二日続けて同じパジャマを着てはいけない「8つの理由」

このところ暑くなってきましたが、みなさん「パジャマ」って、どのくらいの頻度で替えていますか?

Little Things」の女性ライターREBECCA ENDICOTTさんの記事によれば、あまり替えない人も多いのだそう。私はどうしても同じ服を2回着れないタチで、日本はとくに毎日着替える人も多いかな〜とは思うのですが、世界的に見ると2週間くらい同じという人もいるんだとか。

ここでは「パジャマを毎日交換するべき8つの理由」を紹介しましょう。交換せずにいることは、どれほど不衛生なのか…。

01.
ブドウ球菌が増えてしまう

「パジャマを毎日交換するべき8つの理由」ブドウ菌

Medline Plus」によると、人は皮膚に少量の細菌を持っています。それは私たちが肌、鼻、口の中で拾ってしまう一般的な微生物なので、通常は影響がないと言われています。

けれど、同じパジャマを何度も繰り返し着用すると、ブドウ球菌が集まりはじめ、繁殖してしまうというのです。最終的に、これらの菌は傷口などから皮膚の内部に入り、感染症を起こしてしまう可能性も…。パジャマはこまめに替えましょう。

02.
ニキビの原因になる

パジャマを交換しないと、あらゆる種類の細菌、油分、死んだ皮膚細胞が服に蓄積しはじめます。そしてその塊は、一晩中あなたの毛穴に押し付けられることに…。

health line」によると、そうして毛穴が埋められてしまうと、ニキビの原因になり、皮脂のう胞の感染につながってしまうそう。また、肌にいる可能性があるその他の細菌やウイルスも、吹き出物やのう胞から入り込んでくるのだとか。

03.
ダニの住処になる

ダニはすべての家にいるので完全に取り除くことはできませんが、ベッドや寝室から減らすことならできます。「Medicine Net.com」によると、ダニは落ちている皮膚を食べるのが大好きで、ベッドやパジャマを好むのだとか。

さらに、汚れたパジャマは多くのホコリを含んでいます。これが、睡眠中の呼吸に影響することも。

04.
体が臭くなる

「パジャマを毎日交換するべき8つの理由」体が臭くなる

シャワーを浴びて体を清潔に保っていれば、悪臭になることはないでしょう。つまり、パジャマがきれいなのは大切なことなのです。

Medical News Today」によれば、汚れたパジャマは寝ている間に汗を吸収し、湿ったところで細菌が増殖しはじめ、悪臭を引き起こしてしまうのだとか。シャワーを浴びたのに、そのあと汚れた服を着ていては意味がありません。それは、悪臭の原因にもなる細菌を呼び込んでいるようなもの。

05.
朝から不快な気持ちになる

夜にシャワーを浴びる人はとくに、朝起きたとき自分の体が汚れているような感覚があるかもしれません。目を覚ましてすぐにパジャマを脱いで着替えると、きれいな家に汚れを落としているような不快感…。

Good Housekeeping」によると、寝ている間にあなたの肌に付着しているものはすべてパジャマが吸収してしまうので、パジャマが汚い状態だと、自分の体も汚れているように感じるそう。

06.
寝つきが悪くなる原因に

「パジャマを毎日交換するべき8つの理由」寝つきが悪くなる

清潔なパジャマで寝ることは、深い眠りにつくことにつながります。反対に、汚れた状態だと体がかゆくなったりベタつきが感じられて快適ではないため、寝つきが悪くなるでしょう。

また「BUSTLE」によると、寝ている間にダニを誘引すると呼吸に影響を与える可能性があり、いびきとも関係するそうです。

07.
ハウスダストに要注意

使いまわしたパジャマで寝ると、アレルギーを引き起こす可能性が高くなります。もしもハウスダストのアレルギーがあるなら、少なくとも1日おきにパジャマを交換したほうがいいでしょう。

ハウスダストアレルギー、喘息、他の呼吸器系の症状は、何もしなくても夜にひどくなる傾向があります。「Asthma and Allergy Foundation of America」によると、ダニや、はがれた皮膚細胞がパジャマに蓄積するとさらに状態が悪くなり、アレルギー反応や喘息発作の原因にもなってしまうのだとか。

08.
免疫力が下がることも…

「パジャマを毎日交換するべき8つの理由」免疫力低下

Medical Daily」によると、汚れたパジャマを着ることでブドウ球菌の攻撃を受けてしまい、上気道の感染症や、かゆみなどを引き起こす細菌の原因にもなりかねないのだとか。これらが、体全体の免疫力を下げるきっかけにもなります。

つまり、自ら病気になる可能性を上げてしまうということ。胃の不調やインフルエンザでさえも、パジャマの清潔感が原因になり得ることもあるのです。

Licensed material used with permission by Liitle Things
米イリノイ州スプリングフィールドの教育委員会は、リモート授業であってもパジャマで授業を受けることを禁止し、登校時と同じ格好をするよう学生に求めている。
Rebecca Endicottさんは「パジャマを着て寝る人が大半だろうけど、裸で寝ることにもメリットがたくさんあるということを知ってほしいわ」と言います...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
「GU」から、アロエ成分を配合したルームウェア「アロエラウンジシリーズ」が、8月24日より、GUの一部店舗及びオンラインストアで販売を開始。
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
HIV感染から女性を守る。これまでの医療技術とは全く異なる観点から、感染予防を可能にする新たな技術が「Popular Science」で紹介されている。H...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
「細菌」はあらゆる場所に存在します。この細菌と人間の不思議な関係を動画で紹介するのが、「Kurzgesagt – In a Nutshell」。曰く、人類...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
死ぬ夢の意味とは?夢占いの専門家が人、夢のなかでの死因、状況別に死ぬ夢を紐解いていきます。
京都西陣織の正絹を使用した「和のますくす」に秋冬の新作が追加。伝統的で落ち着きのある柄は、和装はもちろん、フォーマルにもカジュアルにも似合う。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...