サニタリーランジェリー「K+1%」から、日本の伝統色を使った「サスティナブルコレクション」が登場

サニタリーランジェリーブランド「K+1%」から新作がお目見え。

今回は、持続可能な方法で原料を調達していることから、“エコロジカルな素材”と定評がある再生繊維の「テンセル」を使用。

モチモチとしてなめらかな着心地吸水性抗菌作用にもすぐれた、環境とお肌どちらにもやさしい「サスティナブルコレクション」となっている。

©株式会社114

カラーは、日本の伝統色4種類での展開。

黄緑色のような「鶸(ひわ)」、赤紫色に近い「撫子(なでしこ)」、緑味のある青色をした「秘色(ひそく)」、黄褐色の「胡桃(くるみ)」という、上品で可愛いらしいラインナップだ。

©株式会社114
©株式会社114
©株式会社114
©株式会社114

ブラジャーのフォルムは「カクシュール」の1タイプで、ショーツは「サニタリー」に加えて「ブラジリアン」「タンガ」の3タイプが用意。

生理の日も、そうじゃない日も、いつだって“KireiとKawaiiに+1%”してくれる

©株式会社114
©株式会社114

現在、公式オンラインショップで販売中。詳しくはそちらからチェックしてみて。

なお、4月14日〜20日「京都伊勢丹」でポップアップショップが開催予定だ。

『K+1%』

【公式オンラインショップ】https://www.kplus1percent.com/

Top image: © 株式会社114
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事