秋限定!絶品すぎるAfternoon Teaの紅茶とスイーツって?

パンケーキ、ポップコーン、カップケーキ、アイスキャンデー…。ここ最近でブームになったスイーツといえば、こんな感じでしょうか?
そして、単品で食べるスイーツなんてつまらない(!?)と、いわんばかりに2015年上半期はもっぱら「ハイブリッドスイーツ」がスイーツ女子の間で話題に。クロナッツやクロワッサンたい焼き…異なる2つのスイーツを掛け合わせた欲張りスイーツに人気が殺到しました。そんなハイブリッドスイーツも進化中。お次は「POP UP SWEETS(ポップアップスイーツ)」とやらがこのブームの予感…!
ここでは、その魅力をいち早く紹介しちゃいます。

想像しながら食べる
新体験スイーツ

150901_afternoon_02

■そもそも「POP UP SWEETS」って、ナニ

ポップアップスイーツとは、女性に人気のAfternoon Teaがオリジナルで生み出した、スイーツとティー、2つを一緒に合わせて食べるスイーツのこと。
ハイブリッドスイーツのように、見た目から掛け合わさっているのではなく、2つを一緒に食べることで、口の中で第3のフレーバーがポップアップ(=現れる)するのです。

第一弾は、キャラメルバナナコンビネーション

ポップアップスイーツ第一弾は、キャラメルバナナコンビネーション。キャラメルナッツミルフィーユとバナナティーをセットで楽しむメニューです。一体、どんな味になるんだろう…?ワクワクしながら、まずは一口、食べてみて。

食べるには、ちょっとした
“コツ”が必要なんです

ところで、上手にポップアップさせるには、ちょっとした“コツ”が必要なんです。

①まずは、バナナティーをひと口飲んで、広がる香りを楽しむ。②次に、キャラメルナッツミルフィーユを食べる。ここでのポイントは、パイとクリームを一緒に食べること!③で、もう一度バナナティーを飲む。

すると…アレアレ?「バナナカスタードパイ」のような味がしてくる!? 150901_afternoon_01

もちろん、ポップアップを体験した後は、ひとつひとつで食べてみてもOK。ミルフィーユとカスタードクリームの「サクサク×フワフワ」がたまらないキャラメルナッツミルフィーユ。
バナナティーに入っているバナナだって、ただの香りのアクセントではありません。ちょっと時間が経って紅茶の味が染み込んだバナナは、今までに食べたことのない味わい。ポップアップしなくても、どちらも絶品なんです。

POP UP SWEETSを
体験できるのは今だけ!

popupsweets

Afternoon Tea TEAROOM全店にて9月3日(木)〜11月4日(水)の期間限定販売。キャラメルバナナコンビネーションのポップアップを体験できるのは「今だけ」です。早速お店にいって、ブームを先取りしちゃいましょ♪

btn_afternoontea_150827

Sponsored by アフタヌーンティー・ティールーム

女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はウェブサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
山口県で150年以上もの間、日本の伝統的な調味料を作り続けている光浦醸造の『FLOAT LEMON TEA(フロートレモンティー)』。黄色のパッケージを開...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
鹿児島県のさつまいも生産量は国内第1位。現地で生産される品種の中でも、ブランド産品にもなっている「かのや紅はるか」に注目。その素材の甘さを楽しめる絶品スイ...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。