ポロシャツが出た!

汗のニオイの原因を中和するという「マキシフレッシュ®プラス」を使った〈MXP®(エムエックスピー)〉。Tシャツやアンダーウェアのイメージが強いこのブランドからポロシャツが登場。

どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。このポロもそう。

他のラインナップと同様にアノニマスな佇まいながら、ちゃんと台襟がついていてカジュアルになりすぎない。いかにも“機能性素材を使ってます”的な質感じゃなくて、見た目にはコットンジャージーのそれと変わらないところもうれしい。

今夏の快適な仕事着として重宝しそうだ。

5721905420042240

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
2010年に生誕60周年を迎えた、大ヒット漫画『ピーナッツ』。同年、それを記念して、「ラコステ」との初のコラボレーションが実現しました。そして、迎えた20...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
〈GOOD OL'(グッドオル)〉の「BASCKET SHORTS(バスケットショーツ)」は、サイドスリットからのぞくカラフルなインナーメッシュがアクセン...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
〈raregem(レアジェム)〉の「BANK ROBBER」。つまり、銀行強盗。ネーミングこそユーモラスですが、このレーベルのプロダクトは素材感を生かした...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
〈KHATA(カタ)〉のストール。意外性たっぷりの色使いと高級感ある素材にハマってます。ネパールで製作されているということで、エスニックな空気感は漂わせつ...
どんなに高級なボールペンでもインキが出にくくなることがありますが、この「ダウンフォース」はちょっと違います。書き出しからスッとインキが出るし、ペンを上向き...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
ストラップ付きスポーツサンダルの〈Teva(テバ)〉が20年ぶりに名作「ALP(アルプ)」を復活。足首までホールドしてくれるストラップは、脱げにくく歩きや...