「今夏の宿泊予約も可能!」Airbnbを本気でオススメする6つの理由

この夏の予定がまだ決まっていない人、必見!

いよいよ夏本番。でも、今からでは、いい部屋が取れないと諦めている人もいるのでは? でも、大丈夫。「世界最大の空き部屋シェアサイト」であるAirbnbなら、HPで旅の目的地と日程を入れて検索すると、今の時期でも空いている部屋がズラリ! Airbnbの会員になれば、いつでも世界中の部屋を借りて、宿泊することができる。

 

・・・と、ここまではあくまで概要。Airbnbの魅力は「世界中の空き部屋に手軽に泊まれる」というだけではない。ここでは、その魅力を紹介していこう!

■Airbnbの魅力①

「海外暮らし」を体験できる!

宿泊施設とは違って、Airbnbはあくまで現地の「部屋」。宿泊は旅行であると同時に「暮らし」に近い感覚が楽しめる。また、部屋の持ち主であるホストと友達になるチャンスもあるし、ガイドブックには載っていない現地の情報を聞き出すことだってできる!

【コラム】「語学に自信がない・・・」語学は必要なのは、予約時のメッセージのやり取り&カギの引き渡しのみ。むしろ、ホストは基本的に外国人とのコミュニケーションに慣れているので、語学上達の効果もある。「セキュリティが心配・・・」大丈夫。Airbnbのホストは実名登録だし、毎回ゲストからクチコミで評価され、投稿されたクチコミは削除できない仕組みになっている。

■Airbnbの魅力②

ユニークな部屋に泊まれる!

とにかくAirbnbで泊まることのできる部屋はバリエーションが豊富だ。それこそ、宮殿やお城、ツリーハウスに、雑誌に出てくるようなオシャレな部屋も多数。現在、提供している部屋は190ヶ国、50万都市にまたがっているが、ここでは、ほんの一部をピックアップして紹介しよう。 もちろん、気に入ったらすぐに会員登録して、この夏に泊まっちゃうコトだって可能だ!

airbnb_06

【ハワイ パホア】

オーガニックな果樹の楽園

1泊¥12,577

 

airbnb_shibuki_07

airbnb_shibuki_13

airbnb_shibuki_17

【オランダ アムステルダム】

豪華!ハウスボートの家

¥12,776

airbnb_shibuki2_07

airbnb_shibuki2_14

【アメリカ アトランタ】

人里離れたツリーハウス

¥29,065

airbnb_shibuki2_05airbnb_shibuki2_13

【スペイン バレアレス諸島】

とってもユニークなコンテナハウス

1泊¥12,067

airbnb_shibuki_14

airbnb_shibuki_09

【インドネシア バリ】

ウブドのバンブー・エコ・コテージ

¥6,870 airbnb_shibuki2_03airbnb_shibuki2_03

【コラム】「部屋を借りるってことは、ホストと共同生活になるの?」もちろん、そういう部屋もあるが、じつは登録されている多くが一軒家まるごとの貸し出しとなっている。なんとも贅沢〜!

Airbnbの魅力③

ズバリ、安い!

HPには「えっ、この部屋がこの値段で!」と驚くような部屋がいっぱい。

 

 

Airbnbの魅力④

予約が簡単!

「ホストがいる部屋を借りる」というと、面倒なイメージがあるかもしれないが、Airbnbに限っていえばとってもシンプルだ。基本はホテルの予約と同じ。唯一違うのは、ホストへメッセージを送って承認をもらうプロセスだけだ。

 Airbnbの魅力⑤

ビジネス使いもOK!

海外では、ノマドワーカーやクリエイターの愛用者も多いAirbnb。安い部屋が多く、長期滞在にも便利な上、デフォルトですべての予約に領収書が付いてくることもあって、ビジネスユースにもオススメだ。

 Airbnbの魅力⑥

知らないのは日本人だけ!?

日本ではまだあまり知られていないが、Airbnbは世界的なムーブメントになっている! その勢いを象徴するニュースとして、今年4月には、ウォールストリートジャーナルが企業としての評価額を約1兆円(!!)と見積もり。先のブラジルW杯では、同国を訪れた観光客のうち、5人に1人が利用したという統計もあるぐらいだ。

【コラム】「アノ有名サッカー選手も注目してる?」ブラジルW杯開催中に話題になったのが、元ブラジル代表のロナウジーニョが「自身の豪邸をAirbnbを利用して貸し出す」と発表したこと。提供されたのは、リオデジャネイロの高級住宅街バーハ・ダ・チジュカ地区にある自宅で、ベッドルーム5室にバスルーム6室を備えた大豪邸! お値段は一晩3万4350レアル(約160万円)だった。

Sponsored by Airbnb

2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
約5,000円から支援可能です。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
今年は一歩進んだ、いつもと違うハロウィンを過ごしたいという人におすすめなのが、Airbnbを通して宿泊可能な「リアルお化け屋敷」。紹介する5つの場所は、ど...
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
カリフォルニアに位置するジョシュア・ツリー国立公園内というロケーションです。内装も抜群なのですが……。
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
ポツリと1軒だけ建っているツリーハウス。一体どこの荒野?と思いきや、意外にもここはハワイ。とは言っても、見ての通り青いビーチが広がっているわけでもなく、リ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...