ビジネスパーソンにオススメ!体と心の不調を改善する行動術

「どうも最近よく寝つけない」「仕事をしていると肩がこってツラい」「毎日イライラしている」。他人からするとちょっとしたことかもしれませんが、本人からすれば大きな問題です。

医学博士小池弘人先生監修の書籍『オトナ女子の不調をなくす カラダにいいこと大全』では、そんな悩みを解消するための方法がまとめられています。女性に限らず、男性にも参考にしてほしい内容だったのでご紹介。これを読んで調子を整えて、今日も1日お仕事頑張りましょう。

01.
メモ程度でいいので
「体調日記」をつける

病気は、突然やってくるわけではありません。気づかぬうちに発症することが多いのです。

体のサインを見過ごしていると、体調が悪くなって「あのとき無理しなければ」と気づかされることが往々にしてあります。肌荒れ、口内炎、目の充血など、体が発するちょっとした信号をキャッチできるようになれば、症状が重くなるのを防げます。

そのためにも、メモ程度でかまいませんので、日々の体調や気持ちの変化を日記や手帳に記すようにしてください。たっぷり睡眠をとる、栄養のある食事を心がけるなど、早め早めに体をいたわることが大事だと気づかされます。

とくに女性は、年齢とともに病気とは言えない未病と呼ばれる不調や、気分の浮き沈み、心のトラブルが増えます。記録を続けることで体と心の履歴が残り、不調の原因が見えてくるかもしれません。

02.
パソコン周辺の
環境を整える

悪い姿勢のまま筋肉の緊張が続くと、血行不良になり筋肉が硬くなってしまいます。この状態が続くと疲労物質が蓄積され、肩こりや腰痛の原因にもなります。痛みを和らげたり防いだりするためには、マッサージや運動も大切ですが、まずは姿勢に注目しましょう。

長時間デスクワークを行う人は、パソコン環境を見直すだけで姿勢が正され、不調が改善されることもあります。椅子の高さやパソコンとの距離などを一度チェックしてください。

とくにノート型パソコンを使用している人は注意が必要です。なぜなら、つい目線が低くなりすぎて亀が甲羅から頭を突き出したような体勢になり、長時間使用するには不向きだからです。

正しい姿勢を保てるパソコンの環境は…

・デスクトップ型の場合、目線は正面かやや下になるように設置する。
・ノート型の場合、目線を調整できるように台に乗せるか外づけキーボードを使う。
・できればひじ置きのある椅子や、高さ調整ができる机を使う。

など、自分でできるところから始めましょう。体の不調が改善されるかもしれませんよ。

03.
立ち姿勢と
同じ状態になる枕を選ぶ

肩こりや不眠などは、枕が原因になる場合もあります。寝てもスッキリしない人は、枕を替えてみましょう。

理想的な枕とは…

1. 就寝中も立ち姿勢と同じ姿勢を保てるもの
(頚椎が自然なカーブを描き、肩に負担がかかりにくい状態)
2. 睡眠時は20~30回の寝返りを打つので、無理なく寝返りが打てるもの
3. 頭が少し沈み込むもの

3つの条件を満たした製品が、あなたの頭に合った枕です。高すぎると首や肩に負担をかけ、気道を圧迫していびきの原因に…。逆に、低すぎると心臓より頭の位置が低くなるので血液の循環が悪くなったり、寝違いの原因になったりします。

専門のピローフィッター(枕選びのアドバイザー)が対応する寝具店もあるので、体型に合う枕を選んでもらいましょう。ただし、枕は一生ものではありません。中身の羽毛やウレタンがへたってきたら替え時です。1~2年に1回が取り替えの目安です。

最高の枕が最高の睡眠を届けてくれます。肩こりなどに悩む人は枕選びから見直してみましょう。

04.
1日3分、瞑想をする

過去のことをいつまでも引きずる、まだ起きてもいない未来のことに頭を悩ませる、誰かに腹を立てる、イライラする…。このように「心のざわつきが止まらない」という人には瞑想をオススメします。

瞑想は「今ここにいること」に集中する行為。何も考えずに、ただ呼吸する自分を見つめる時間を作ります。散漫になっている心を、自分に戻してあげるイメージですね。

まずは1日3分、呼吸する自分に集中する時間を作ってください。最初は集中できずに色々考えてしまいますが、大丈夫。

仕事のことが頭をよぎったから「締め切りは明日だな。どうしようかな」などと深追いせず「ああ、今自分は仕事のことを思い出したなぁ」という簡単な事実だけを受け止めてください。自分の思考を観察、客観視してみると、だんだん心が落ち着いていきます。

瞑想の方法は以下を参考にしてください。

・軽く目を閉じる
・今ここにいることを集中する
・常に呼吸を意識する
・自分自身を感じる

瞑想が終わったら、3回ほど深呼吸し、手を開いたり握ったりして体の感覚を確かめ、そして目をゆっくり開けてみましょう。

一番近い存在である自分の心と体に向き合う時間を楽しんでみてください。体を整えることも大事ですが、心をリラックスさせることも生きる上で大切なことですよ。

テレビやインターネットでは「この食材が体に良い!」と様々な野菜や果物が紹介されています。同じものだけを食べて健康になるならこんなに簡単なことはありませんし...
「体が冷えるということは血流の悪いところがある。つまり、体内のバランスが崩れている証拠。女性がよく生理痛や、頭痛、肌のトラブルなどに悩んでいるのは、冷えに...
心も体も健康でいるためには、食生活を改善し「血糖値スパイク」にならないことが重要と説くのは、栄養療法を行う医師の溝口徹さん。その著書『「血糖値スパイク」が...
「Stappone」は、靴の中に入れておくだけで体全体をスキャンしてくれるインソール。そして、姿勢が悪くなったときや歩き方に問題があるときには、連動したス...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』(青春出版社)の著書である溝口徹さんは、日本初の栄養両方専門クリニックを開いた医師。体の不調や心の病気に繋がる...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
人生には、良いときもあれば悪いときもあります。そんなことはわかっていても、悩んでいるのは、悪い状況から抜け出す方法がわからないから。そんなときに大切なのは...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
独立心があり、負けん気が強く、自分をもっている大人な女性には、どうも「付き合いにくい」というイメージが付いて回る。異性からも同性からも。いわゆるデキる女性...
「歯磨き粉、ブラシ、磨き方を変えるだけでは、歯の健康を保つことができません」。そう語るのは、歯学博士である滝澤聡明さん。彼の著書『顎がゆるめば、不調は改善...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
「毎日歯磨きやケアをしているから、虫歯にはならない!」確かにそうかもしれません。でも、それが間違った方法だったら…?歯学博士である滝澤聡明さんの著書『顎が...
どれだけ眠っても眠い、肩がこる、タバコをやめたい…。生活習慣に関する悩みの原因は、ほとんどがカラダに蓄積している「毒素」によるものだと言われています。そこ...
「自己暗示」と聞くと、なにか難しいもののように思うかもしれませんが、つまりは目標とする自分の姿を想像すること。「自分はできる」と鼓舞することで、テンション...
皮膚のトラブルや体臭・多汗症、さらには静電気の起きやすい人など、これらの体質に関する悩みの原因は、ほとんどがカラダに蓄積している「毒素」によるものだそう。...
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
重い荷物をどちから一方の肩にかけたり、利き手でばかり荷物を抱えていたり。昔から、姿勢がゆがむ原因のひとつに挙げられているのは、周知の事実ですよね。自分の歪...
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
女子力が高い人は男性からだけでなく、女性からも人気がありますよね。羨ましい限り…。ここでは、そんな女子力の高さに隠されたヒミツを探ってみましょう。たとえば...