「あれ? 夏の暑さが気にならない……」驚くほど涼しいポロシャツ

あー、暑い。

やっと夏らしくてなって嬉しい反面、汗やらニオイやら気になることも増えてくる今日この頃です。

梅雨のときはあれほど恋しかった太陽だけど、いざギラギラされると結構しんどい……。クーラーも気持ちいいけれど、やっぱりカラダに負担もかかりますよね。

服だって、いくら涼しげな見た目や爽やかなカラーリングでも、汗だくでベタベタの着心地では身も蓋もなし。高温多湿の日本の夏を乗り切るには、機能性に優れた服がマストでしょう

触った瞬間、ひやっ。
着ているほうが涼しいです

これは、日本のメーカー「リベルタ」が作った「フリーズテック」のポロシャツ。

触れた瞬間、ひやっ。念のため、事前に冷蔵庫でキンキンに冷やしたりはしてませんよ。嗚呼、このひんやり感たるや……。すぐに体験していただけないのが残念です。

さらに風を受けると、ひやっ。あれ、エアコンついてる? ってくらい涼しいんです。

その秘密は、独自技術による特殊冷感プリント「フリーズテック」にあります。

裏地全面にエリスリトール・キシリトール成分配合の特殊プリントを施すことで冷涼感を実現。キシリトールのスーッとする爽やかさは、肌でも感じられるんですね。

→気になる

冠婚葬祭以外、ずっと着てたい。

風通しのよい「鹿の子生地」を使った仕立ては、さらりとした質感もさることながら、見た目もさわやか〜。

カラーバリエーションは、ホワイトとネイビーの2色。合わせやすいホワイトもいいけど、日本の夏を粋に過ごすならネイビーでしょうか。いずれにせよ、程よいカジュアルさと凛とした雰囲気は、街にもオフィスにも馴染むこと間違いなし。

あつーい日中のオンライン会議も、ポロシャツくらいのさりげなさがちょうどいいですね。

→さっそくチェック

夏にありがたい機能が
ぜんぶ詰まってます。

「フリーズテック」のすごいところは、まだまだあります。

涼しい室内から一歩外に出ると、モア〜ンと漂う外気にウッ……。

この寒暖差が夏バテ原因のひとつでもあるわけですが、この冷感プリントは、汗や水分に反応して、繊維の温度が下がるんです。つまり、汗をかけばかくほど、ひんやり感が持続的に感じられるということ。

嬉しいことに、ひんやり感だけではなく、速乾・紫外線カット・抗菌防臭まで兼ね備えています。日本の夏無双ですね。

さらに、首元を冷やしてくれる「ネックゲーター」も見逃せません。口元までカバーできるので、マスク代わりに使うのもあり。男性はロング、女性はショートタイプがおすすめです。

ランニングやジムでのトレーニングだってこれなら快適。自転車で感じる風も格別なはず!

日本の夏を愛するすべての人へ。

ポロシャツは洗い替えも含めて、ホワイトとネイビーを1枚ずつ。ネックゲーターはショートとロングを揃えるのがベターでしょう。

それから、衣類にシュッとひと吹きするだけで、ひんやり〜な冷感スプレーもあるんですって。アルコールフリーだから揮発しにくく、冷涼感が長持ちするのも嬉しい!

これほど暑さが気にならない夏があったでしょうか……。仕事帰りだってキャンプ帰りだって、すっきりさっぱり。

あのジメっと汗ばむ暑さを感じないだけで、1日の疲労感がまったく違います。なお、今回紹介したアイテムは、いずれも「VIVA NETWORK」から購入できますよ。

まだまだ暑さが続きそうですが、今年は「フリーズテック」で涼やかな夏をお過ごしください。

→詳しくはコチラ
クーリングウェアブランド「FREEZE TECH」から冷感マスクが登場。特許出願中の「特殊冷感プリント」によるひんやりした冷たさに加え、高い通気性や防臭効...
どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
夏のマスク着用時の不快感が少しでも軽減できるよう、素材に着目して夏マスクをピックアップ。「ひんやり冷感素材」でできたおすすめマスクを紹介します。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
寝具の販売・製造をメインにおこなう「西川」からマスクが登場。接触冷感素材と麻素材を使用した2種類は、暑い時期のベタつきや蒸れ感を感じずに過ごせる、夏にピッ...
繊維原料や衣料製品を扱う帝人フロンティアが高機能素材「クールセンサー」を搭載した夏用マスク「洗える!冷感マスク」を販売している。ひんやりするだけでなく、伸...
まだまだ暑い夏の“日常使いにちょうどいい洗えるマスク”をピックアップ。「呼吸のしやすさ」「涼しさ」「肌触り」「フィット感」「メイクの落ちにくさ」「価格(コ...
日本上陸は2014年。すでに知っている人もいるかもしれませんが、年々暑くなっている夏を見据え、いま改めて注目したい「iGUANEYE」のフットウェア。
まあ、ビーチへ行くとか、ビアガーデンで一杯やるとか、人によって夏の楽しみ方はいろいろあると思う。で、僕からオススメは……。
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
秋を知らせる鈴虫の声にも似ているとして、昔はその音を聞きながら暑い夏を乗り切ったとも言われている「風鈴」。中でも、音色もインテリアとしての見た目も楽しめる...
肌着メーカー「GUNZE(グンゼ)」から、「肌にやさしい洗える冷感布製マスク」が登場。肌触りがよく、長年に渡って肌に触れる製品を作ってきたこだわりを感じる...
この夏の救世主となり得るネッククーラー(首掛け扇風機)を4つ紹介。外出時はもちろん、自宅で使えば「クーラー病」や「電気代」の対策としても有効そうだ。
「Goldwin(ゴールドウイン)」から、スポーツシーンに最適なフェイスカバーが登場。
Makuakeで販売中の、夏用マスクを「肌ざわり」「冷感機能」「通気性」「カラー」と特徴別にご紹介。大量生産ではない、こだわりの夏マスクをゲットするなら今...
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
食事への集中を妨げる主要因となっているスマートフォンを手放し、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」。
夏を快適に過ごすためのマスクをまとめてご紹介。息苦しくない、蒸れない、通気性がいい洗える、というマスク探している方は必見です。もっと暑くなる前に、夏用マス...
電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマー...
だいぶ涼しくなってきたとは言え、まだまだ気温差も激しく、疲れが残りやすい人も多いのではないでしょうか。南国・宮崎の我が家には、そんな「バテ気味な人」にぴっ...
ブランドを象徴するポロシャツ工場で医療用マスクの製造を続けてきた「ラコステ」。先月17日に当面の目標として掲げてきた生産10万枚を達成。現在は、次なる目標...
スポーツ用品を販売する「アルペングループ」が、4ヵ月間で25万枚以上を販売したという「水着素材マスク」「冷感マスク」に続いて、今度は「秋冬用マスク」を発売...
創業90年の今治タオルのメーカーが独自開発。今治タオル認証取得済のこのマスクは、内側に冷感糸を使ったガーゼ生地を採用。