10年後に届く贈り物。「十年先への年賀状」受付開始

今から10年後の2031年元旦、指定した場所に、大切な人への想いが詰まった年賀状を届けてくれるサービス。

それが「十年先への年賀状」だ。

はがき印刷などのWEBサービス開発・運営を手掛ける「株式会社ソルトワークス」が、年賀状作成サイト「年賀家族2021」にて受け付けているこのサービスは、同サイトが開設から10年の節目を迎えるタイミングに、あらためて「年賀状のあり方」と自社の価値を見つめ直すなかで企画されたもの。

この先、人に想いを伝える方法がさらに多様化しても、年賀状がより特別で心に響く「おくりもの」であってほしい。そして、これまで同社のサービスを利用者してきた人々の「おくる相手を想う気持ち」をよりドラマチックに伝えるお手伝いができたら——。

そんな想いが込められているという。

家族パートナー友人といった大切な人へ、または自分に向けて......。今年は、いつもの年賀状とは別に、10年後のそれぞれの姿に想いを馳せながら、年賀状にメッセージを綴り、投函してみるのもいいかもしれない。

大切な人への変わらない気持ち感謝の言葉思い描く未来遺したい想いなど、あなたのその想いに贈る相手が触れるのは、そう、10年後

©2020 株式会社ソルトワークス

十年先への年賀状』

【特設ページ】https://nenga-kazoku.com/tenyearslater

Top image: © 2020 株式会社ソルトワークス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事