこれなら手を伸ばしやすいのでは。

乾燥が気になるならしっとりモイストタイプでしょう。干ばつにも耐えうると言われるジャノヒゲ根由来のエキスが、お肌をしっかり保湿してくれます。

顔につけるものだからこそ、植物由来のやさしい成分でつくられているのは嬉しいですね。

→さっぱりクリアタイプはコチラ→しっとりモイストタイプはコチラ

フェイスマスクと化粧水
どっちも使いで無敵肌!

「ルルルンローション」だけでも十分ですが、もっときらめく素肌を手に入れたい人には、フェイスマスクとの併用をリコメンド。

そもそも基礎化粧品は、ライン使いがいいと言われていますよね。というのも、一緒に使ったとき、次のアイテムを受け入れる土台をつくるように設計されていて、それぞれの効果を最大限に引き出すことが期待できるんですって。

ルルルンローションとフェイスマスクも、配合成分などそれぞれが互いを補い合っています。1+1が2以上のパワーを発揮してくれるんです。

肌にとっては何かと過酷になってくるこれからの季節。『ルルルン』があれば、毎日ごきげんに過ごせそうですね。

→詳しくはコチラ
ルルルンに関する記事もチェック!
「ルルルン年賀状」は、ルルルン1枚入りのパッケージを年賀状に見立て、表面には住所を、裏面には自由にイラストやメッセージを書いたり、貼って楽しめる付属のデザ...
近未来のスキンケアのあり方を象徴する「Neutrogena MaskiD」。これは、Johnson & Johnsonが発表した、3Dプリンターでフェイス...
この記事では、様々なニーズに応えた「フェイスシールド」を紹介。暑い、息苦しい、メイクが崩れるといったマスクのお悩みを解決するだけでなく、UVカットやメガネ...
「ナチュラシック」というボタニカルフェイスマスク。ボタニカルな美容液成分の良さもさることながら、肌触りや吸着度などが驚くほど素晴らしい。この、コスメ辛口の...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
韓国で口コミ数No.1を誇るLED美顔器「ECO FACE LIGHTING MASK」が日本に初上陸!美容大国・韓国で累計11万台を販売するその実力とは...
飛沫防止フィルターが装着可能な「フェイスガード」が新登場。本体は冷感素材を使用しており夏場のアウトドアやレジャーでも快適に過ごせる仕様。withコロナ時代...
アパレルブランドが手がけるマスクを中心に、見た目重視な「デザインマスク」をピックアップ。他の人と被らない、オシャレなマスクを探している方はぜひチェックを。
スポーツメーカーから続々と発売された話題の「マスク」「フェイスカバー」をまとめて紹介します。アンダーアーマー、ミズノ、ヨネックス、ニューバランス、アディダ...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
ニューヨークのデザイナーJoe Doucet氏は“サングラスと一体化したフェイスシールド”を設計。洗練されたデザインながらも顔を覆い隠すこのシールドは、マ...
「UFO」という化粧ガジェットは、フェイスパックと同じ効果を発揮してくれて、たったの90秒で顔のケアができるようです。男性へのプレゼントなんかにもアリかも...
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
マスクにつけるアクセサリー「マスクチャーム」のおすすめ5選です。マスクチャームのタイプやお気に入りが見つからないときのヒントもご紹介します。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
「Gap(ギャップ)」「Banana Republic(バナナ・リパブリック)」からフェイスマスクが登場。環境に配慮し、肌に優しいコットン100%でできた...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
肌トラブルの原因になりやすい化学繊維や化学的加工を一切施さず、オーガニック100%のコットンを使用したこのマスクは、肌に優しく吸水性にも優れ、暑くて蒸れや...
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
Makuakeで販売中の、夏用マスクを「肌ざわり」「冷感機能」「通気性」「カラー」と特徴別にご紹介。大量生産ではない、こだわりの夏マスクをゲットするなら今...
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。