180ヵ国で使用可能!最強の翻訳機「BABEL」が帰ってきた

昨年8月、「Makuake」に登場し、多くの支援を集めた翻訳機「BABEL」。このたび、さらに機能を増やし、旅行や語学学習、ビジネスなど、さまざまなシーンで利用できる「BABEL Pro」として帰ってきた!

前世代の機能をベースに、対応言語を拡大。多数の方言の翻訳も可能となり、180の国とエリアの言語・方言に対応する。しかも、翻訳にかかる時間はなんと1秒弱!スムーズなコミュニケーションが可能になるだろう。

英語や中国語、韓国語、フランス語など特定の12言語はオフライン翻訳にも対応。これらの12言語の使用人口は世界の約70%を占めており、適用範囲が広いため、多くの場所で電波環境がなくても利用できるよう配慮された格好だ。

また、前モデルのフィードバックを受け、言語学習の機能も搭載。知りたい単語や文章をデバイスに向かって話すと、翻訳し、模範的な発音を聞かせてくれる。復唱すると発音に応じて採点もおこなってくれるというから、スピーキングの上達にも活かせそうだ。

さらに、読めない標識わからないメニューなどをスキャンし、その場で翻訳する機能まで備える「BABEL Pro」。現時点での価格は1万9370円(税込)で、購入はこちらから。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
「Timekettle M2」は、音楽も聴けるイヤホン翻訳機。もちろん通話も可能。
「WT2 Plus」は、イヤホン型の翻訳機。使い方は簡単で、ひとつは自分、もう片方を相手に着用してもらうだけ。Bluetoothでアプリと連動させると、会...
アメリカと台湾のクラウドファンディングにて合計1億4千万円以上の支援を得た、話題沸騰中のスマート翻訳機「ZERO」が日本初上陸。
環境にやさしく長期的に使える。「スノーピーク」が先月26日から老舗「京屋染物店」とタッグを組んでつくった手ぬぐい生地のマスクを発売中。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
イスラエルのバイオ食品スタートアップ「Aleph Farms」が「イスラエル工科大学」と共同で、3Dバイオプリンティング技術を利用した培養リブアイステーキ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。