【女子必見】見極めるポイントはココだ!素敵な「お父さん」に共通する13のコト

「この人はパパになるの向いてるかしら?」なんて思ったことはないだろうか?

あなたの恋人がパパに向いてるかどうかは気になるところ。そこで、今回は素敵な「パパ」に共通する13のコトを紹介しよう!

1.些細なコトに気づいてくれる

「あっ、髪切ったんだね。」微妙な変化などに気付く敏感さは、パパにとって大切なものだ。そういう人は、奥さんや子どもに細やかなケアをすることができるだろう。

2.子どもみたいに好奇心旺盛

「これ面白いねー!」子どもは遊びが大好きだ。遊び心のある人は、子どもにとって遊びの先輩にもなってくれる。なんでも好奇心を持っているパートナーは、良き夫になるはず。

3.包容力がある

「何が起きても大丈夫!」パパは多くの場合、一家の大黒柱だ。家族に何かあれば、ちゃんと対処しなければならない。

たとえ、強いプレッシャーの中にあったとしても、冷静さを失っては愛する家族を守ることは難しいだろう。

4.浮気は絶対にしない

「他の人には興味無い!」浮気はパートナーだけでなく、子どもの心にも大きな影響を与える。もしかしたら、それは一生のキズになってしまうかもしれない。

5.物知り博士である

「そういう時はこうすればいい!」やはりパパは経験豊富であったほうがいい。パパは子どもにとって、1番頼れる存在なのだ。たくさんのことを知っているパパは、尊敬される。

6.子どもを見ると、いつも近寄る

「やっぱり子どもってかわいいなぁ」もともと子どもが好きな人は、自分の子どもに対しても多くの愛情を注いでくれるだろう。

7.親戚の子どもへの配慮もステキ

「今年もお年玉を用意しなきゃ!」親族の姪や甥をかわいがっている人は、良いパパになるだろう。そういう人は、どのように子どもと接すると良いのかを分かっている。

8.いつも子どもが寄ってくる

「子どもと遊んでたら、遅れちゃった・・・」子どもが好きなことも重要だが、子どもの方からも好かれることは重要なこと。そういう人は、自分の子どもからも好かれるだろう。

9.変化を受け入れ、むしろ楽しんでいる

「なるほど、そう来たかー!」パパたるもの、たとえ新しい出来事であっても臨機応変に対応することが必要だ。なぜなら、経験豊かであっても、人生では次々と新しいことが起こるもの。

10.お酒は好きだが、飲みすぎない

「夜はあんまり飲み歩かないんだよね」やっぱり、外で遊んでばかりで帰って来ないパパよりも、マイホームパパの方が子どもにとっては良いだろう。

11.相手の話をよく聞く、「聞き上手!」

「どうしてそんなことするんだい?」たとえ、何か腹の立つことがあっても、ちゃんと相手の話を聞くことができる人はパパに向いているだろう。

昔ながらの頑固おやじも良いかもしれないが、頑固さと包容力や思慮深さは両立するものだ。

12.何事も継続している

「もうかれこれ10年くらいかな」たとえ、どんなことがあっても変わらずに継続して、愛情をかけてくれる人がパパには向いている。時として、子どもは親を裏切るものだ。見返りを得ることができないからといって、態度を変えるようではパパ失格だろう。

13.人を巻き込む力がある!

「これ一緒にやろうよ!」子育ては共同作業だ。学校や地域の付き合いなど、他人との様々な連携が必要になってくる。

だから、友人や家族などとの共同作業が得意かどうかは、パパに向いているかどうかの重要な指標になるのだ。

Reference:10 Signs He’s Going To Be A Great Father, Not Just A Great Boyfriend on ELITE DAILY

「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
自分で「選ぶ」ということ、「選ばない」ということ。
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
「男は浮気する生き物」と諦めている女性もいるかもしれません。でも「Thought Catalog」で紹介されたのは、浮気をせずに恋人との関係を長く続けてい...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
浮気者はパートナーに対して全く悪気がないのでしょうか?擁護するつもりではないけれど、やめたいと思ってもやめられない人もなかにはいるはず。今まで「浮気する恋...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
今付き合っている相手が本当に今後も一緒にいられる相手かどうか、見極めるための判断基準はどこに?参考にできる記事がある。「Elite Daily」が、心理療...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
ロンドン大学の論文によると、「嘘をつくほど、罪悪感を感じない脳になっていく」ということが明らかになっています。今回の浮気よりも、次回の浮気レベルが同じ、も...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...
どことなく上品で笑顔を絶やさない、素敵な女性に憧れるものの、ガサツな自分には無理!と思っている女性のみなさん。それはもったいないことです。あなただって「素...