デキる人が、家選びで絶対譲らない6つのコト

ひと昔前、“デキる人”と言えば、ただただ仕事がデキる人を指していた。でも、今はちょっと違う。ワークライフバランスといった言葉に代表されるように、仕事だけでなく、暮らし全体を見据えて、何が自分にとって、あるいは家族にとって大切かを理解している人こそが、現代における“デキる人”だ。ここで紹介するのは、そんな“デキる人”が家やマンションを選ぶ際、大切にしていること。

今まさに住まいを探している人、将来的に住まいを探す予定がある人、さらにはライフスタイルという言葉に少しでも興味がある人へ。

01.
外見じゃなくて「中身」

208c5a59525d1d67083ad98e5f9088bda974281f

住まいの外見は大切だ。「帰り道、自宅を見てホッとする」という人も少なくない。でも、外見ばかりを気にするのは違う。やはり重視すべきは中身だ。
住宅やマンションの中身は、外見よりも直接的に暮らしに関わってくる。例えば窓から見える景色や室内をすっきり見せる豊富な収納などは、ポイントになるはずだ。

だからこそ、デキる人は外見だけを見ずに「中身が自分に合っているか?」を重視する。

02.
単純な価格よりも
「費用対効果」

368ff47338008e3792dffa70e2cc1d4220aa0ce7

たいていの人は、住まいを単純に価格で判断する。でも、デキる人は、より総合的に「費用対効果」を考える。
それは立地や部屋の広さだけではない。子どもがいる人なら、地域の学校の教育方針を調べるだろうし、スポーツを楽しむ人なら、近隣の施設やアクセスなども調べるはず。自分の暮らしに関係する種々の要素を加味した上で、高いか安いかを判断する。

住まいを選ぶということは、その地域全体を選ぶということにほかならないからだ。

「太陽のマルシェ」@勝どき
大小様々なタイプが立ち並ぶ勝どきで月1回のペースで行われている「太陽のマルシェ」は、全国の農家から出店がある、日本最大級の都市型マルシェ。こういった地域の生活に彩りを添えるイベントの有無も、住まい選びの参考にしたいところ!ちなみに次回の開催は、2015年4月11日(土)12日(日)だ。

03.
今だけではなく、
20年先、30年先を考える

B0b847a023cea2acf555be44dec4ca66283b1fda


家族で住まいを選ぶ際、多くの人は「子どものため」を考えて、地域や間取りを見る。それは一見、将来のことを考えているようだけれど、実際には“近い将来”でしかないこともある。
例えば、子どもが家で過ごすのは約20年。でも、住まいで暮らすのは、それ以上かもしれない。だからこそ、もっと先の自分たちの将来も考えなくてはいけない。

経年変化ではなく、「経年優化」していくイメージ。家族構成やライフスタイルがどんなに変化しても、愛着が持てるような住まいを選ぶためには、子どもたちはもちろんのこと、自分たちも暮らしを楽しめるという視点で住まいを選びたいところだ。

04.
一般論に流されず、
自分たちにとって大切なことを
第一に考える

83464bb91f6aaefd7ceb865f41ff5e616be95a37

住まい選びは、それが賃貸であれ、分譲であれ、大きな買い物になる。多くの人にとって、一生のうちに何度もあることじゃないだけに、一般論に流されてしまいがちだ。「このエリアは、自分たちの世代に人気があるから」とか「家族構成を考えると、これぐらいの間取りは絶対必要」などなど。
でも、デキる人は、そんな一般論よりも、自分たちにとって何が一番大切かを考えて住まいを選ぶ。「ライフスタイルを考えると、郊外よりも都心に暮らすほうがいい
」あるいは「利便性よりも、地域の文化を重視したいから、少しぐらい仕事場から遠くてもいい」と、基準を自分や家族の暮らしに置く。

05.
会社との距離よりも、
隣人との距離を!

A03a0d9856ef9ed586bf7174bd70601634370430

最近は都心回帰と言われて、仕事場に近いエリアを選択する人が増えてきている。通勤時間が短いのはメリットに違いないが、それだけを判断基準にするのは考えものだ。
豊かな暮らしを考えた時、大切なのは会社との距離よりも、隣人との距離だったりもする。いくら便利な場所でも、隣人の名前も顔も知らないような住まいが、暮らしやすいだろうか? とくに子育てを考えた時、その答えは明確になってくるはず。

今、あらゆる地域で「コミュニティ」が叫ばれているのは、生活の軸足となる場所に、ちゃんと人と人のつながりがあったほうが、暮らしやすいからだ。 その本質を知った上で、あらためて「会社との距離よりも、隣人との距離を!」

「空シェア活動」
プライバシー重視のマンション生活――そんなイメージは徐々に崩れつつある。例えば、三井不動産レジデンシャルが住民と開催した「空シェア活動」は、タワーマンションのパーティールームやスカイラウンジで、マンション住民が外部の人々を招いて、ワークショップやイベントを行うというもの。今後も各地のマンションで開催していく予定だ。マンションに住む人同士や周辺地域の人々がつながっていく。そんな新しい試みが活発化している好例だ。「空シェア活動」の詳細はこちら

ここに挙げた以外にも、ポイントはたくさんあるだろうし、人によっても異なってくる部分もあるかもしれない。でも、いずれにせよ住まい選びを考えることは、暮らしについて考えることにつながる。コレ、とても大切なことだ。

「すまいとくらしの未来を考える」
三井不動産レジデンシャルでは、
そんな活動を日々行っています。


btn_mitsui_150325

Sponsored by 三井不動産レジデンシャル
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...