恋愛を凌ぐ「旅の魅力」8選

アンナ・フレンチは、数年間パートナーがいないまま旅をしていた女性。異国の地に初めて足を踏み入れると、今までに気をつかっていたことがバカみたいに思えるほどの幸せな感情に包まれたそう。とくに、男性に気をつかっていた自分が理解できなくなってしまったとか。

もちろん恋愛が無意味だなんて言うつもりはないようですが、それまでには知り得なかった学びがあったそうです。以下、彼女の記事を紹介します。

01.
スリルある体験にも
飛び込む勇気が湧いてくる!

34b2e4b9548aaa9b0ddf344428ffc3b8ee235e43

大胆になるんです。昆虫をかじったり、見知らぬミュージシャンのサルサで腰をうねらせたり、パラシュートに命を預けて崖からジャンプしたり。普段なら絶対に手を出さない、興味を示さないものにどんどん挑戦できるのです。

未体験なことに触れるたび、強くなっていく実感がありました。きっとそれは、いつもより純粋な自分に自由に立ち返れるからでもあり、いろいろなチャンスに恵まれているからでもあります。とにかく、世界はあなたの小さなミスをいちいちジャッジしたりしません。街から街へと歩を進め、次から次へと新しいことに触れられるんです。

02.
自分の殻を突き破れる

シャイで人見知りな性格でも、旅行中は別人になれます。道を聞かなきゃいけない場面になれば、知らない人と話さずには居られない環境になるのですから。ホテルで行き合った人々と、行き先の情報を交換することだって醍醐味ですよね。

ちょっとした会話から興味深い話に発展し、いろいろな国から来た人を知っていくと、みんな大した違いなんてないってことに気づかされます。

03.
誰かの理想ではなく
本当の自分を見つけられる

3bc76fbfbeac5742465cb552e15643ef71db4cfb

誰かと付き合っているときは、いつも「私」よりも「私達」。肝心の自己がどこかに消えてしまうこともあります。

彼を知り、彼を喜ばせるための努力をするようになる。それはもちろん素晴らしいことで、相手の瞳に映る自分を再確認することだってできるでしょう。でも、それが自身の成長を妨げることにも繋がります。もし、そのことに気づいていなければなおさら。

世界はあなただけのキャンバスなのです。実体験を通して、興味関心やジャストアイデアで作品を描きあげていく。もしかしたら、エジプトのピラミッドやイースター島のモアイ像に隠された謎を発見できるかもしれません。学べるのは、自分のことだけではありません。これ以上に良い方法などないのです。

04.
世界を学ぶ

彼氏に教えてもらったことより、オーストラリアのブルーマウンテンで実際にクライミングした時の衝撃です。食べたことのないものを味わい、聞いたことのない慣習や政治を知り、自国と異なる社会通念のなかで、知らなかった男性と出会う。そういった体験が知識へと変わる瞬間に、世界が少しずつあなたのものになっていきます。

真夜中、何も持たずにタクシーに乗ったときは、身振り手振りと一緒に、頭のなかに刻まれたいくばくかの単語で運転手にうまく行き先を伝えなければなりません。ローカルマーケットで、観光客価格への対抗策や交渉スキルを学ぶでしょう。そのうち、ニュースで見るよりもずっと魅力的な世界と出会えます。

05.
どれだけ恵まれているかを知り
環境に感謝できるようになる

130496c6b650f27e82dc55b4046b738d44c14c72

男性と一緒にいれば、仕事が忙しくても安心感があるし、寒い夜だっていつでもハグできます。でも、そんな快適な場所から遠く離れるのです。

恵まれない人々に出会い、残酷な現実を目の当たりにして、自分がどれだけ恵まれているのかについて感謝することになります。

06.
小さなことの大切さを
身をもって知る

いつもドアを開けてくれる男性はそこにはいません。硬いベッド、古びたテント、冷たいシャワーに、トイレットペーパーのないトイレ。

バス停でたわいもない会話をした瞬間に、言葉が通じることのありがたみを知ることもできるでしょう。

07.
今以上に人間らしくなれる

395353d1d7e49b8f128a6c8ccef4a0531111af51

いろいろな環境から刺激を受けるだけでなく、日常へ戻ることを意識するようにもなります。インターネットが利用できない場所では、人と人との繋がりを強く結べるチャンスです。テクノロジーなんて無くとも、カードゲームで新しい友だちと盛り上がれるのです。

新しい人と出会っては語り合っていくうちに、SNSのフィードのことなんて頭から離れていくでしょう。笑顔と握手の交換をするたび、あなたはどんどん人間臭くなっていくのです。

08.
自分の目的に
確実に近づける

SNSのポストに対する反応をイチイチ気にしながらセルフブランディングするよりも、自分の目的に近づいてこそ幸福感は訪れます。

旅をすればするほど、自分の価値観をハッキリと感じられるようになるでしょう。ボランティアする度に、寝付きが良くなるはずです。外国語を学べば自然と興味深い人間になっていくし、言語を教える立場になれば自分の存在価値だって感じられる。そうしてどんどん心が満たされていきます。

移動時間には、自問自答を繰り返すことにも。本当に笑顔になれることって何?どこに居れば生きてる実感を得られる?トラブルに巻き込まれたとき、まっさきに連絡しようと思う相手は誰?

質問を考えているうちに、あなたの答えはクリアになっていきます。それこそが、あなたの人生を現すもの。だから、チケットを買ってどこかへ出かけましょう。癒やしは、旅を通じて得た経験と自信からこそ得られるものなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
旅には、人生が凝縮されています。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
愛してくれる誰かが近くにいると、困った時にすぐ頼ってしまう。相手との付き合いが長いほど、努力しないとダメだと思いながらも甘えちゃう。でも、そのままでは、い...
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
「これくらいだったら我慢できる…」と、知らず知らずのうちに恋愛において問題のあることも良しとしていませんか? 相手のことが好きだからといって、あまりにも許...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
自分の周囲で旅慣れた人が何人かいますが、ことシェーバーに関してはみんながコレを持ってる、〈BRAUN(ブラウン)〉の「M60B」です。
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...