15歳の自主制作映像『2045』が本格的すぎると話題に

2016年2月に公開され、わずか1ヶ月で100万回再生を突破した以下の映像。なんと、中学3年生(当時)が自主制作したものなんです。

題材は、2045年の「技術的特異点を迎えた世界」。地球上のあらゆるものがナノサイズのロボット­によって作られていたが、ある日何者かがナノロボットを乗っ取り、世界を崩壊させてし­まった…というもの。

それでは、ぜひ5分少々お付き合いください──。

注目度大!
将来を嘱望される存在に…

どうでしたか?中学生が制作したとは思えない本格的な内容に、思わず見入ってしまったのでは?

さて、気になるこの映像の制作者、@38912 DIGITALさん。小学3年生のときに独学で映像制作を始めたようで、『2045』のストーリーは中学2年生の夏には考えていたそうです。好きな映画は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。小説では、星新一のショートショートだとか。

「作品を公開して、様々な方と繋がりを持つことができたのが嬉しかったです。この春高校に入学しましたが、映像のおかげもあって友達も増え、映像もコミュニケーションツールの一つなのだと改めて思いました」

と、反響の大きさにも言及しています。

さらに、こんなつながりもあるみたいですよ!

あの映像クリエイターとの
対談を予定!

さて、上の『東京コスモ』も昨年秋に話題をさらった自主制作映像ですが、このたび『2045』と『東京コスモ』の制作者同士の対談が行われる模様。対談のテーマや参加したいゲスト、質問等をこちら(cosmochildren@gmail.com)で募集しています。将来を嘱望される映像クリエイター同士の対談は、非常に魅力的なイベントになるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by 『2045』, 『東京コスモ』
いまや世界の人々を魅了する、日本のアニメ。どうやら、ことCGにおいても、その実力は確かなもののようだ。これが自主制作!?その“完成度”に驚愕の声これは、C...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
その才能の秘密を教えて!
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
歌とダンスがすきな9歳のGeorge君は、自閉症を患っています。クラスメイトに自己紹介するために自身が制作した動画では、自閉症が自分の行動にどのような影響...
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
子どもの頃、トンネル内でパチンと手を叩いたり、あ〜♪(なぜか決まって「あ」)と声を出しては、音の響きを楽しんだもの。この反響・残響効果をより細分化して、1...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!