大渋滞の高速道路に現れたプロのオーケストラ。これはたまらない・・・

週末の高速道路。事故渋滞で上下線共に通行止の大渋滞。これだけでもう、巻き込まれた人たちの気持ちに察しがつくもの。ところが、ある4人の機転で、その場にいた誰ひとりイライラすることなく、渋滞解消までの時間を過ごしたそうです。

弦楽四重奏による
即興ライブ

スクリーンショット 2015-09-30 22.48.18

ことの発端は、イギリスの高速道路(M5)で、週末の渋滞に巻き込まれた馬運車の荷台が壊れ、馬たちが逃走したこと。これにより、上下線共に通行止の大渋滞が発生。
この渋滞に巻き込まれた車列の中に、イギリス南西部の街デヴォンでの演奏会を終え、帰宅の途につく交響楽団の一行がいました。

スクリーンショット 2015-09-30 18.54.29

The Telegraph」が伝えるところによると、まったく動く様子を見せない状況にチェリストのAlison Gillies氏が「外へ出て即興ライブをやってみない?」と、同乗する3人に思いつきで提案したそうです。彼女の意見に二つ返事で同意したメンバー。すぐさま楽器のチューニングをして、パッヘルベルの代表作「カノン」が、渋滞のど真ん中で突如として始ったのです。

拍手喝采!
差し入れを渡す人まで

 

 

スクリーンショット 2015-09-30 18.52.08

弦楽四重奏の音色に誘われるように、車外へ出る人々。

スクリーンショット 2015-09-30 23.21.57

急ごしらえのカルテットといえど、そこはプロの音楽家。曲の終わりには、渋滞の解消を待つ人々からの鳴り止まない拍手が待っていました。
ヴァイオリニストのLu Jeffrey氏も、思い出に残る即興コンサートに「時間が経つのも忘れるくらい興奮した。あの瞬間、M5が世界で最も素敵なコンサート会場になったかも」と当日の心境を「Daily Mail」に語っています。

こんなこと、日本ではまず考えられない話だけど、機転の利いた素敵なアイデアだと思いませんか!

Reference:The Telegraph , Daily Mail
Licensed material used with permission by Jukin Media

韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
視界に広がる車の連なりに終わりが見えなくて、うんざりする…そんなゴールデンウィーク(GW)の幕開けだけは、本当に勘弁して欲しいものです。渋滞から逃れる方法...
車でごった返した都市部を抜けて、スピードに乗る高速道路。ここで、動物たちが無惨にも横たわっている姿を目にしたことはありませんか。自然の中に一本道を通すこと...
「シネマコンサート」は、大スクリーンで映画を上映しながら、劇中に流れる音楽をフルオーケストラが演奏するイベントです。ヨーロッパやアメリカで人気を博した後、...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
「レインボーブリッジ」とはいえど、本当に“虹色”に輝くのは、一年でもごく限られた期間のみ。「いつの間にかライトアップが終わっていた…」なんて悔しい思いをす...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた青年「Jacob Collier」。つい先日、...
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
まずは、目を閉じてこのサウンドを聴いてみてください。映画『スター・ウォーズ』でおなじみの、あのテーマソングを演奏している動画ですが…。終わるまで目を開けず...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
プラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖で人間の体まで到達する厄介なシロモノだ。これをなんとか有効活用できないもの...