わかってる人は、ここにお金をかけていた。

お金の使い方にはその人の価値観や性質が大きく影響するもの。仕事もプライベートもスマートにこなすような“デキる人”は、お金も賢く使っているようです。

むやみに安さだけを優先するのではなく、出費に対する価値が最大限になるよう思い切った投資をすることも。

そんな彼らが実践している、価値のあるお金の使い方のひとつに、生活の「余裕」を買うことがあげられます。

1. テーマパークの時間指定パスポート

テーマパークにでかけたとき、混雑していると乗り物に乗るまでの待ち時間がかなり長時間になってしまうことも。

あらかじめ、時間指定のパスポートを買っておけば、限られた時間のなかでめいっぱい楽しむことができます。入場チケットに上乗せで料金がかかるものの、退屈な時間で楽しい気持ちが萎えてしまうよりは断然いいですよね。

2. タクシーの配車サービス

タクシーを利用するときは、配車サービスをうまく活用するのがおすすめ。乗り場まで向かったり、道沿いで走ってくるのを待ったりするのは時には時間のロスとなることも。

タクシーの便利さを最大限活かすためには、少し料金が増えたとしても、タクシー会社による配車サービスを利用するのがベストかもしれません。

3. 年会費ありのクレジットカード

クレジットカードは年会費無料のものを選びがちですが、年会費を払った方が意外とおトクなこともあります。

年会費を払うと、レストランやホテルでの優待やポイント制度の優遇を受けられるんです。年会費と受けられるサービスを比較して選んでもよいかもしれません。

4. 飛行機のアップグレードサービス

飛行機に長時間搭乗するときは、できるだけゆったり過ごしたいですよね。そんなとき活用できるのが、プレミアムエコノミークラスのサービス。

プレミアムエコノミークラスはエコノミークラスよりも広くて快適な座席で過ごすことができ、ワンランク上のサービスを実感できますよ。

  1. ちょっと払って生活の「余裕」を買うという選択

むやみに高額なものを選ばず、かといって安さだけを求めず、大切なのは、出費に対してどれだけの価値が得られるかということ。時には生活の「余裕」を買うことを検討してみては?

「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
生きていく上で大切な正しい貯蓄方法について、CAから税理士に転身した矢島依子さんが、著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』のなかで教えてくれる...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...