故郷の治安改善を「ヨーヨー」に託した男

この動画の舞台は、アメリカのメリーランド州ボルチモア。2015年に同国で2番目に治安が悪いとランク付けされてしまった街だ。

当時アメリカに住んでいた僕は、いたるところで起こる暴動の様子を毎日のようにニュースで見ていた。アフリカ系アメリカ人が「逮捕された時に負った傷」が原因で死亡したことについての「警察への抗議」ではあるのだが、パトカーが炎上するなど、物騒な雰囲気を感じたのは確か。ボルチモア出身の友人曰く「学校を含めた公共サービスは、昔から崩壊寸前だった」らしい。自然と就職は難しくなり、犯罪やドラッグに手を染めてしまう若者が増えたことが治安の悪化につながっているのだそう。

そこで、こうした状況を一歩ずつ変えていこうと立ち上がったのがCoffin Nachtmahrさん。なんと「ヨーヨー」によって。

まずは、彼の生い立ちから

D07f8ce528b70e379974cc9a175a334899736733

彼がCoffin Nachtmahrさん。

実は、幼い頃から「口ごもってしまう話し方」だったそうで、周囲にバカにされてきた過去がある。

小さい頃から周りとは違ったんだ。他のやつはみんな俺を笑ったりしてた。だけど、そんなことは絶対に間違ってると思ってた」

Fae3a36c8b0df9cfe603082ced879d9b3395d1c6

ヨーヨーは、高校1年生の時に始めたらしい。

初めてインターネットで『BOMB SQUAD』(ヨーヨーのパフォーマンスグループ)を見たときは、驚いてすぐに買いに出かけたよ。ここから俺の人生は変わったね

ヨーヨーは、人との会話に導いてくれるものかな。多分、これがないと俺は機能しないと思うよ。

ダンスみたいなものとも言える。俺、ヨーヨー、音楽が一緒になってはじめて自分を表現できるんだ

出会って以来、周りのことを気にする必要がなくなったんだ。結局、他人の評価なんて関係ないだろ?

治安の悪い地元に
貢献できること

674dcd772ac3a3b7f875f409a20fb308230ff021

そんな彼のパフォーマンスに魅了されたというのは、Satrian Montgomeryさん。

11歳の時に兄貴が死んで以来、感情を表に出せなくなった。そんな時に彼のヨーヨーを見て、『どうなってるんだ!?秘密を教えてくれ』って思ったよ。

彼にヨーヨーをもらってやってみたら、今までのことを忘れたかのように夢中になれたんだ街に漂うネガティブな雰囲気とかをすべて吹き飛ばしてくれた

546673fbad4a607f16b5f94aac52705f61839420

Coffinさんもこう言う。

もし日常に満足してないなら、何か別のことをしなきゃいけない。なんでもイイと思うんだ。心の底から楽しめるものならね

今はスマホやタブレットがあって便利だけど、ある意味で不便だとも思う。多分、人は本能的に話さなきゃいけないんだよ。それを邪魔してる。

だから、俺はこれを広めて、みんなに『喜び』と『会話』を届けるよ

ヨーヨーは小さいものかもしれない。でも、何かを変えられる力を持っていると思う。何かをするきっかけを作ってくれる可能性もある。

ただのおもちゃでシンプルなんだけど、考え方によっては複雑で、違う働きもできるかもしれないんだ

8d19c6df359d6f4796d31b37cbf95f1ed648fd76057eca4960408175c5425dfee078f69175e2a940

彼には自分の思うように話せないという悩みがあったが、それを助けてくれたのがヨーヨーだった。このおもちゃには「何かを変えられる力」がある。そのことをよく理解しているからこそ、同郷の仲間たちにも変化のきっかけを与えようとしているのだ。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/05/16 10:00)

Licensed material used with permission by Early Light Media
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
 ヒッピーと聞くと、かなりワイルドで自由奔放なイメージがありますが、どんな存在なんですか?第二次世界大戦後のアメリカは、戦争経験者が作った保守的な社会でし...
男性でも女性でも「いい男」には憧れます。見た目がかっこいい男、気遣いができる男、仕事ができる男、生き様がかっこいい男ーー。「いい男」にもいろいろありますが...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
有史以来、戦い続ける男たち。浮き上がる筋肉は力の象徴。そこに強烈に惹かれたアーティストは、闘志に燃える強靭な肉体を表現するようになりました。みずからの指で...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なん...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
アメリカで注目されているという「KAIZEN」。自分でタスクを決めてたって1分取り組む。それを毎日繰り返しておこなうというものだ。自ら取り組んでみてどのよ...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...