ホルマリンの中から 「コ・ン・ニ・チ・ワ」

こんな悪い冗談、いったい誰が考えたんでしょう。でも、あまりにオモシロすぎて、ついつい真似したくなっちゃいます、よね?

種明かしをすればな~んてことない。だけど、ほんの一瞬でも「ドキッ」とすること間違いなし!

冗談が通じる人専用ドッキリ
ホルマリン生首のつくり方

サンフランシスコ在住のマイクさんが考案する、アメリカンジョーク炸裂の悪ふざけが、この「head in a jar prank」。

あまりにもバカバカしい……、だけどそう小バカにもできないのが、このリアル感。よくよく考えれば、生首が入るフタの大きさじゃないんですけどね(笑)。

早速、この生首ホルマリンのつくり方、見ていきましょう!

正面・右・左
3方向から撮影

ポイントは、半分目を閉じた眠たそうな表情をキープすること。ディテールにもこだわったほうが、リアリティが激増するから。

画像加工ソフトで
写真を結合

プリントアウトすれば
こんな感じに

顔写真の他に
用意するものはこちら

左から、顔写真、メイソンジャー(生首サイズを用意)、食紅、かつら。

水を8分ほど張ったメイソンジャーに食紅を投入。赤+黄の食紅でオレンジ色をつくりあげていきます。

いよいよ、生首投入!

ここで、ようやく写真の出番。丸く筒状に丸めてジャーの中に沈めましょう。

髪の毛も忘れずに

程よく前髪を散らして、水をたっぷり足せば完成!

どうです?このソコソコの手づくり感。悪く無いでしょ?

いざ、ドッキリスタート

あとは、冷蔵庫に隠して家族を驚かしたり、動画のようにハロウィーンで子どもたちに逆ドッキリを仕掛けたり。まさか、誰か恨みのある相手の写真を使って、なんてことは……よしましょう。このドッキリ、心臓の弱い人に仕掛けるのもダメですよ。

Licensed material used with permission by mike warren
ハワイに帰った時の一曲目は、竹内まりやの『夢の続き』だ。この曲に特別な想い入れがあるのは、川島透監督の映画『ハワイアン・ドリーム』の主題歌だったからだ。公...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
今、You Tube上では、様々なドッキリが繰り広げられている。人が当惑したり、叫び声を上げたり、取り乱したり…仕掛けられているとは分かっていながらも、こ...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
突然、予期せぬことが起こったとき。そのとっさの行動に人間性が表れるもの。世界中のさまざまなドッキリや検証動画に意外なメッセージが隠れているのも、そこに「人...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
普通に街を歩いていて、この状況に出くわしたら…。たぶんビクっ!ってしちゃう。仕掛け人のMark Jenkinsさんは、そんな風に人を驚かせるのが得意なアー...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
フランスでもっとも影響力のあるレストランガイドの一つ「ゴー・ミヨ」において、2008年版ベストブーランジェリーを受賞。「アラン・デュカス・オ・...
海外で言葉が通じなくて困った…。誰もが1度は経験済みではないでしょうか。そんな時にとっても便利なのが「ICONSPEAK」です。お天気から交通手段、札マー...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじ...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
トンネル、鍵穴、バスケットゴール、公園のトラッシュボックス、ワインボトル回収箱、スケボーランプ。街中の穴という穴をふさぐ、という手の込んだ「いたずら」が、...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。