紳士服

自宅に居ながら紳士服のカスタムオーダーがオンライン上で完結するサービス「Hi TAILOR」が先月からスタートしている。手軽にオーダー体験をしてもらいたい...
「I Heart Intelligence」にまとめられた紳士の見極め方。はっきり言って、特に目新しい項目はないかもしれません。でも、それだけジェントルマ...
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
男性の草食化が叫ばれて久しい、今日この頃。巧みにリードしてくれる「ジェントルマン」不足に嘆いている女性も、少なくないのでは?一方、男性にとってこれはチャン...
自分勝手な元カレに振り回されて疲れ果てた・・・次に付き合うのは紳士的な男性がいい!と考えているあなた。でも紳士的な男性って、具体的にはどんな人のことを言う...
あなたが付き合っている男性、もしかしたら女たらしかも!?そんな気になる真実を確認するために、女性ライターLauren Martinさんが書く「Elite ...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
2016年1月、お母さんと月に1度の「デート」をしている男の子の写真がFacebookに投稿されました。日々お手伝いをして稼いだお小遣いで支払いを済ませよ...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...
アメリカの研究によれば、別れを告げるときは、必要最低限の優しさ、且つストレートに言うのが、相手を傷つけるリスクが低いそうです。ここでは、言うべき具体例を含...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
もし、服が自分の感情を表現してくれたなら…。それを実現させたのが、スマートコミュニケーションウェアの「ACT」だ。この服は、特殊な電子回路を搭載。抱き合っ...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
スイスのメーカーが開発した「Chairless chair」は、背中からかかとまで続く拘束具のような風貌。これ、中腰になるとロックがかかり固定されることで...
所々焼けて白んでいたり、黒く煤けていたりする。その傷跡ひとつひとつが、炎に立ち向かっていった勲章。たくさんの命を救ってきた服が現場での役目を終えたあと、カ...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。