おめでとう!をさり気なく伝えられる「輪ゴム」が登場

輪ゴムの“とめる”機能に、ちょっと気の利いた“気持ち”をプラスできるアイテムが登場しました。その名も、『和ごむ』。何度あっても良いという意味を持つ、水引きの蝶結びをモチーフにしたゴムバンドです。SEE24762_Rこれは、HAPPY×DESIGNをテーマとした「コクヨデザインアワード2013」において、国内外から集まった1,217の作品の中から、優秀賞に選ばれたものの一つ。物をまとめる道具である輪ゴムが、コミュニケーションツールへと変化する提案が高い評価を受けたのだそう。SED24255_Rシリコン製なので、繰り返しの使用も問題なし。相手に贈ったり、さらに別の誰かに贈ったりと、感謝の輪が広がる心温まる商品なのです。

カラーバリエーションは4色展開。ちょっとしたお礼やプレゼントに添えれば、喜ばれること間違いなしですね!

01.
昔から縁起の良い色の代表
紅(あか)

SEB24259_RSEA24254_R

02.
不老長寿を表す
桃(もも)

SEB24258_RSEA24253_R

 03.
勝ちをもたらす
白藍(しらあい)

SEB24256_RSEA24251_R

04.
生命力の象徴
萌木(もえぎ)

SEB24257_RSEA24252_R商品化へ向け、作者とコクヨ株式会社は、作品コンセプトの大事な部分である”水引らしさ”にこだわり、素材や加工方法を検討。しっかりと対話をしながら、丁寧に形にしていったのだとか。

そんな『和ごむ』が、受賞から2年のときを経て、2015年10月中旬に販売開始。メーカー希望小売価格は、7本入りで460円(税別)となっています。

ありがとう。おめでとう。あなたも、大切な人に、さりげなくそう伝えてみては?

Licensed material used with permission by コクヨ株式会社

日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
あなたは今日、何回「ありがとう」を口にしましたか?このひとことを伝えるだけで、相手との関係はとても和やかなものになります。もちろん、相手を笑顔にすることだ...
感謝は心の中にしまうより、伝えた方が伝える側も伝えられる側も気持ちいもの。でも忙しいと頻繁にできるわけではない。そんな時「ありがとう」を言う以外にもさりげ...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
「Nextshark」が紹介するのは、中国人イラストレーターのYao Xiaoさん。「ごめんね」とつい言ってしまいがちなシチュエーションを「ありがとう」に...
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...