日本も追いつけ!イスラエル、驚きの子育てカルチャー5選

ボディケアブランドの『SABON』、日本では「女性たちのもの」というイメージが先行しがちです。でも、SABONが生まれたイスラエルでは、当たり前のように家族みんなで使うブランドとして認識されているし、ブランドの理念も「大人から赤ちゃんまで、みんなが幸せになれるアイテムを提供し続ける」というもの。

このファミリーブランドが誕生した背景には、やっぱりイスラエルの「プライオリティは誰がなんと言おうと家族」というカラーが関係しています。そんなわけで、イスラエルでは当然「子育てカルチャー」も驚くほど発展しているんです。

 平均3人以上!?
子だくさんが当たり前

D82333918efd351ad24c89ba1e54bf269cc8c88d

イスラエルの街を歩くと、ベビーカーの多さと子どもたちの多さが目に付きます。なんでも、出生率は平均3人以上だとか。これは、1.5人を切っている日本の倍以上の数字。

驚きなのは、それだけの子だくさんでありながら、圧倒的に共働きの夫婦が多いこと。イスラエルの母親たちは、出産後3ヶ月程度で職場に復帰するのが当たり前だそうですから、パワフルですね。

そんなワケで、イスラエルでは自然と父親の育児への関わり方も深くなります。パパが何人も子どもを連れて歩いている風景は当たり前。

 国の子どもはみんなの子ども

6d15ba816acff0012ff90dba6872296446f3c5e6

「子どもは、みんなで育てるもの」。そんな考え方がDNAレベルで根付いているのがイスラエル。日本もかつてはそうであったように、地域コミュニティのみんなが子どもを温かく見守っています。

だから、階段で困っているベビーカーを運んであげる、なんていうのは当たり前。それどころか、子どもが行方不明になったというニュースが流れると、親族や友人ではない、まったく関係のない人たちも本気であたりを捜索するほどなんだとか。

 赤ちゃん連れ専用映画館がある

Ba1baea07828e946e6cc74bebc4785958ab5341b

日本にも曜日限定のサービスなら存在していますが、イスラエルには常時赤ちゃん連れ専用としてオープンしている映画館があります。赤ちゃんがいくら泣いても気にならないのは親にとってどれだけありがたいことか!

映画館に限らず、イスラエルでは街全体が子どものための場所として発展しています。テルアビブのような都会のど真ん中でも、豪華な遊具が充実したプレイグラウンドがいたるところにあるし、絵の具を置いたテーブルが並べられ、自由にお絵描きができる広場があったりもします。

 「ミルクのしずく」という名の
赤ちゃん専用診療所がある

Cfe0ae4a1056a3c8922746d967c9ad42182e09ca

赤ちゃんの健康診断や予防接種は「ティパット・ハラヴ」という赤ちゃん専用の診療所で行われます。名前の意味は「ミルクのしずく」。なんだか可愛らしい、素敵な施設名ですね。

これはどの街にもある公共の施設ですが、そこで働くナースたちはとてもカジュアルな格好をしているし、アットホームな雰囲気に溢れています。とはいえ、そこはハイテク都市のイスラエル。

日本ではいまだに赤ちゃんの成長記録を母子手帳に手書きするのが主流ですが、イスラエルでは一人ひとりの成長データがコンピュータにアーカイブされており、診察カードの磁気テープを機械に通すだけでグラフになって確認できるそうです。

 幸せの根元は週に1度の
「安息日(シャバット)」

81a613f1b7b1dbe372d2d92087864cc577b06fbf

イスラエル人は子どもに限らず、家族を何よりも大切にすることに幸せを見出します。その根源は、週に1度訪れる「安息日(シャバット)」。旧約聖書に記されている天地創造の7日目に神が休息をとったことに由来した、イスラエル人にとって何より重要な伝統です。

毎週金曜日の日没から土曜日の日没まで。その間は家族水入らずでゆっくり食事を楽しみ、家族が一緒にいることの幸せを噛みしめます。

SABONの理念も、そんなイスラエルの伝統から自然と生まれたものなのです。

 SABONの創設者も
もちろん子煩悩

C8e68bac96b70ed00671cb95ed18e57ecd95534c

SABONの2人の創設者、アヴィ・ピアトクとシガール・コテラー・レヴィも、やっぱり子だくさんであり子煩悩。アヴィは2人の子どもの親、シガールは3人の子どもの親です。

今もSABONの商品企画を行っているアヴィは、「おもちゃでもぬいぐるみでも、ふたりの娘に与えるものを探していると、同じ目的でもっといいものが作れないか、と考えるんだ」と語ります。

その視線、その想いが、自分の家族を超えて、世界の家族へも注がれている。それがSABONの本質なんですね。

205ccc4547f44bd9f5781a6cc2303cfdfbd01272
Sponsored by SABON Japan
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
子育てにおいて父親に求められる役割は何でしょう?一般的に求められている役割を7つ紹介します。家庭の中の父親像がぶれないということは、子育てにおいて何よりも...
数年前、中国の遊園地の植え込みで親が子どもにオシッコさせている! というニュースが日本でも話題になりました。衝撃を受けた人もいると思いますが、1年の半分を...
目に映るすべてが、「新しく見える」彼らに。
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...