滞空時間は6分!?「新型ホバーボード」が約240万円で販売スタート

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が描いた年である2015年ももう年末。ですが、ギリギリのところに来てまた新たな「ホバーボード」が発表されました!

今度は磁力ではなく、風力で浮いています。

どこでも浮く!
風力式「ホバーボード」

2015年12月24日に発表された「ArcaBoard」は、すでに販売中の浮くボード。ちょっとスケボーと言うにはサイズが大きめですが、36基ものファンが埋めこまれており、正真正銘風力式のホバーボードです。そのパワーはじつに272馬力にも及ぶとか。

もちろん水の上でも使用OK。"あのシーン"の再現だってできるかも。

バランスも
自動調整してくれる

スクリーンショット 2015-12-28 17.40.16Reference:ArcaBoard

どうせジョークでしょ?だってあんなに上手く乗りこなせるわけないじゃん!とまだ疑いの目で見てしまうのも無理はありません。が、どうやらスッテンコロリといかないようにスタビライザー機能付き。体重制限は最大110kgとありますが、安全に乗れるそうです。

最大時速20km
30cm浮く

85singo_AB_SpecificationsReference:ArcaBoard

もちろんスタビライザーはスマホやタブレットから解除可能。そうすれば、スケボーのようにして直感的に運動神経で操れます。さらに、スマホで遠隔操作もできるそうです。

モノとか置いて運べそうだなーなんて思いますが、スペックを見ると結構驚異的なスピードが出ます。サイズも145cm×76cm×15cm(縦・横・厚さ)とかなり巨大なので、もはやちょっとした車両ですよね。「魔法の絨毯」みたいにして座って乗っても十分楽しそう。

価格は約240万円(19,900ドル)と大物ですが、どこでも使えて一般の人でも購入できるとあって注目されているようです。配送開始は2016年春を予定。その他スペック詳細や注文はホームページから確認できます。乗ってみたいですね!

Reference:ArcaBoard

他の記事を見る
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したホバーボードが遂に登場!?しかも、発表したのはあの人気自動車ブランド「レクサス」だ。まずはこの...
コレは大ニュース!宙を浮くスケボー、「ホバーボード」が遂に現実に! Reference:KickstarterSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に...
2015年は『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の年!そのせいもあってか、作中に出てくる「ホバーボード」に関する話題が後をたちません。少し前にレ...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
1989年公開の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティが向かった30年後の未来。それが2015年だったって知ってました?タイ...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
Bella Foxwellさんのインスタアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。