2021年、アップデートすべきは「水」かもしれない。

「水を飲む」という日常に欠かせない行動。その水に、少しこだわってみるのはいかがでしょうか。

鹿児島・霧島連山の天然水をそのままボトリングした「DECON」は、不足しがちなミネラルを補えて、しかも飲みやすい。

“ちょっといい水” にするだけで、体調も気分も今より心地よくなるかもしれません。

 

コップ1杯の水からはじまる
気持ちのいい朝。

朝起きてから水を飲むことには、たくさんのメリットがあるんです。

まず、寝ている間に失われた水分の補給。代謝を良くして、体内の余計なものを排出するデトックス効果もあるんだとか。さらに、水を飲むことで腸が活動をはじめて、目覚めが良くなるとも言われています。

1日の摂取目安量は1.2リットル。からだの60%を占めるのは水分です。病気になる・ならないだけではなくて、心とからだの、もっと広い意味でのウェルネスを意識するようになったからこそ、水だってからだが喜ぶものを選びたいですね。

→さっそくチェック

だるい仕事疲れ。
それってじつは水不足かも

硬水、軟水、水素水、イオン水などなど。最近はコンビニでもいろいろな種類の水が手に入るようになりました。とくに、ここ最近注目なのが「シリカ水」です。

そもそもシリカとは、コラーゲンを生成するミネラルのひとつ。シリカ水を選ぶようになってから、髪の毛にツヤがでたり、爪が割れにくくなった、という声も聞きます。

オフィスや家で長時間を過ごしていると、つい忘れがちな水分補給。水分不足になると血の巡りが悪くなり、疲労や倦怠感の原因にもなるんだそう。

だから、意識的に、こまめに、心とからだが喜ぶ水分補給を。改めて言うとなんとも普通ですが、本当に大切なことなんです。

 

→気になる

食事にも合う
飲みやすさが嬉しい!

DECONは、中硬水といって、鹿児島県と宮崎県に広がる霧島連山で採れた天然水。

口に残る後味やえぐみもなく、食事中も飲みやすいのは嬉しいですね。「ミネラルが多いと味がイマイチ」なんて思われがちですが、これは美味しい、ほんとに。

DECONは
部屋に “置きたくなる” 水

また、水をストックしている人も多いことでしょう。あれって結構、生活感でますよね。DECONはボトルのラベルもシンプルでおしゃれなんですが、段ボールもなかなかいい表情。むしろ見えるように置いておきたいくらい。縦置きでもサマになるデザインって、ちょっと新鮮です。

ちなみにブランドデザインを手がけているのは、建築家の半田悠人さんが代表を勤めるデリシャスカンパニー。グラフィックデザインや美術での課題解決を得意とする彼らならではの、新しい “暮らしの提案” を感じます。

毎日「DECON」を飲んでる自分……なんだかいい気分になりませんか?

→今すぐ欲しい!

あなたの家にも
DECON、置いてみる?

さて、気になるお値段ですが、1本あたり190円(定期購入なら150円)。いつもの水よりちょっと高いかもしれませんが、からだも生活の質もぐうんと上がるかもしれないって思ったら試してみるのはありかも。

ひょっとして、DECONを飲み続けることが、健康への近道なのかもしれませんよ。

→詳しくはコチラ

関連する記事

8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。
「サ水(さみず)」は、昨今のサウナブームの火付け役となった『サ道』の原作者であるマンガ家・タナカカツキ氏によるオリジナルデザインの富士ミネラルウォーター。
「サントリー」は、ナチュラルミネラルウォーターの新工場の名称を「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」に決定し、2021年春の稼働を発表。
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
リサイクル率が約97%というアルミ缶を使用した「ナチュラルミネラルウォーター・アルミボトル缶」が先月29日(月)から販売開始。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
7月10日、「Stündenglass」という企業が、重力を利用して煙を吸い込めるように設計した水パイプ「Gravity Hookah」の販売をはじめた。
海と山と大地のエキスを包み込んだ、中国・青島の「水餃子」について。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
そもそも、何をもって水出しなの?アイスコーヒーとの違いは?今さら聞けない水出しコーヒーをおさらいしながら、自宅でカンタンにつくれる3ステップを「Food5...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
遠い、だから美味い。芋焼酎の銘柄で知られている「霧島」の地に、宮崎を訪れた友人を必ず連れて行く手打ちそばのお店がある。宮崎と鹿児島の県境、霧島で営業するそ...
コカ・コーラが展開するミネラルウォーター「Dasani」が9月からアルミ缶での販売をはじめる。まずはアメリカ北東部で販売を開始し、2020年には全米規模に...
カナダ・バンクーバー発の『Hot Dog Water(ホットドッグ・ウォーター)』の紹介です。
「Mitte」はドイツのデザイナーによって開発された浄水器。これを“洗練”とか、“スタイリッシュ”なんて強調する気はないんです。それよりもこっちにグッとき...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじ...
10月16日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「EO mini」は、水道水を除菌効果のある水に変えられるガ...
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界感を直接体感できるイベント「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が、2021年も日本各地で開催される。
イスラエルを拠点にする飲料ベンチャー「O.Vine」が調査企業「OnePoll」と共同でおこなったという調査結果を発表。調査では、アメリカ人2000人に水...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
舞台は、鹿児島県の川辺町にある廃校の森。「大人も子どもも楽しめるデッキキャンプを作ろう」というプロジェクトが始動!
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
水の入ったペットボトルをセットし、ボタンを押せば、わずか2秒という驚異のスピードでお湯を沸かすウォーターサーバー「plus more ペットボトル式ホット...