レクサスが「ホバーボード」を発表!『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』よりかっこいいかも・・・

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したホバーボードが遂に登場!?しかも発表したのはあの人気自動車ブランド「レクサス」だ。まずはこの動画、必見!

颯爽とスケボーで流す男性。

85singo_スクリーンショット 2015-07-02 19.45.32

途中でおもむろにボードを降りると、その先に待っていたのは…。

85singo_スクリーンショット 2015-07-02 19.46.23

「レクサスホバーボード」だ!

85singo_スクリーンショット 2015-07-02 19.47.09

脚を置くと…。

85singo_スクリーンショット 2015-07-02 19.47.42

残念ながら動画はここまで。かなり気になるところで終わってはいるものの、HPを見るとこんな技術説明が書かれている。

「レクサスホバーボードは磁気浮遊を利用して、摩擦のない動作を実現しました。液体窒素で超電導体を冷却し、磁気を安定させることで、不可能を実現させました」

さらに、デッキに使われているのは天然の竹だという。液体窒素の影響か、白い煙が出ているのも印象的。

85singo_スクリーンショット 2015-07-02 19.17.51

85singo_スクリーンショット 2015-07-02 19.18.01

85singo_スクリーンショット 2015-07-02 19.18.11

これは、レクサスがグローバルブランド広告と銘打って打ち出しているCMシリーズ「AMAZING IN MOTION」の1作。

同シリーズでは、ホバーボード以外にもいくつか動画作品を公開しているが、どれも未来を感じさせるものばかり。

CM作品と侮ることなかれ。今の時代何が起こるのかわからないもの。以前、「The Hendo Hoverboard」という磁気浮遊するホバーボードが発売され話題にもなった。

ちなみにレクサスの動画のタイトルはこうだ。

「レクサスは本当に乗れるホバーボードを創り出しました」(Lexus has created a real, rideable overboard)

折しも、今年はホバ―ボードが登場した映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、未来として描かれていた2015年。 タイミング的にも、期待してしまうCMだ。

Licensed material used with permission by Lexus International

2015年は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の年!そのせいもあってか、作中に出てくる「ホバーボード」に関する話題が後をたちません。少し前にレ...
コレは大ニュース!宙を浮くスケボー、「ホバーボード」が遂に現実に! Reference:KickstarterSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に...
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が描いた年である2015年ももう年末。ですが、ギリギリのところに来てまた新たな「ホバーボード」が発表されまし...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティが向かった30年後の未来。それが2015年だったって知ってました?タイ...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
何だコレ?ダサかっこいい!プッシュして進む姿はスケボーのようだし、2輪でハンドブレーキがついているメカニズムはチャリのようだ。あるいは、正面を向いたまま走...
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
「シネマコンサート」は、大スクリーンで映画を上映しながら、劇中に流れる音楽をフルオーケストラが演奏するイベントです。ヨーロッパやアメリカで人気を博した後、...
俺らの世代、中坊(中学生)の時のヒーローは、吉川晃司だった。グラサン、片側がハネあがったヘアースタイル、ピンクのスーツに細身のネクタイ、そして、バック宙。...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...