相手の心が読み取れる?23の「ちょっとした動作」に注目。

人間の何気ない動作に、心の中が表れていることがあります。そんな心理とジェスチャーの関係をまとめたポスターが「Etsy」で販売されています。今回はその中から、日常に役立ちそうなものを紹介。ひょっとしたら、エスパーみたいに相手の気持ちがわかっちゃうかも?

01.
目線によって
頭の中がわかる

向かって右下を見ているときは、疲れているとき。右を見ているときは、音を思い出しているとき。左下を見ているときは、感情を思い出しているとき。右上を見ているときは、映像を思い出しているとき、だそう。

02.
腕の位置は
感情とリンクしている

腕を閉じているときは、心も閉じているとき。逆に腕が開いているときは、心を開いているようです。

03.
腕を組んでいるのも
心を閉ざしている証拠

とくに指を立てている場合は、心理的に距離を取りたいと思っていることの表れとか。

04.
腕を握った
手の位置に注目

後手に手首に近い部分を握ると、落ち着いて自信を持てるようになります。肘に近い部分を握っていたら、不機嫌で怒っている合図かも。

05.
袖口を触る人は
動揺している

カフスや袖口、時計などを触っている人は、心の動揺を落ち着けようとしているみたい。

06.
たとえ笑顔でも
心の中は違うかも

腕を持ち上げて組んでいたら、顔が笑っていても不安を感じているかもしれません。

07.
興味の方向は
足の向きに出る

人間は興味のある方向に自然と向いてしまいます。上半身はコントロールしやすいのでわかりにくいのですが、足元を見ればどちらに興味を持っているかすぐにわかる模様。

08.
体の向きで
人間関係がわかる

複数の人がいる場合、身体の向きの関係はそのまま人間関係を表しています。この場合は、手前のふたりの足と胴体が向き合っていて、奥の人にやや背中を向けています。ここには会話から閉め出そうとする心理が働いているとのこと。

09.
相手の顔の
どの部分を見る?

相手に親しみを感じている場合、自然と両目と鼻の頂点を結んだ三角形の中を見ています。逆に相手のことをコントロールしたい場合は、両目と額の中心を結んだ三角形の中を見るといいでしょう。相手を誘惑したいときは、口元を見るのが効果的?

Licensed material used with permission by Aldis Kalniņš
出会うことはカンタンな時代。だからこそ、その先に思いが通じ合って、心を通わせられる相手を見つけることは、本当に特別なことだと思う。相手が外国人であればなお...
あなたは人と話すとき、どこを見ていますか?普段、自分がどこを見ているかなんて意識したことはないかもしれませんが、心理学を応用すれば、目線によってその人が何...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 厄介な「上から目線」の人との付き合い方が学べる一冊をご紹介します。
人間観察って、本気で追究すると面白いものですよね。行動や仕草を見て「この人はこう思っているかも」とホンネを探ることができたら、もっとその世界を探りたくなる...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...