スマホ利用料金が1年間で数万円安くなるケースも!「SIMフリー」のメリット&デメリットのまとめ

「スマホの料金、負担が大きいけど、仕方ない」と諦めてませんか?  たしかに、スマホの使用頻度を減らすっていうのは、なかなかできることじゃありません。

そこで注目したいのが、SIMフリーのスマートフォンです。ここでは、SIMフリーのスマホと格安SIMを扱う「楽天モバイル」を例に、そのメリットとデメリットを紹介していきましょう!

最近話題の「SIMロック解除」とは?これまで一部の機種を除いて、キャリア毎に決まったSIMカードしか使用できないようにロックされていましたが、この2015年5月以降に発売される機種に関しては、SIMロック解除が義務化されることが決定している。

メリット①
購入時に気になる本体価格
格安のものがたくさんある!

26,400円〜52,800円。これは楽天モバイルから発売されている6機種の価格帯(一括払いの場合)。例えば、iPhone6の16GBの定価が7万円台ということを考えると、かなりオトク感がありますよね。

メリット②
やっぱり最大の利点はコレ
月額料金が約1/3になる!

rakuten_001

本体価格が安いっていうのも魅力的ですが、なんといってもこれが一番大きなメリットじゃないでしょうか。
例えば1ヶ月30分通話の場合、NTTドコモの通話定額プラン+データSパック(2GB)なら月額6,500円となります。
一方、楽天モバイルでは通話SIM3.1GBパックプラン(1,600円)+「楽天でんわ」という通話料金が半額になるアプリを使用することで通話料が600円(30秒10円プランで月に30分通話した場合)となり、合計2,200円となります。
あくまで一例とはいえ、月額が約1/3というのは、誰もが惹かれるはず!

メリット③
安くても、しっかりつながる!
通信エリアはNTTドコモと同じ

安いと「その分、つながりにくいんじゃ… 」と考えるのは当然。でも、楽天モバイルに限って言えば、NTTドコモの回線を利用しているため、その心配は無用。LTEだって使えます!
そもそも、格安スマホ会社は通信設備を自社で持っていません。キャリアから通信設備を借りて、ネット接続を行っているんです。そう考えると、つながりにくいというイメージは、必ずしも当てはまらないわけです。

メリット④
乗り換えも安心
電話番号を変えなくてOK

rakuten_002

ここまでのメリットを読んで「今のスマホから乗り換えを検討したい」という人も多いのでは? となると、気になるのは電話番号。キャリア間の乗り換えと同じようにMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)ができるので、電話番号は今のまま使用可能です。

メリット⑤
使い慣れた機種を変えたくない!
SIMカードだけの購入もアリ

例えば、今使っているスマホを変えたくないという人もいるでしょう。その点、楽天モバイルには、こんなメリットも!
前述のようにNTTドコモの回線を使用しているので、iPhoneのSIMフリー版やNTTドコモのスマホなら、SIMカードのみを新規契約orMNPで差し替えて、サービスを利用するという手もあるんです。

メリット⑥
海外旅行でも大活躍!

rakuten_004

これは楽天モバイルの機種に限りませんが、SIMフリーのスマホは、そのまま海外旅行にも役立ちます。旅行先でSIMカードを購入すれば、現地の安い通信料で通話や通信が可能になります。
海外出張が多い人なんかも重宝しそうですね。

メリット⑦
導入推進のために
キャンペーンが多数!

まだ日本ではあまり馴染みのないSIMフリーの認知に向けて各社でキャンペーンが多数展開されてます。例えば、楽天モバイルでは今なら申し込み特典で、もれなく全員月額料金が1カ月無料キャンペーンを実施中(※)!他にもXperia™先行予約で5,000円分のEdyギフトがもらえる等、多数キャンペーンを実施中なので、SIMフリーを試す絶好のチャンスです。

※「1カ月無料」とは、楽天モバイルの月額料金が1カ月無料になることを意味します。無料期間終了後の月額料金は無料期間終了の翌月より通常料金でのご請求となります。
※ユニバーサルサービス料、通話料、オプション、SMSの料金は特典対象外です。
※スマホ端末の購入費用は特典対象外です。
※お申し込み受付期間中に楽天モバイルを"SIMカード"、もしくは"端末+SIMカード"でお申し込みの場合適用されます。 

デメリット
キャリアメールが使えません!

SIMフリーのスマホに格安SIMを差して使用する場合、当然のことながらデメリットもあります。そのひとつが、メッセージにやり取りを行う際に便利なキャリアメール(docomo.ne.jpといったアドレスのもの)を使用できないこと。日常でキャリアメールをよく使用している人などは、Gmailなどへ移行する必要があります。

SIMロック解除が義務化されることが決定し、これから増えていくことが予想されるSIMフリーのスマートフォン。ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

btn_rakuten_150430

Sponsored by 楽天モバイル

この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
9月10日、Appleが独自のストリーミングサービス「Apple TV+」をローンチすると発表。日本では11月1日から利用可能に。
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
スマホのサイズが大きくなってからはバンガーリングや、チェーン付きケースのように、+αで工夫するアイテムも増えているけれど、YANKO DESIGNの「スマ...
インド考古調査局は、ユネスコ世界遺産の「タージ・マハル」の入場者に利用時間の「超過料金」を求めると発表。2018年4月に決めた、一人3時間までとする入場ル...
iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i...
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
「ZAF SAUNA(ザフ サウナ)」は、座禅用クッション製造会社の「サカエ金襴」から新たに発売された「サウナ専用クッション」だ。
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
〈Apple〉の「Smart Battery Case」は純正だからこその機能を持っています。意外と知らない人が多いけれど、優秀なプロダクトです。
UNIQLOは、今までにない”新たなカタチ”を実現した店舗「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド」をオープン。ファミリーでの来店は特にオススメなお店だ。
ドイツの家具メーカー「DEDON」が提供するラグジュアリーなキャンプアイテム。そのなかでも最もアイコニックな製品「NESTREST」は、自然に溶け込みつつ...
iPhone 8/8 PlusやiPhone Xが「Qi」に対応したことで、ワイヤレス充電が注目されるように。でも、ネックなのは”置く”という動作。ここで...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...