少年野球のレギュラーに一度もなれなかった少年が、最後の試合で両親に伝えた言葉とは?

「頑張れば、いつか願いは叶う」なんて言っても、理想と現実の間に立ちはだかる壁はとても大きい。でも、それでも・・・。

ここで紹介する物語は、夢を追いかけるひとりの少年と、それを温かく支える家族を描いたもの。すでにYouTubeでは100万再生目前! 今、もっとも人気のある動画のひとつです。

strada

strada

小学6年生の翔太君。将来の夢は野球選手になること。

strada

「頑張れば、きっと夢は叶う」と信じ、ひたむきに練習をしますが、現実は厳しく、試合に出れない日々が続きます。

strada

見かねた両親は「もう、辞めさせたほうがいいのか」「家族の期待がプレッシャーになっているんじゃないか」と思い悩みます。

strada

けれど、それでも頑張る翔太君の姿を見て、

strada

strada

野球に関するテレビ番組があれば録画をし、

strada

毎週末お弁当もつくり、送り迎えをし、応援します。家族みんなで支え続けます。

strada

strada

そして、小学校生活最後の試合の日。「今日こそは」と家族みんなが祈りますが・・・。

strada

strada

翔太君の名前は、最後まで呼ばれませんでした。

strada

帰り道。沈黙の車内で、翔太君はおもむろに口を開きます。

「今までありがとう。毎週送り迎えしてくれて。お弁当作ってくれて・・・」

strada

strada

この動画は、Panasonicのブルーレイディスクプレーヤー内蔵カーナビ「ストラーダ 美優Navi(ビューナビ)のスペシャルサイトで公開されているWebムービー。

夢の大切さ、そして、家族のあたたかさを改めて実感できるストーリーが、感動をよんでいます。

翔太君の最後の言葉は、本編でチェック!

じつはこの動画は、短編映画界でその名を知られる金井純一監督によるもの。 CMの枠を越えたショートムービーのような完成度の高さ! 今すぐ動画で見てもらいたい作品です。

Sponsored by Panasonic

ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
コーチが「ネイマール!」と叫ぶと、サッカー少年たちがわざと転んで痛がっているふりをする動画がYouTubeで公開されました。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
王子様と女の子が恋に落ちてハッピーエンドを迎えるのがおとぎ話の王道。だけど自らもLGBTであるAdam ReynoldsとChaz Harrisのつくった...
もし今日死んでしまうとしたら、誰に何を伝えたいですか?自分の思い出の中に、伝えられなかった言葉はどれくらいありますか?人は、したことよりもしなかったことの...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
約3か月前に、米ノースカロライナ州シャーロット市で撮影された、一枚の写真。パトロールをしていた警察官ティム・パーディは、たまたま駐車場にいたひとりの少年を...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
今年のハロウィンに父親に仮装をした6歳のNathanくん。普通なら、ヒーローやモンスターを選びそうなのに、彼は弁護士でも医者でもない、なかなか帰ってこない...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
好きな人に伝えるときこそ、この言葉はきっと、ふさわしくないから。
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...