「死んだゴキブリ」を触らずに除去できるアイテム

生きているか死んでいるかは問題ではない。

ゴキブリ嫌いは、とにかくゴキブリが触りたくないんだ

ということで、この画期的なアイテム「ゴキすぅ~ぽん」を作ってくれた方に心から感謝したいと思う。

「ゴキすぅ~ぽん」は虫嫌いな株式会社バリアホームの代表取締役のアイデアを結集し、ゴキブリなどの害虫を苦手とする人を対象に開発されたアイテム。

掃除機の吸引力を利用してゴキブリを捕獲するシステムなので、死んでもなお油断できないゴキブリ(稀にまだ生きていることがある)に近づくことなく、ゴキブリとおさらばすることができる。

素晴らしい……。

具体的な使用方法は、まず掃除機の先端にこの「ゴキすぅ~ぽん」を装着。次に掃除機のスイッチをオン、死んだゴキブリを吸い取る。

吸い込んだゴキブリは、本体内部のフィルターと粘着剤により「ゴキすぅ~ぽん」内部に捕獲され、掃除機内に吸い込まれることはない

また、付属する特製フワフワボールを吸い込むことで、「ゴキすぅ~ぽん」の蓋となるので、仮に生きていたとしてもゴキブリを閉じ込めることができる上、ゴキすぅ~ぽんごと燃えるゴミとして捨てることができる

やはり、「ゴキブリ嫌いの気持ち」は「ゴキブリ嫌い」が一番よくわかってくれている。そんなことを感じずにはいられない最強ゴキブリ回収アイテム「ゴキすぅ~ぽん」。

これさえあれば無敵だ!いつでもかかって来い!……と言いたいところだけど、やっぱりこのアイテムの出番がないならその方がいい、それがゴキブリ嫌いのホンネである。

©2020 株式会社バリアホーム
©2020 株式会社バリアホーム

株式会社バリアホーム ショールーム

【公式ホームページ】https://barrierhome-showroom.website/

Top image: © 2020 株式会社バリアホーム
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
「ゴキブリの夢」良い意味、悪い意味の両方あります。そんなゴキブリの夢について、ゴキブリの大きさや数、夢の中での心理や行動、出会した場所別に夢占いの専門家が...
ゴキブリは梅雨が開けた頃、一気に活動を本格化させる。願わくは一生その姿形を見たくない。そう思っている多くの人たちのため、「ゴキブリに出会わなくてすむ」対策...
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
それは、人間も、動物も。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
まるで本物に見えるこれ、盗み食い防止用につくられたものなんです。お気に入りのポテチの袋を閉じておくときなんかに使える!と、ここまで言ったら、もうわかりますよね?
ストレスを感じたとき、ちょっと落ち着きたいとき、考えをまとめたいときに触ってリラックスするためのタマゴ型アイテム。
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
持ち運びが簡単で、充電もほとんど減らない殺菌できるアイテムがある。出先やオフィス、気になる時に気になるところで使用できるというから便利だ。衛生面で心配な旅...
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
「アートファイヤー」は、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、焚き火に放り込むと炎が虹色に変化します。
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
お気に入りの「マイアイテム」をアップデートしてみませんか?ストロー・綿棒・醤油など、みんなとは被らない自分だけの「マイアイテム」を探してみよう!
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
ウェブ用写真加工サービス「SnapCamera」にてローンチされたフィルター「Facejar」は、ユーザーが手で顔に触るごとに1ドルの寄付金を徴収するとい...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
「EUTOUR」は、木星とその衛星からインスピレーションを得た「触る時計」。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。