理想の会社はどこにもない。仕事のやり方をリセットする10の言葉

これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ』(日本経済新聞出版社)だ。

Vol.3では、そのなかから「古い仕事のやり方をリセットする」に関する言葉を紹介。

自分自身を鼓舞したい時、一歩前へ踏み出すきっかけを探している人へ。


001.

「やらされている」

「やりたい」の間には、

とてつもなく大きな差がある

「つらくて仕方がない」とか「やらされている」と思って仕事をしていたら、ストレスばかり溜まってしまう。「どうやったら楽しくなるか?」を考えるのもひとつの方法。自分が「やりたい」と思える会社や仕事を探すのもひとつの方法。

002.

仕事を「苦行」

と考えている限り、

いつまでたっても仕事で

幸せを得ることはできない

nomad

「苦行」という発想を続けていては、永遠に「仕事はつまらないもの」のまま。

003.

プロフェッショナルとは、

価値を生み出すことができる人

上司にいわれたことだけやっていても、そこに新たな価値は生まれない。価値を生まない単なる労働力は、いつでもほかの誰かに代替可能だ。

004.

「朝までに・・・」

という考え方は、

単にゴールを「先延ばし」

しているだけ

集中や工夫で効率化すれば1時間でできる仕事を、「朝まででいいや」という気の緩みによって、ダラダラモードでしてしまうことが問題。「緩いゴール設定」がもたらすのは、単なる時間の無駄遣いだ。

005.

「忙しい、忙しい」

と言うことは

「これが限界です」

と言っているのと同じ

「忙しい」とは、単に仕事に「流されている」状態だ。「忙しい自慢」は、自分の成長を止めるだけ。

 

006.

 

常時、「今よりもっといいやり方」を模索するのは当然のこと

積極的に変化を受け入れないと、今以上の自分には成長できない。変化に対する抵抗勢力になって、改ざん、成長を忘れてしまうことで困るのは自分自身。それよりも、さまざまな環境を革新していく側に立ったほうが、よほど明るい未来が待っているのだ。

007.

「人の時間を奪ってしまう」ことは大きな罪

nomad

欧米では、人に時間を奪われる、ということに非常に敏感だ。彼らは、人が待っている「時間」をとても大事にする。

008.

仕事の向き不向きなど自分では

わからない

たとえば、編集がやりたくて出版社に入った人が営業に回されて、現在は営業のスペシャリストとして大活躍している。こんな話はよく耳にするものだ。

009.

20代から30代前半までは特に、

「会社で働くとは投資である」

という認識を持つべきだ

nomad

大切なのは、「お金を払ってでも働きたい」会社で働くこと。就職、転職も経済活動である以上、「給料ではなく、自分がどれだけ力をつけられるか」という基準で会社を選ぼう。

010.

「どこかに理想の会社がある」

という幻想

airbnb

今いる会社の文句を言う人は、どこにいても文句を言う。どんなよい会社にも必ず悪いところはあるもの。隣の芝生が青く見えるようでは、望むようなキャリアを歩むことはできない。

LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ
コンテンツ提供元:本田直之

自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
まるでルービックキューブのような形をした新しいキューブ型デバイス「WOWCube」が発表され、ありそうでなかったこの革新的なデバイスに大きな注目が集まって...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
応援購入サービス「Makuake」に、8in1の多機能シャベル「wild 8」が登場。アウトドアユースや防災用にひとつもっておいて損ナシの一品。
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。そん...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
『thé to thé(テトテ)』は、あなたの専属ティーコンシェルジュとして、月曜日から金曜日までの平日の1週間それぞれにぴったりのお茶をセレクト。しかも...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
若さは、なににも変えられない財産に違いない。そして、老いることを決めるのは、いつでも自分なのだと思う。
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
アインシュタインは物理学者としてだけではなく、哲学者としてもその才能を十分に発揮していて、彼が残した数々の言葉は、今なお語り継がれています。ここでは「I ...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...