経験者が書いた「鬱に負けない方法」。捨てるべきこととは・・・?

脳疾患分野の治療に定評のある製薬企業「ルンドベック・ジャパン」の調査によると、日本で働く人の10人に1人が鬱病を経験したことがあるのだとか。この結果の捉え方はさまざまですが、少なくとも「絶対に自分は大丈夫」と言い切れる数字ではなさそうです。

それならば、自ら危険を察知し、対策を講じたいところ。過去に鬱病を発症したElzbieta Pettingill氏が、自身のブログ「life realized」に書いた記事は、そのための大きな手がかりになるかもしれません。

鬱病の人は、過剰に他人を
喜ばせる傾向が見られる

shutterstock_137528336_R

他人に良くしすぎること、過剰に思いやること、親切にしすぎること。相手に認められるために、無理をして自分の意志に反する行動をとるのは、やめたほうがいい。
鬱病の人は、過剰に他人を喜ばせる傾向が見られる。そして、皮肉なことに、しばしば彼らの行動は、利己的で自己中心的だと見られている。

私は30年以上にわたり、自分は利己的でわがままな人間だと思って生きてきた。私が誰かに与えるものは何もなく、自分の考えは周りにとっては問題でないと思っていた。私の意見は他の人のものほど重要ではないと感じ、いつも他人の人生を生きていたかのようだった。
しかし、最終的に自殺未遂に起因する2度の脳発作を発症。そこで、私は他の誰かの人生を生きるのをやめ、自分の内面を深く見つめ直すことになったのだ。

「他人の人生」を
生きていない?
shutterstock_186208424_R

過去の私は、物事を理解して意思決定を行うには幼すぎた。だから、私の人生は大人によって操られていた。後に私は、自分に対して魅力的な何かを与えてくれる男性にしがみつき、未熟な大人になった。その時、私が気にしていたのは、他人の目だけ。

私は私ではなく、何者でもなかった。私を支配したいと思う人の"奴隷”だった。拒絶されることの恐怖が、自分よりも他人が利益を得るような方向へと追いやった。

それはとても疲れることだった。しかも、自分は最後にほんの少しの報酬を得るだけ。すべては、誰かが私の側にいてくれて、自分を気にしてくれるようにという願いのため。私に飽きてしまうまでの間だけでも、と思っていた。

しかし、避けられない問題が発生し、彼らが去った時はどうすればいい? もちろん、自分を責めることになるだろう。意識するかどうかは別として、自尊心が強化される。稲妻のような速度で負のスパイラルに落ち込み、「明日がなければ」と考えてより落ち込むことになるのだ。

周りを気にすると、
周りから気にされなくなる…

shutterstock_215806354_R

他人がどう思うかなんて気にする必要がある? そんなことに意味はない。あなたのことに意見するのは、この世界でたった一人。そう、あなただけ。あなたの愛情が一番必要な人は、あなた自身だ。

ただ、これだけは覚えておいてほしい。周りを気にしすぎると 、周りはあなたを気にかけなくなる。 あなたがいつも他人のために時間を使っていると、他の人はあなたのために時間を使ってくれなくなるもの。それについてを詫びることはなく、あなたの時間は、彼らの時間ほど価値がないように感じるはずだ。

そうして、変化を起こし始めると、周りの人からの抵抗が発生する。でも、問題ない。それを楽しんでみてほしい。信じられないと言わんばかりの彼らの表情を楽しみ、しっかりと見つめ返してやればいい。

自分のために生きる勇気を持ち、変化に対処する準備をするのだ。上司があなたを解雇した場合に備えて、無職になる恐怖を捨ててみて。そうして、あなた自身であり続けることに慣れてほしい。きっと、自分自身を知ることができるはず。自分のニーズや欲求を見つけ、諦めずにそれらを実行する。今まで何度も非難されてきたのだから、次はあなたがどれだけわがままになれるかを、他人に示す番だ。

罪悪感を放棄し、手放してみて。そして、あなた自身がナンバーワンになってみて。大胆に、自発的に。どんな状況でも、周りの人がどうあるかに関わらず、自分自身になることを学ぼう。それこそが、あなたが自分を愛し始める方法のはず。

Licensed material used with permission by Elzbieta Pettingill

「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
「鬱病」の実態はあまり知られていないのが現状。今回は、その原因と薬に頼らず克服する方法がまとめられた記事を紹介します。著者は、セラピストとして40年以上活...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
スティーヴン・ホーキング博士は、宇宙を語る上で無視できない天才物理学者。彼の人生を描いた映画『博士と彼女のセオリー』が話題になったことは記憶に新しいですよ...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
一体、どれだけの受験生がこのメッセージに励まされたのでしょうか。ここで紹介するのは、福島県の郡山駅で2016年1月15日(金)に撮影された「ある黒板」の写...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
「心の病」でありながらも、タブー視されがちなメンタルヘルス。メンタルヘルスをもっと世間に知ってもらおうと、自ら鬱や不安症と戦っている有名人たちの経験談を紹...
ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止め...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事...
何が自分を不幸にするのかを知ることが、幸せな生活を送るための第一歩。「Power of Positivity」のこの記事には、そうした内容がまとめられてい...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...
人生にはたくさんの試練が待ち受けています。あなたはその試練に立ち向かう強さを持っているでしょうか?どんなことにも物怖じしない、そんな強いメンタルさえあれば...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...