ビジネスパーソンが知っておきたい「6つの読書術」

「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ読書術を紹介したいと思います。

01.
自らの成長で捉え方が変わる!
同じ本を再読してみる

trueleader

つい最近、『坂の上の雲』という小説を再読しました。以前は主人公の秋山兄弟や東郷元帥など英雄たちの活躍に心が踊りましたが、今回は違ったところがおもしろかった。やはり自分自身の成長によるものだと思います。

とくに日露戦争における船ドッグの整備工さん達の寝食忘れた勝利への貢献が印象に残りました。そして彼らの気概や危機感が今の日本に失われているのでは、と感じました。以前読んだときには気にもとめなかった部分です。

経験を重ね「日本をよりよくするためには」という観点をもてるようになったからこその気づきだと思います。同じ本を何回も読むなんてという方もいらっしゃるかもしれませんが、新たな発見が必ずあります。ぜひやってみてほしいと思います。ワタシはこの本をもう5回異常読んでいます。その度に新しい発見をしています。

02.
同じ著者の本を読むと、
体系的な学びとなる

trueleader

まず、いいなと思った本はその場で必ず買うようにしています。そのときに買わないとタイトルを忘れてしまったり、出会いそのものを思い出せなくなることがあるためです。まさしく一期一会です。そして、私は作家で選ぶことにしています。その作家を好きか嫌いか、ということではありません。役に立つかどうかで選びます。
例えば私なら、現代社会の最先端の情報を知りたいときには、マッキンゼーのコンサルタントだった大前研一さん、歴史観や日本の大局観を身につけるには渡部昇一さんや小室直樹さん。テーマごとに「この人」という人を見つけたら、その著作を全部読んでいくと、その分野での体系的な考え方を身につけることができます。

03.
「マーカーと名刺」は
読書の必需品!?

小説以外はマーカーを持って読みます。気になる箇所に線を引いておけば、後から軽く読み返すときに斜め読みができるからです。さらに、2度目に読むときは色を変えれば、1度目との変化を目で感じることができます。
読み終わった日付を書いておくのもよいですが、自分の名刺を挟むのもよいでしょう。「転職したばかりで読んだな」「このときは営業で苦労していたな」など、過去の思い出を振り返りながら再読できるからです。
さらに、心に残った言葉は、ノートに書き写すようにしています。ノートも万年筆も少し高価なものを買ってきて、心を込めて書くのです。

それが何冊か溜まっていくとあなたにとって本当に大切な宝物になるでしょう。

04.
リーダーは
本を購入し、贈るべき

書き込みをしたり、マーカーで線を引いたり、何年か後にもう1度読んだりできるのは、自分で購入した本だけ。また自分で投資をすれば読む真剣さも変わってきます。ですから本はできるだけ自分で購入すべきです。
また、いいなと思った本を部下にプレゼントするのもよいことです。お互いが同じ情報や考え方を共有することによってコミュニケーションのステージがアップします。共通言語を手に入れることができるからです。書籍での情報共有は価値があります。例えば『ビジョナリーカンパニー2』などの経営書の名著を読めば、「第5水準のリーダー」や「ハリネズミの理論」などの意味を共有かできます。

ただし、部下の関心が現在どこにあるかの見極めはとても重要です。一方的な押しつけはお互いのためになりません。たぶん本をプレゼントしても読んでくれないと思います。

05.
若い時は「ハウツー本」
リーダーになったら「小説」へ

trueleader

20代のときには、時間の使い方や仕事の仕方のようなハウツー本を読んでいました。今でこそ読まないハウツー本ですが、若いときに読んでおいてよかったと思っています。それをあれこれ試しながら、自分なりの時間管理や仕事術を身につけることができました。
ただしリーダーになってから、そんなハウツー本の言葉をそのまま語ってしまっては、部下がついてきません。部下が知りたいのはリーダー自らの経験に基づいた考えや知識だからです。
50歳を過ぎた今は、人間としての感性を高めるような本、心を震わせられるような本をもっと読まなければならないと思っています。リーダーシップというのは、人をいかに動かすか。人の心の動きを知っておかなければならないと思うのです。

その意味では、映画も同じです。非日常を味わい、主人公になりきり、ときに号泣しながら観ています。

06.
必要な資質は
歴史書から学べる

私の大好きな1冊に、司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』があります。この本から学んだのは、「リーダーには志が必要だ」ということ。しかもできるだけ大きな志が。
明治維新の時代には多くの志士が現れました。けれど、当時「日本」というとてつもなく大きなスケールで物事を考えていたのは彼だけです。だからこそ多くの人の心を動かすことができたのです。

組織で働くなかで、常に経営者の視点を意識してみてください。会社全体の中で、自分のチームは何をすべきなのか。そんな高い視座を持った人物こそ、経営者は登用したいと考えています。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
コンテンツ提供元:サンマーク出版

岩田 松雄/Matsuo Iwata

株式会社リーダーシップコンサルティング代表。ジェミニ・コンサルティング・ジャパン、日本コカ・コーラ株式会社、株式会社アトラス代表取締役社長、株式会社タカラ常務取締役、株式会社イオンフォレスト代表取締役社長などを経て、スターバックス コーヒー ジャパンのCEOとして「100年後も光り輝くブランド」を掲げ、業績を右肩上がりに成長させる。現職では、次世代のリーダー育成に力を注いでいる。

本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
メリットだらけ、です。
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。彼は、リーダーのコミュニケーショ...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。「誰の味方であるべきか」「何を重...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
聴衆を惹きつける強いメッセージで、類稀なプレゼンの才能を発揮したスティーブ・ジョブズ。持ち前の人を説き伏せる話術は、日々の打ち合わせの場でも発揮されていた...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
スターバックス コーヒー ジャパン、ザ・ボディショップのCEOを歴任した、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。実はそのリーダーシップの秘...
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
苦手な仕事や面倒な手伝いをやらなければならず、どうしても気持ちが乗らないときってありますよね。そうなると、いつまでたっても仕事は捗りません。メンタルコンサ...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
恋人や好きな人と仲良くなるための手段として、デートやプレゼント以外に「The School of Life」が勧めているのがふたりでの読書。お互いへのリス...
リーダーシップというと、強烈な個性で人を引っ張る人物を思い浮かべるかもしれません。しかし実際は、人の痛みを思いやることができ、人間的に尊敬される優しい人物...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...